15’ジャンプ感想21号

2015.04.26.Sun.20:50


この土日、やけに仙台駅が賑やかだと思ってたらARABAKIロックフェスでしたね。
今までフェスには縁がなかったけど、来年辺り行ってみようかしら。。。



-僕のヒーローアカデミア-

ラストに大ゴマでタイトルコール、ド直球で王道。
そして王道ゆえに熱い!

今回の名前+オリジンは第1話以来のパターン。

デクの次にオリジンで焦点が当たったのが轟クンな辺り、
父親の地位だけでなく、このマンガにとっても大事な二番手キャラなんでしょうかね。
カッチャン…(´;ω;`)

かっちゃん、一人冷静に分析をしている辺り、
派手な個性と違ってやはり本質は冷静なのに実践になると沸点低いからイマイチ活かされず終い。
爆豪勝己:オリジン、が使われる時は、きっとデクを助ける時だと思いたいです。

心の枷が少し取れた轟クンですが、邪悪な笑みが示す通り
エンデヴァーにとっては「してやったり」なんですよね、展開としては。
デクの言う「アナタと轟クンは違う」ではなく、
轟クン自身による「親父とは違う」を示してほしいです。




-食戟のソーマ-

四宮先輩のアドバイス受けるソーマの絵が、なんかすごい良いなぁと。。。
このマンガ、基本的に個対個の展開なので師弟のようなキャラ関係はほぼ無かったので新鮮でした。
そして両手で二人をアイアンクローする辺り、流石です四宮先輩。

コンペが閉店後だったので、教えて貰って朝を迎えるのはいいんですが、
他のメンバーも朝まで一緒だったんですねw



-ワールドトリガー-

先週、村上先輩の攻撃をエゲつないと書きましたが、
今週の太刀川サンの解説を見て、更にエゲつなさを実感。。。

くまさんの必死の攻撃を対処、反撃する際もユーマを誘う方が重要だった模様。
くまさんには聞かせられない解説だなぁ…(´・ω・)

そして肝心のユーマも多彩な攻撃を仕掛けますが、引き続き劣勢。
ホントに厄介な学習能力。



-火ノ丸相撲-

ようやく部長に見せ場が!
今度の試合では部長VS金盛も見どころになりそうですね。
そして恐らくもう一つの因縁になりなのが、石神の秘密兵器とチヒロ。

最後のコマで秘密兵器(仮)がダチ高にいっていますが、
このタイミングでダチ高に残っているのはチヒロのみ。(のはず)
とりあえずここはボロ負けして、後の試合でリベンジ的な?


人気ブログランキングへ

15’ジャンプ感想20号

2015.04.15.Wed.23:55


今年も気が付けばゴールデンウィーク間近。
1年が過ぎ去るのがどんどん早くなっていく。。。



-僕のヒーローアカデミア-

先週エンデヴァーにかっこよく啖呵(?)を切ったデク。
今週は轟クン相手に「全力出せ!」とばかりの挑発。見せ場作りますねー。

戦闘自体は、轟クンの氷結に対して一つ一つ打消しを敢行。
しかし、限界が見えない氷結に対して、デクのスマッシュは弾数制。
本人も2本潰れた上で「あと6回」と言っているように、両親指以外の8発が限度。

…と思いきや、壊れた指での再攻撃。
今頃、リカバリーガールはどんな顔をしているんだろうかw

轟クンの震えは、エンデヴァーのプレッシャーとかじゃなく、
単純に自分の冷気に耐え切れなくなってきてるんですね。



-食戟のソーマ-

四宮先輩の株が上がりっぱなしの研修編。

てっきり四宮先輩もコンペ参加するのかと思いきや、
違ってちょっとションボリ(´・ω・)

そしてシャペル先生に危うくバレそうになった、
合宿での食戟の責任をさり気に押し付けられる堂島さんw

ちなみに今週のヒナコ先輩、

水平チョップ×1
アイアンクロー×1

というかなりのダメージを負っているのに後半では平然と料理を堪能。
流石だ。。。



-火ノ丸相撲-

もうこの日は終わりかと思いきや、その後のスケジュール見る限りまだ午前中だったんですね。
今までは学び、教えを請う相手が火ノ丸にはいなかっただけに、
柴木山の面々は今後も出てくる機会あるといいな。

ちなみに、相撲詳しくないのでアレなんですが、
身長低くてもプロ入りできる唯一の方法が気になる。。。
調べてみようかな。



-ワールドトリガー-

村上先輩の攻撃がエゲつない。。。
や、エゲつないというか何だろ。淡々と最適解を見つけて敵を撃破という、
相手からするとたまったもんじゃないなー。

熊谷さんもメテオラ使ったりで対抗するものの、
レイガストをスラスターで飛ばして自爆させるとか、
うわぁ…(;´Д`)って思っちゃいましたよ。

最期の罠も通じず、村上恐るべし。。。



-BLEACH-

・詠唱破棄の黒棺
・それでも壊れない椅子
・霊王宮に行く?俺が撃ち落とすわー

と、流石の存在感を見せつけた先週の愛染様。
しかし霊圧を拘束するコトに特化した拘束具のおかげで不発。
マユリ様の株が更に上昇!


と思ってた滅却師の生き残り勢力が登場。ナナナ生きとったんかい!
ってか、何か聖別された割に死んでないな。。。ロバート伯父様以外死んだっけ?

そしてそのナナナもバズビーにあさっり不意打ち、と。
生き残り組は、自分達を見捨てたユーハバッハが許せないご様子。
そういった意味では、ナナナの忠誠心は大したもんですねw

しかし、ここに来て戦力なるか分からない味方増えたな。。。

滅却師はまぁそこそこ戦力になるとして、
護廷十三隊側はちょっと怪しい方がちらほらいらっしゃいますね。


人気ブログランキングへ

「 スーパーヒーロー大戦GP 仮面ライダー3号」感想

2015.03.22.Sun.23:37


早速見てまいりました。

内容としてはいつものお祭り映画。


物語は1号・2号がショッカーを壊滅させるまでは正史通り。
しかし、ショッカーが秘密裏に作り上げていた3号の襲撃により敗北するダブルライダー。

その後、続々と誕生する仮面ライダーたちも

ライダー誕生

ライダー敗北

再改造(?)されてショッカーライダーに

というのが今回の世界観。


ZXまでは一貫して大首領が裏側にいたから良いとして、

異世界やら

古代の戦士やら

シスコンこじらせた結果や

未来からの介入やら

色んな要素で誕生する仮面ライダーをことごとく見つけて倒す辺り、
大ショッカー系列の組織としては一番有能なんじゃないでしょうか。笑


一部正義側ライダーVSショッカー側ライダー

「一番速いマシンを扱えるヤツが一番強いんだろ?」理論でライダーGP開催

ドライブが勝利するもショッカーが約束を守るわけもなくライダー全滅を図る

何やかんやで全ライダーが正義に目覚める


という…まぁいつもの流れです。ぶっちゃけストーリーは二の次ですw
濃い活躍の描写があればそれで十分なのです。



というコトで、物語中に登場するライダーをピックアップして感想をば。
全員分の記憶は無いのでご容赦を。



■仮面ライダードライブ

現行ライダーということで物語の主軸。
最初は時間改編の影響でショッカー側ですが、早々に正義に目覚めます。

本編ちゃんと見てないので、細かいトコあまり分からず。。。

ニンニンジャーと一緒に巨大ロボ戦もこなします。



■仮面ライダーマッハ

ドライブのサブライダー。
X・アマゾン・ストロンガー戦から参戦して、ライダー含め敵撃破数もそこそこアリ。


しかし最後は怪人たちの総攻撃を受けてまさかの死亡。

あ、アレ?本編だとマッハってどんな扱い!?

どうやら今作のスピンオフである仮面ライダー4号への伏線らしく、今作以上にヒドい扱いに。



■仮面ライダー3号

歴史の中に葬られた3号が日の目を見る今作。

1・2号を手にかけたコトをずっと後悔しており、
ショッカーライダーとして戦う中で苦悩していた模様。

マッハこと進ノ介に諭され「こんな俺でも正義のために戦って良いんだ」と言わんばかりの終盤は、
SPIRITSでのスカイライダー・筑波洋がZX・村雨良に仮面ライダーとしてどうあるべきかと説いたシーンが思い起こされます。


image.gif


復活した1・2号と一緒に今作限りのライダートリプルキックが見れて満足でございます。



■仮面ライダー1号・2号

この二人が敗れると歴史が狂いだすので、ライダー世界の超重要人物。
3号に敗北を喫するも、終盤で復活。

名曲「レッツゴー!!ライダーキック」が流れる中の活躍は、やはりレジェンドの風格。




■仮面ライダーBlack・Black RX

南光太郎として登場し、他のライダーがショッカーライダーとなる中、
blackとして1人正義の心を失わずにショッカーと戦い続ける漢の中の漢。

マッハこと進ノ介に仮面ライダーの有り様を熱く叫ぶ姿は正に主人公!
物語の根幹にはあまり関わらないものの、存在感は抜群です。
あまりメインにし過ぎるとドライブを喰ってしまうので、丁度良いポジションだったのではないでしょうか。


序盤こそ進ノ介を逃すためにショッカーの攻撃を受け倒れますが、
この世に光がある限り何度でも蘇る(誇張ですらなく単なる事実)本編同様、
何の支障も無かったかのようにライダーGPの最中にRXへと変身。
車ライダーの元祖としてライドロンでマッハをアシスト。



■仮面ライダーゼロノス


侑斗復活キター!!(゜∀゜)

一度は俳優を引退した中村優さんが復帰、満を持して桜井侑斗として参戦。

電王の設定も記憶が怪しいのですが、ゼロノスカードを所持しているおかげで
擬似的な特異点な存在なんでしたっけ?そのおかげで歴史改編の影響から免れたのかな。。。

電王は思いっきり影響受けてましたけどw

ベガフォームこそ無かったものの

・アルタイル、ゼロフォームに変身
・最初に言っておく、俺はかーなーり強い!
・デネブとのいつもの絡み
・人の記憶こそが時間、という電王の根幹に関わるセリフあり


と見せ場は十分。
特にラストのデネブとの絡みは、当人も心から嬉しそうでほっこり(*´ω`)
まだシイタケは嫌いなご様子。本編最終回で涙ながしながらモリモリ食べてたのにw

進ノ介を「泊!」と呼ぶ様は電王での「野上!」を思い出しました。




■仮面ライダーファイズ

前作から引き続き登場のたっくん。
敵側ですが、途中で飽きて子供たちの夢のために戦うことにしたマイペースな御仁w

話の主軸だった前作よりは控え目な扱いですが、
暗い洞窟内の変身で電飾ファイズや、マッハ・カブトとのアクセルフォームでの高速戦闘と要所は抑える活躍。

ゼロノスと一緒に、4号の方でも出番多し。



■仮面ライダーV3・ライダーマン

本来の3人目であるV3も今回は3号の引き立て役…しょうがない!

ライダーマンは遂にまさかのマシンガンアーム解禁!
SPIRITSでは大活躍のマシンガンアームですが、映像化は初めてなんじゃないでしょうか?
ただ3号から「この程度で4号を名乗るとは」的な散々な言われよう。


■仮面ライダーX


3号にすっごいぶん殴られる。
それはもう、殺される寸前までぶん殴られる。



■仮面ライダーJ

ショッカーライダーの刺客としてドライブ・マッハ・3号を襲撃。
皆の目線が明らかに空向いてるので、誰が来たかある意味明白w

巨大ライダーという性質上、どうしてもかませポジションになる、必ず見せ場があるが必ず可哀そうなライダー。。。



■仮面ライダー剣・ギャレン・レンゲル・カリス

ギャレンこと橘さんは本人出演で他は声のみ。
とりあえず、この世界ではレンゲルが一番偉いらしいw

4人とも、ご本人の割には見せ場ちょっと控え目。。。
一応、必殺技は放ったものの。



■仮面ライダーディケイド

珍しく終始振り回される側だった世界の破壊者。
おかげで見せ場はほぼゼロ。



■仮面ライダーアギト

ディケイド・響鬼とともに洞窟内で登場するも何故かいきなりバーニングフォーム。
殺る気満々だったのかな。

レースにはマシントルネイダ―で参戦。それが一番嬉しかったかな。



■仮面ライダーW

ドライブ・3号を除いたライダーがバイクでレースに参加する中、ハードボイルダーではなくリボルギャリーで参戦。

完全にツッコミ待ちでしょw



■仮面ライダー龍騎

ドラグレッダーさんが一瞬だけ出演。



印象に残ったのはこんなモンでしょうか?

ライダーたちが敵味方に分かれて戦う背景は、今回が一番しっくりきたかなー。
3号ことミッチーも良い存在感だったのは○でした。
でもゲストライダーだと未だにエターナルの松岡さんが個人的にNo.1ですね!


スーパーヒーロー大戦もちょっと息切れ気味なので今後のネタがきつそうですね。。。
いっそのコト、一旦ヒーロー戦隊側にメイン譲っちゃうのも一手かもしれませね。

人気ブログランキングへ

15’ジャンプ感想13号

2015.03.17.Tue.00:50


-トリコ-

ペアの捕獲方法、表と裏の世界で同時に捕獲しそれを一つに合わせる…と。

ペアも落とすまでが難易度激ムズにも関わらず、その後は初見殺しとなかなかにエグい。


結果的に、小松の心臓が裏世界に無ければ実現不可能だった捕獲ですが、
そう考えるとその原因を作った鉄平の意図が気になりますね。

何だかんだNEO側で、敢えてトリコ達にペア取らせて漁夫の利なのか、
それとも…。


-僕のヒーローアカデミア-

あれ、この前までアレだったけど。
今週見たら心操クンの印象が良くなったw

個性が発現しなかったデクも運が悪いけど、
ヒーロー向きじゃない個性が発現した心操クンもまた別の意味で苦難があったと。
その内ヒーロー科編入してくれないかなぁ。


そして轟クン容赦ナシ!!(゜Д゜)
速攻でアレやられたらデクは瞬殺でしょうにw


-食檄のソーマ-

割と早かった四宮パイセンの再登場。
まぁ小説とかジャンプ+のスピンオフとかには出てましたけど。

しかし本当に四宮先輩のツン成分がほぼ無くっているw
表向きなキレキャラですけど、常に上を目指すソーマの姿勢には一定の共感を得ています。
四宮・ソーマ組は何だかんだ凸凹師弟コンビみたいで来週が楽しみです。


田所ちゃんはヒナコの所でも行っているのだろうか…。



-UBS-

ブタ君…何気に動体視力いいんですねw
解説が冷静でうけました。

そして陣、せこいというかバーリトゥードって意味では貪欲なくらい正統派スタイルですね。
割と知的な駆け引きもある戦闘描写で個人的には好きです。

某グラップラー宜しく、パターン的には早々にトーナメントとか開かれそうですが
どれだけ魅力的なキャラを輩出できるかが鍵ですかね。



-BLEACH-

~現在の尸魂界~

・愛染サマ⇒出獄寸前
・浮竹隊長⇒ビクンビクン
・滅却師の残党⇒放置

平和そうでなによりです。(*´ω`)


そして上では…


愛染に利用され、銀城に利用され、そしてユーハバッハの掌で踊られていた事が判明した我らが主人公。
うむ…ここまで来ると流石に可哀そうだ。

んでもって、霊王がまたピンチになってますが、
それよりも、その影響で浮竹隊長がどうなっているかの方が気になって仕方ありません。


-学糾法廷-

うちのプールって少し変わってて水深が5mまで深くなってる部分があるのよ…


いや待て、その設定はどうだろうか。(゜Д゜)

ある…のか実際に。
や、公園から遊具が撤去されまくる昨今、こんなとんでもプールが生存できるハズが無い。

流石にトリックありきで設定を矯正されちゃうと微妙だなぁ…。



-ワールドトリガー-

~橋の西側~
ユーマ
村上
熊谷



~橋の東側~

チカ
那須
来馬
太一


橋の破壊により分断された各チーム。

東側では那須さんが「全員倒す」とか男気溢れるセリフを吐いており、
既に修が太刀打ちできそうな気配がありません。
前回が乱戦での漁夫の利でしたが、上に上がっていくには、
そろそろタイマンでB級に勝ってほしいもの。
せめてチカとの連携でも良いので、ユーマ抜きで良いところを見せてほしいです。

対して西側。
ユーマ・村上という両チームの化け物級エース相手に、熊谷・茜の女の子タッグがどこまで喰らい付けるか。

何か那須隊自体が部活動の最後の大会みたいな空気になってましたけどw


人気ブログランキングへ

15’ジャンプ感想13号

2015.03.01.Sun.01:48

-暗殺教室-

【速報】永 遠 の 0 が 殺 し 屋


なるほど、殺せんせーと同じ体質で水が苦手。
だからあの時プールにも入っていなかったのか…。

この展開のために、綿密と伏線張ってきてたんですね。


ただ、こうも急展開だと
シロの言う殺し屋⇒茅野があっさり過ぎて少々引っ掛かるような何というか。
結局シロの言ってる殺し屋って渚のコトだったりとかね。


それはまぁ置いておいて、E組の皆はどんな反応をするのか。



-ブラッククローバー-

Q.強い魔法使いに勝つにはどうすれば良いですか?(´・ω・)


A.レベルを上げて物理で殴ればいい(`・ω・)


を地で行くマンガだと個人的には思っていますw
しかも武器に「幻想殺し」も付加されている辺り、チートもチートかと。。。

とりあえず、次の魔法帝と目されている仮面をお召しになっている方は、
何というか…非常に寝返りそうな雰囲気を醸し出しております。



-僕のヒーローアカデミア-

左側(父の個性)を使わずに右側(母の個性)だけで一番になることで、
父であるエンデヴァーを否定する。

それが轟の決意であり存在意義。
重いなぁ…。

とは言え、デクにも負けられない理由があります。
改めてお互いに宣戦布告を交わしたところで、かっちゃん完全に蚊帳の外w
かっちゃんの中でも何かが変わるとイイんですけどね。


最終種目はトーナメント形式のガチバトルだそうで。
個性使う度に代償がデカいデクにとっては連戦は中々にヘビー。
そして地雷原の地の利を活かしたり、騎馬戦のように仲間の個性に頼るコトもできません。
どんな閃きで勝ち上がるか見物ですね!

そして峰田はグッジョブ。b



-食戟のソーマ-

「実績を残す」とはアレかね、「圧倒的な実績を残す」に等しいんでしょうか。
遠月の一員として、ただのアルバイトレベルの業務をこなすのではなく、
店の質自体を底上げしていくほどの影響を与えてこそと。

将来的には店を出して、一国一城の主となるために遠月で修行してるわけですからね。
ソーマ・秘書子コンビは、無難にはこなしていますが無難じゃダメなんでしょうね。



-ワールドトリガー-

かつてユーマが緑川と対戦した時、ユーマは傾向を掴むために序盤を捨て逆転勝利しました。

村上のサイトエフェクトである「強化睡眠記憶」とは、
言うなればその戦法をもっと精度高く実現できる能力と言えば良いんでしょうか。

ユーマにとっては、ミイラ取りがミイラになっちゃいました。



-BLEACH-

浮竹サンが何かやらかすかと思いきや、ミミハギ様というここに来て初耳の存在がw

とりあえず浮竹サンの命を代償とすることで崩壊の危機は免れそうです。
霊王の右腕というコトですが、残りの四肢もどこかに存在しているんでしょうか。


そして永い時を経て愛染の復活フラグが!(゜Д゜)
雛森のSAN値が心配ですw


人気ブログランキングへ