15’ジャンプ感想9号

2015.01.27.Tue.13:05


-僕のヒーローアカデミア-

バラエティ番組の最終クイズみたいなノリで1000万という超インフレポイントを与えられたデク。
入試・体力測定・実戦練習と、今までも序列がつく機会はありましたが、トップに立ったのは初めて。
早速重圧を感じております。

ハチマキを取られても騎馬は死なず、とりあえず15分の制限時間が終了するまでにハチマキに振られたポイントを最も多く集めたチームの勝ち、とのこと。ってコトはハチマキが集中してた場合は残り数秒での一発逆転もありですね。

勝ち抜く上で超重要なチーム交渉。デクはてっきりお茶子・飯田君と組むもんだと思っていましたが…飯田君がここで漢を発揮!あえてデクをライバルとして挑戦する立場を選びました。
峰田は「小水か…?」じゃねぇよw

そして飯田君の向かったメンツがチームだとしたら結構ヤバい。

轟…攻防どちらもOK
八百万…生物以外何でも生み出せるから柔軟性○
上鳴…いざとなったら放電で範囲防御
飯田…機動性○

上鳴の電撃は仲間と密集しているとあまり使えなさそうですが、以前のヴィランとの戦闘時に「電撃に指向性を…」云々の話が出てたので、誰かの個性と組み合わせて、仲間には影響無いように放電できたりして。そしたら増々手が付けられん。

飯田君にフラれたデクは、サポート科の発目、そして何と同じクラスの常闇とチーム結成。
伸縮自在の影をまとえる常闇。まだその個性の全容は明らかになってないですが、影の方でもハチマキを奪うコトができるなら手数という点でかなり有利になるはず。発目のビックリドッキリメカは何あるか分かりませんが、このチーム組みは完全に想定外なので、来週の展開に期待です!


-暗殺教室-

理事長の小物化が止まらない。

まさか一週で劣勢に立たされるとは。
しかし、殺せんせーの問題に本物の手榴弾があった場合、理事長もヤバかったのでは。。。


-食戟のソーマ-

いきなり葉山の回想シーン入るから、嫌な予感というかフラグ立ちまくりでしたが優勝はまさかの葉山。
とりあえず「3位入賞おめでとう 十分誇っていい成績だぜ」が有言実行で何よりでしたw

物語的にはソーマにまだまだ壁を乗り越えてもらう感じなんですね。
定食や父親との勝負で培った技術は、発想力・柔軟性に優れているものの、オールマイティだからこそ尖った部分が無い感じでしょうか。そのための自分自身の料理…スペシャリテを見つける必要がありと。

まだまだ十傑への道は遠いなぁ。。。



-ワールドトリガー-

▼ユーマ

グラスホッパー発動

上に飛ぶと見せかけ、敢えて使わずに突進。

荒船さん撃破。

▼修

カメレオンで居場所を隠すのが常套にも関わらず、
居場所をオープンにすることで敵対チームの動きを牽制。


この辺の戦術が上手くハマる感じは見ていて気持ちがイイですね。
修が徹夜して作戦を練った成果でしょうか。

諏訪隊はまだ2名生存。そして荒船さんもまだ存命だから何かやらかしそう。

笹森とユーマが相討ち覚悟なノリになってますが、直近のチカの動きが不明なのが気になるところ。
正直な話、B級中位で手こずっていては遠征など夢のまた夢。
この辺りまではノーミス(全員生存)で勝ち残ってほしいものです。


-BLEACH-

浦原サンのセリフでようやく皆の動きが把握できてきた十三隊。

まとめてみると…

▼いない方々

七番隊⇒狛村・射場は別行動。ってめっちゃ敵兵に囲まれてますが。。。

三・九番隊(ローズ・拳西)⇒十二番隊(マユリ)と行動中。

十一番隊隊長・九番隊副隊長(剣八・檜佐木)⇒治療中。

一番隊隊長(春水)⇒四十六室へ。

十番隊隊長・副隊長(冬獅郎・乱菊)⇒連絡付かず。

▼集結できた方々

二番隊隊長・副隊長(砕蜂・大前田)
五番隊隊長・副隊長(平子・雛森)
六番隊隊長・副隊長(白哉・恋次)
十三番隊副隊長(ルキア)

それでも行方が微妙なやちる、この場にはいないけど何かを仕込中であろう浮竹はさておき…おい十番隊。

最後に冬獅郎を目撃したのはマユリの投薬シーン。確かに白哉VSラブにマユリが参戦した時はローズと拳西しかいませんでしたね。何かこう…連絡付いてなくても不具合が一切無さそうで悲しいw そしてローズ達のゾンビ化は治ったのか否か。

そして隊長格が揃って霊王宮に行ったところで戦力になるのかとかは考えちゃイケナイ。

スポンサーサイト

人気ブログランキングへ

キング誕生~池袋ウエストゲートパーク青春篇~

2015.01.18.Sun.00:20


池袋ウエストゲートパーク…通称IWGP。

このドラマが放映されていたのが2000年なので実に15年前。
懐かしいですねぇ(゜ω゜)

当時はすっごいハマりましたね、今でも手持ちのDVD-BOXをよく見返します。
で、同時並行で原作小説にもハマっていったわけですが、
ドラマだけ観ていた人に話すと、よくこう言われます。




「え、まだ終わってないの!?」


ええ、まだ続いていますとも。

ナンバリングでは節目となる「PRIDE 池袋ウエストゲートパークX」で一旦間が空きましたが、
昨年「憎悪のパレード 池袋ウエストゲートパークXI」が出版されて再スタート。




で、この記事で取り上げるのは「キング誕生~池袋ウエストゲートパーク青春篇~」。





この本を本屋で偶然見つけた時はビックリしましたね。
「あれ、いつの間にかこんなん出てる!(゜Д゜)」って感じで。


時系列的には本編より前、IWGPを形作る主要人物であるマコト、そしてキングことタカシの高校時代。
池袋のカラーギャング「Gボーイズ」のキングに、どのようにタカシがなったかがメインの話。

キングと言えば、ドラマを見ていた人にとっては


2015-01-18_000107.jpg


こんなイメージかと思いますが、小説版のキングは冷静冷酷。ドラマ版は自由奔放なファイスとスタイルでしたが、こちらは眼にも止まらぬスピードで相手の意識を刈り取るボクシングスタイル。

映像と文章ではだいぶ違うキング像ですが、僕はどちらも大好きです。


高校時代は、タカシの兄・タケルの存在も交え、現在のキングを形作る事件が発生します。
いつも通りマコトの視点から描かれる、過去の池袋を舞台にしたIWGP。

IWGPの開始を考えると、このキング編での文化と言うか流行りが時系列的に矛盾してる気がしないでもないですが、細かいことを気にしたら負けですw

そして、この物語ではギャング同士の抗争も描かれますが、池袋の敵はまさかの埼玉。

おぉ、流石埼玉県民の植民地と言われる(言われません)池袋w
青ギャンとか出てきたら面白かったのに。


そういえば、池袋西口公園が駅前の再開発に伴い、消滅…とまではいかないものの様変わりするらしいですね。
この小説・ドラマも勿論ですが、高校~大学自体の思い入れもある池袋。
寂しさを感じてしまいます…(´;ω;`)




人気ブログランキングへ

家でフレンチクルーラーを作ってみた

2015.01.12.Mon.00:44

本日は成人式を迎えた若者が街のそこかしこに溢れかえっていました。
成人式…9年前か(´Д`)


さてさて、フレンチクルーラーと言えばミスタードーナツの人気メニューの一つ。


2015-01-11_232730.jpg

※ミスドHPより拝借※


何故こんなモノを家で作ろうかと思ったというと、きっかけは会社の同僚から気になるレシピを教えてもらったからである。

「天ぷら粉とマヨネーズでフレンチクルーラーが作れるらしい」





いやいや…。











いやいやいや…。
















嘘…だろ…。


家で作れる云々より、その原材料に一護ばりの同様を隠せない自分。
ちなみにレシピのページはこちら。

▼材料2つ!超簡単フレンチクルーラー
http://cookpad.com/recipe/1032733


確かにちゃんとフレンチクルーラーだ。。。
しかしホントにできるのか、いまいち疑念が拭えない。






よし…。

















実 際 に 作 っ て み よ う 。


論より証拠、とにかくチャレンジである。


<材料>
天ぷら粉    160g
マヨネーズ   大4
水         大8

あと適当にカスタードクリームとかチョコクリームとか。

レシピ上では2、3個でこの半分の材料でしたが、何か失敗しそうなので大めに用意。



とりあえず、天ぷら粉とマヨネーズと水をフードプロセッサーにぶっこんで混ぜ混ぜ。

IMG_0299_compressed.jpg

生地っぽいの完成。


お、なんかそれっぽいじゃん!?と思って少し匂いを嗅いでみる。
これがそもそもの間違いであった。

しつこいようだが、これは














天ぷら粉














マヨネーズである。


良い匂いがする訳がない。
ココで若干の気持ち悪さを感じしばしタイムアウト。


気持ちを落ち着かせて次の工程。

絞り袋でフレンチクルーラーっぽい形を作って、油に投入。
ちなみに、我が家には天ぷら用鍋などという上等なモノはないのでフライパンで代用です。

両面がキツネ色になるまで揚げたら皿に移します。
その結果がコレだ!






IMG_0300_compressed.jpg


…うん、微妙なフォルム。

何だろ、ツイストパンがほどけらたこんな感じだろうか。
恐らく形作りの時点でちょっとミスってたと思われる。
ちなみに、この前に一度失敗しました。


いやしかし!
素材は間違っていないので、きっと立派なフレンチクルーラーの味がするハズ!

自分を鼓舞してクリームの盛り付けに入る。

が、ココでまたもトラブル。
レシピによると、半分に切ってクリームを挟むとのコトだが、高さがそんなに確保できていないため、半分に切るコトが非常に難しい。


そこは漢の料理。
胃に収まってしまえば一緒である。


そう…






IMG_0302_compressed.jpg

上に盛り付けてしまえ。


そして完成したフレンチクルーラーの名を模したナニカ。

いざ実食してみると、本物よりもややサクサクしているものの、味は立派なフレンチクルーラー。
恐らく縦幅がもう少し厚ければ、中がフワっとなったに違いない。今となっては後の祭りだが。


というコトで、天ぷら粉とマヨネーズでフレンチクルーラー(のようなモノ)は確かに作るコトができた。
ウチにはオーブンが無いので、このようにフライパン等で調理できるスイーツは大変有難い。

今後も気になるレシピがあれば挑戦してみよう。

さしあたって今現在の問題は、夜分にこんなクリームたっぷりのモノを食べてしまったおかげで胃がムカムカするコトかな。


昼間にやれば良かった…orz



人気ブログランキングへ

ダンボーのモバイルバッテリーを買ってみた

2015.01.05.Mon.01:54

2015年、明けましておめでとうございます!
このブログの開始は2005年(空白期間込)…というコトは、今年で何と10周年。

そんなメモリアルな年ではございますが、更新したりしなかったり、また~りと続けていこうと思います、はい。


さてさて、購入したのは年末なのですが、ダンボーのモバイルバッテリーを購入いたしました。




欲しいな~と思いつつ、アマゾンでも品切れ状態が続いてたのですが、再入荷されたので即ポチっ!!(゜Д゜)つ
ようやくゲットできました。

そもそも、ダンボーが超一人歩きしてる風潮を個人的に感じているのですが、
元々はマンガ「よつばと!」に出てくるキャラクター。

ダンボー初登場は↓の5巻。



人間のみかたである夏休みの自由工作で生まれた段ボール製ロボット。(中の人などいない)
見た目の可愛らしさから、フィギュア化されたりガジェット化されたり、もはや独立したキャラとして確立されている気がします。

モバイルバッテリー本体はこんな感じ。


IMG_0293_compressed.jpg

うむ、見事なまでのダンボー。マンガで言うところの、胴体や足を収納した格納形態ですね!



IMG_0294_compressed.jpg


一緒に携帯用ポーチも付属されているため、持ち運びにも便利。
これは地味に便利なグッズですね、ダンボーのイラストも可愛い(つω`*)



IMG_0296_compressed.jpg

充電時は目が発光。
寝てる時もお構いなしに光るので若干眩しいw



IMG_0295_compressed.jpg


USBの出力口が二つ付いてるので、ケーブルさえあれば二つの機器で同時に充電可!

そして「もしや…」と思い試してみたところ、

電源⇒ダンボー⇒充電対象機器(iPhoneとか)

みたいな接続をしてもiPhoneが充電できるコトが判明。
つまりこのコは単なるモバイルバッテリーでは無く…


IMG_0297_compressed.jpg


延長ケーブル兼USBハブ

としても使える逸品!

外出中はおろか、室内でも存在意義を見出せるとは…恐るべしダンボー!(゜ω゜)

や~、キャラ系のグッズにしては良い買い物をしたなぁと。
あとは2014年ほぼ休載だった「よつばと!」の新刊が2015年に出てくれれば文句無しw


人気ブログランキングへ

14’ジャンプ感想44号

2014.10.06.Mon.00:30

-ワールドトリガー-

おぉ、今までの犠牲やデータがあったとは言え、
三輪先輩がピンで良い勝負しておる!

「鉛弾」と「卵の冠」の相性は良いんですねぇ。

そして修、意味ありげにアステロイドを一発放ちますが…。
トリガーのよる攻撃は「卵の冠」の作用でキューブ化してしまいます。
それは修も十分承知の上。流石に単純な援護をしたわけでないでしょう。
となると、あの場にキューブを生成させたコトに意味があるのでは?
つまり、千佳のキューブとアステロイドのキューブを入れ替えたとか。

あの動作に意味を見出すとすれば、こんなトコでしょうか。


一方のユーマはだいぶ劣勢なご様子。
レプリカ(及び過去のユーゴ)からは無理に勝ちにいくなと釘を刺されますが、
そんなユーマを突き動かしたのは修の存在。


分岐点まで4分を切った今週。
来週~再来週辺りがクライマックスですかね。


-NARUTO-

やっぱり終末の谷ですか。

戦争の地点から近いのかな~。
というか、現在地と火影の里の位置関係が全く分からんw

さて、ナルトの口からせっかくイタチの言葉が出たわけですが。。。
サスケには全く響きません、悲しいコトに。
サスケの考える火影もナルトには恐らくできないでしょうし、
後は…勝負開始まで何週かかるのかとw


-スポーティングソルト-

うーむ、相変わらず白い…。

もしや、この白さを楽しむマンガかコレ?w


-僕のヒーローアカデミア-

表紙の飯田君プロフィール。
スピードの原動力がオレンジジュースという事実が衝撃的過ぎたw


-ハイファイクラスタ-

日常生活はまだしも、スポーツでもラベルありなのか。。。
バスケとかラベル有りで果たして商業スポーツとして成立するのか甚だ疑問ですがw

そして、ソクラテスの能力で薄ら怪しさを感じていましたが、
今週のニュートンで革新いたしました。


このマンガ、HUNGRY JOKERのエウレカがラベルになっただけだ(´・ω・)


偉人の才能をダウンロードするにあたって、引力を制御はできんでしょ。。。
もうちょっとこう…人間ができる範囲内で展開してほしかったですが、
早くも超人バトルコースになってしまいました。


-テラフォーマーズ(出張版)-

出張版だったので内容薄いかなーと思ったら、意外とちゃんとした前日談でびっくり。
でもやっぱり、グロ表現は少年誌向けではなかった模様w

まぁそれはそれとして…

IMG_0173_compressed.jpg



誰だお前!?

何かしらの意図順に並んでいる女性陣を嘆く加奈子はいいとして、
こんなツインテール娘いただろうか?

いや…いた。


IMG_0182_compressed.jpg




10巻の西さんでした。
ランキングテストの順位を意図的に下げるため、か弱い女の子を演じる西さんの図。

これ絶対10巻読んでないと分かんないだろ!w


そして班員達の戦闘テスト中に、予定調和のように脱走するゴキ達。
それを鎮圧する幹部ですが、アドルフさんが見れただけでも大満足です(*´ω`)
1人だけ×の使い方違ってたけどw


しかしまぁ、こぞって最強アピールをしておりますが、
既にこの中の半分位が脱落しているという悲劇。

リオックこそが最強、とか一コマでミンチにされたイザベラさんを思うと不憫で不憫で。。。

ちなみに、一応本編ではまだ開示されていなかった(はず)情報が2点。

・21位、開紀のベースが蛇。
・エレナも弟同様、幻覚植物ベース。



既に死亡しているキャラのため、現時点では「へぇ~そうなんだ」の域を出ませんが、
最近の能力奪取スピードを考えると、本編にも能力持ちが出てくるかもですね。



人気ブログランキングへ