FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングへ

「氷菓」「愚者のエンドロール」「クドリャフカの順番」

2010.12.26.Sun.20:20


M-1見つつ、コタツでヌクヌクしながらブログ更新(*´ω`)



僕の中ではよくあるコトなんですが、シリーズ物の第2弾からそのシリーズを知って何故か熱狂的にハマるケースがあります。

例えば…


<映画>

プレデター2
エイリアン2
スパイダーマン2


<ゲーム>

バイオハザード2
サイレントヒル2
メダルギアソリッド2


…などなど。
特に後者のゲームのハマり具合はハンパないですね。


丁度今ハマっている小説も、シリーズの第2弾か読み始めたモノです。


米澤穂信氏古典部シリーズです。


ちょうど今年映画化したインシテミルの原作者と言えば分かりやすいですかね?




インシテミル
インシテミル


そのインシテミルで米澤氏と出会ったのが3年前の年末。(こ~ゆ~時ブログで感想書いてると便利)

次に読んだのがボトルネック


ボトルネック (新潮文庫)
ボトルネック (新潮文庫)


この辺は単発モノなんで読みやすいかと思います。(´ω`)ノ


んで、古典部シリーズというのが、



文化系部活動が活発なことで有名な進学校、神山高校で「古典部」という廃部寸前の部活に入部した男女4人が、学校生活に隠された謎に挑む。主に、主人公であり探偵役でもある折木奉太郎の一人称で語られる。
(Wikipedeiaより)



ってな感じで、刺さると個人的にかなりツボに入る人が死なないミステリです。

そもそも僕の通っていた学校で、古典部という存在は見たコトがありませんw

このシリーズの2作目愚者のエンドロールを何気なく購入し、読んでる最中に「コレはもしや…前作があるのでは?」と思ってたら案の定でした。





その後、1作目である氷菓、3作目のクドリャフカの順番までをすらすら読んじゃいました。その間わずが2週間w






米澤 穂信
角川グループパブリッシング
発売日:2008-05-24




高校の古典部が舞台というコトで、それぞれの事件も非常に微笑ましいです。


古典部の文集の秘密とか、上級生が文化祭に出す映画の結末を探し出すとか、文化祭で発生するちょっとした事件のコトとか…実に平和!


主人公である折木奉太郎のキャラもとても気に入ってます。省エネ主義で昼行灯…おおっぴらにせず事件を解決するコトもあります。


今は4作目の短編集を読んでます。
最近コレだ!ってゆ~小説がなかったので、年末年始はコレで…と思いましたが年越すまでに読み終えそうなペースw 休み中ハマれる小説募集中なので、オススメある方は是非教えてくださいませ!


人気ブログランキングへ

白馬でスノボしてきました♪

2008.01.27.Sun.18:02

携帯から一度投稿しましたが、白馬へのスノボ旅行をもう一度振り返りま~す(・∀・)


今回のメンツは…



志木高からの友人×1


図書情の友人×1


上2人のサークルの友人×1


という、いつになくバラエティに富んだ面々。何だか珍しい旅行でした。


今回は池袋からバスで出発!例によって深夜バスによる苦行。



いつになったら、深夜バスでぐっすり寝られるようになるんだろうか…。




白馬 001



早朝6時くらいに宿に到着~。ゲレンデの目の前という、グッジョブな立地。リフトは朝の8時から稼動だそうで…もちろん稼動と同時にゲレンデに突撃!!











白馬 003





ゲレンデだ~ゲレンデ!2年振りの帰還にテンションは最高潮。就活で一度も行けなかった去年の遺恨を晴らすためにも、寝不足ながら動き回るコト必至でした。



空気の全く読めない低気圧のおかげで、ゴンドラが強風で一時的に動かない、などの事態も発生しましたが、概ね天候が良くて大変スノボ日和な2日間でした。アイスバーンもさほどではなく、1回胸部を強打する程度で済みました。





白馬 014




白馬 019





初めて来たゲレンデでしたが綺麗でしたね~風景が♪風景を楽しみつつ滑るのも、スノボの醍醐味ですな。


今回は特に、滑走中の回転技術を磨くコトを主観におきました。俗に言う180°やら270°などです。空中に浮く状態じゃなきゃいくらでもクルクル回れるんですけどね、かっこ悪いけどw





(゚∇゚)( ゚∇)( ゚)(  )(゚ )(∇゚ )(゚∇゚) クルクル









(゚∇゚)( ゚∇)( ゚)(  )(゚ )(∇゚ )(゚∇゚) クルクル











(゚∇゚)( ゚∇)( ゚)(  )(゚ )(∇゚ )(゚∇゚) クルクル

































回りすぎて気持ち悪…orz










流石に360°はまだまだちゃんとはできませんが、180°や270°は何とかできるように。とは言え、成功率はまだ胸をはれるほどではありませんがね。というかスピードをつけないと、なかなか回転に勢いがないんですが、スピードをつけながら回転するのもまだ度胸が要るんですよね~。スピードついてる時に背中向けちゃうのが。




調子に乗って、回転したら背中から地面に激突しました。「ぬおぉ…」と、その場で悶えるコトもしばしば。そうやって人は強くなっていくんですね。









全力で動きまくったら、当然お腹も空きまくり!夕食がバイキング方式だったので、遠慮なく食べさせてもらいました。





白馬 009




何故か給食みたいなテイストw とても懐かしさを感じました。当然あれよ?こっからさらに色々お替りしましたw 余は満腹じゃ(つω`*)





そしてゲレンデにて大発見。ゴンドラで頂上方面まで行くと出口に…











































白馬 021






エイリアンとプレデター!!






思わず激写ですよ。すげ~な~造形に感動しました。しかし、ちゃんとリストブレイドを装備しているプレデターの右手に、全く覚えの無い短剣が装備されているのは謎です。













ってな感じでとってもとっても楽しめた2日間でした。おかげで筋肉痛が痛い痛いw 未だに完治しない辺り、やはり俺の肉体年齢は下り坂に突入している模様です。今シーズン、あと最低2回は行きたいですね!スノボ行きたい人、是非是非誘ってください!



最後にミニかまくらとワンショット♪





白馬 025












ブログランキング

人気ブログランキングへ

AVP2 エイリアンズVS.プレデター

2007.12.30.Sun.18:13
 スーパーロボット大戦OG外伝を買いました。発売延期を全くしなかったコトが正直びっくりです。今は2.5のシナリオやってる最中です。またODEシステムを相手にせにゃならんのか…。

 
 初っ端からいきなり「二つ目のウルブズ」であるクライウルブズが登場。現在まで壊滅の兆しが全く無いってコトは本格参戦(サーベラスやガルムレイド)はOG3ってコトなんでしょうか。

 
 あと個人的に気になるのは、アクセルが何に乗れるのか…ですね。設定資料集によるとヴァイサーガは外伝に出るみたいですが、俺の中でアクセルといえばアシュセイヴァーなのでアシュセに乗れれば文句は言うまい。というかヴァイサーガが出るせいで、おちおちアンジュルグが改造できんw



/ バンプレスト(2007/12/27)
Amazonランキング:17位
Amazonおすすめ度:
正直・・・・
燃えます!!
意外にハマッたフリーバトル鑑賞






 ま、コッチはまた機会を改めて色々書くとして、昨日観た映画のお話。ネタバレ全開でふ。


 
AVP2 エイリアンズVS.プレデター



AVP2-1.jpg





 いや~年内に観れて良かったですね。年越ししてからだと、いつ観れるか予定が微妙だったんで。「ソウ4」を観れたのが25日だったので、映画はさくさく早めに観るのが吉ですね。



 前作「エイリアンVS.プレデター」のレビューはコチラ。ブログ書き始めの頃ですね、懐かしい(´ω`)



 今回は前作AVPの直後。前作主人公レックスと協力してエイリアン・クイーンを倒し、戦士として死亡したスカー・プレデター。しかし彼はエイリアンに寄生されており、地球を飛び立った宇宙船内でプレデターの性質を受け継いだチェストバスターが腹から誕生…というトコで終わった前作。

 勇敢なスカー・プレデターの血を受け継いだエイリアンが彼…



AVP2-2.jpg





 プレデリアンです。コレでもかってくらい安直なネーミングなんですが、シンプルで良いかと。宇宙船内のプレデターは彼により次々と殺され、宇宙船は地球へと墜落します。続編は宇宙編を期待してたんですが、その願いは開始数分で砕かれました。


 宇宙船はコロラド州の田舎町クレステッド・ビュートへと墜落。プレデリアン及び数匹のフェイス・ハガーは町へと侵入してしまいます。どうでもいいんですがプレデリアンが「プレ照り案」って変換されてしまうこのパソコンは何なんでしょうか。


 そして本星とおぼしき場所から異変を察知した1人のプレデターも地球へ飛来します。


AVP2-3.jpg




 エイリアンの掃討を生業とするザ・クリーナーです。


 彼の性質はハンターやウォリアーとは少々違います。主な特徴として、殺戮の痕跡をなるべく残さないようにします。なんかよく分からん液体で、エイリアンや人間の死体を次々に溶かしていきます。あの液体があれば完全犯罪も容易ですね!相手が戦士かどうかではなく、自分の存在を知る者なら容赦なく殺る辺り冷酷さはプレデター随一かと。でも、その割に恒例の生皮剥ぎやったりする辺り、自分の存在もちょっとは認めてもらいたいんだろうか…。ツンデレさん?(´・ω・)




 前作とは違い、人間・プレデター・エイリアンは完全な三つ巴…というか人間がただ巻き込まれただけ。レックスとスカーのような奇跡の意思疎通は全く皆無。あっさりと屠られていく人間のあっけなさが気に入りました。特に(おそらく)主人公ダラスの弟であるリッキーが好意を抱くジェシーの末路が秀逸。ちなみにこのジェシーが限りなくビッチな性格なんですが…だからあんな最期なんかな。

 
 一行が病院へ到着
 ↓
 エイリアン出現
 ↓
 ジェシー混乱、単独で逃走
 ↓
 病院の別の場所で、クリーナーがエイリアンと戦闘中
 ↓
 クリーナーがレイザー・ディスクを射出
 ↓
 逃げてたジェシーにドンピシャで命中
 ↓
 ジェシー絶命


 いや~この流れが神がかってましたわw 完全にディスクはエイリアンに向けて放った流れ弾ですもん。特に最期の言葉も無し。あっけない、あっけなさすぎるよジェシー!彼女の死に様が、この映画における人間の立ち位置を如実に表しています。


 
 新武装も色々あり、いつもとは違った感じのプレデターも出てきて、ファンとしてはそれだけで満足といえば満足なんですが…まぁ不満点もちらほら。



 一つはエイリアンズVS.プレデターというタイトルからも薄々予想はできたもの。そもそも「エイリアンズ」というのは「エイリアン2」の原題。1と違って大量にぞろぞろ出てくるぞ~って意味合いもあったんでしょうね。そして今回もエイリアンズ、事実うじゃうじゃ出てきましたよ。それに対してプレデターは単数形…つまり1体しか出てきませんでした(活躍したという意味では)。元々プレデターって群れて戦う習性はありませんから、当たり前といえば当たり前なんですが、ちょっとばかし数のバランスが…。


 しかしそうなるのも仕方ない要因が一つ。別固体ってのが判別し難いんですよね外見的に。プレデリアンは置いといて、エイリアンってのは同種の個体が大量に出てきます。それらを総称してエイリアンと指すのでそれはいいでしょう。が、プレデターの場合、個体により性格とか装備がまちまちだったりします。だから複数のプレデターを、はっきりと別のプレデターとして扱わなくてはなりません。ですがそんな些細な違いを劇中で、初見にて判別するのはほぼ不可能に近いです。プレデターファンとしては様々なプレデターの活躍を見てみたいんですが、マニアにしか分からんようなのは作れないですよねぇ(´・ω・)



 そして、も一つ不満なのがラスト。アレはやっちゃいかんだろ…。クレステッド・ビュートでしょ、今回の舞台は?ラクーン・シティじゃないでしょ?確かに繁殖しまくるエイリアンを掃討するためには、一定範囲を消滅させなきゃなりません。前作ではピラミッド毎爆発させました。今回エイリアンが現れたのは市街地…当然それしか手段がないのも分かります。だったら舞台を市街地に設定しなきゃいいだろうに…。純粋にエイリアンとプレデターが戦う宇宙が舞台なら、こんな面倒なコトしなくてもすんだのに。コレじゃバイオの焼き直しと言われても文句言えない気が…。


 ラストのユタニは…アレか、ウェイランド・ユタニの湯谷か。よく分からん人はエイリアンシリーズをチェック!しかしプレデターの銃を手に入れてても、エイリアンシリーズでは人間たちはヘタれるのね…ほら、前日談作ると辻褄合わせが面倒になる…。


 前作・今作共に、楽しめてはいるんですが、なんか理想とは程遠いんですよね…。個人的にはアーケードの「エイリアンVSプレデター」みたいなノリを求めているんですが、あのテイストを映画に引っ張るだけでも、かなり面白いものができあがると思うんですがどうでしょう?



 原題でRequiemとか言っちゃってるから今作で締めちゃうのかな…まだ改善点はたくさんあるのに。是非次もという期待分も加点して…10点中5点!好きだからこそ厳しくいくよ~(`・ω・)

 子供だろうと妊婦だろうとチェストバスターする姿勢は評価したい。

 そして、病院屋上でプレデリアンと対峙し、ベルトならなんやら外して「素手で勝負だ」と言わんばかりのクリーナーがちゃっかりリストブレイドだけは装備していた辺りに、プレデターという種族としてのプライドと、クリーナーという職業としてのプライドのジレンマを垣間見た気がしますw







ブログランキング




人気ブログランキングへ

エイリアンVSプレデター (3)

2005.04.24.Sun.21:27
 いい加減完結させんと…。ビショップ(違)が体を張って逃がしてくれたのに、気がつけばレックス一人。おろおろしてたら、背後にプレデターの気配が。ここでレックス、敵の敵は味方理論を展開。パクった武器をプレデターに返そうとしたらエイリアンが乱入。エイリアンの標的がレックスに向きますが、プレデターの落としたスピアを咄嗟に持ってエイリアンを撃破。案外この人リプリーの前世かもしれません。そこに複数エイリアンが襲来してきますが、ショルダー・プラズマ・キャノン装備で本領発揮のプレデターがバンバン標的をなぎ倒します。途中エイリアン郡はクイーンの悲鳴を聞きつけ撤退。クイーンを解放しちゃいます。
 一方、共同戦線を張ることになったレックスとプレデター(ハンターよりはウォリアー気質と思われ)は、かつてジャングルで対シュワちゃん戦で使用してた小型爆弾でピラミッドの爆破を画策。間一髪で地上に戻りエイリアンもろともピラミッドの爆破に成功します。んで、お互いの健闘を称えあい…と思ったら氷の地表を突き破ってクイーン襲来。ここから先の戦闘はプレデターVSジュラシックパークです。クイーンがT-REXみたいな動きしてます。結局は両者ノックアウトのドロー。やっぱ対決モノは両方のファンを尊重してドローなのかな…。んで続編を醸し出す雰囲気でエンドクレジット。
 総評:せっかくプレデターが三人も出てきたんだから、コンビプレーとかも見たかったかな。けっこうブーブー言われてますけど、お祭りモノはこのぐらいで良いと思います。続編あるなら舞台は宇宙を期待です。

人気ブログランキングへ

エイリアンvsプレデター (2)

2005.04.21.Thu.05:07
 続き~。あっさりフェイスハガーに寄生された上層の班と違って、アタッシュに武器を隠し持ってた下層の班。どちらにしろ役に立つとは思えませんが。一方、武器を獲られたコトで、プレデター三人の矛先も調査班に向きます。一人が調査班に接触しますが、ピラミッドのカラクリが動き出して調査班が分断されたために武器ゲットできず…。んで流石、人間はオマケと言いたげに主人公のグループ以外エイリアンに全滅。今回は人間の死ぬペース凄いね。そして主人公組のトコにプレデター二人が再び強襲!あ~こりゃヤバイなと思ってたら、「ん?プレデターのステルスがやけに歪んでるなぁ…」と思った次の瞬間プレデターの腹にグサっと鋭利なものが!ズームアウトしていくと後ろには光沢のあるエクレアみたいな頭部が…ご対面~もうプレデター一人目殺られちゃったよ。もう一人のプレデターがエイリアンと取っ組み合ってる間に主人公たちはそそくさと退散。いや~いくらプレデターでも武器がないと接近戦しかないのね。エイリアンのレンジに合わせちゃうと圧倒的にエイリアン有利です。とプレデター新武器のネットランチャーが登場。エイリアンを捕らえ収縮するワイヤーで締め付けます。プレデター歩いて近づくけど急いだほうが良いってば。何でって…あ~ほら酸性血液でワイヤー切れちゃったよ。んでそのままマウントとられて隠し顎で二人目のプレデターも沈黙。エイリアン強っ…。
 主人公たちは急いで逃げますが、病弱なウェイランドのせいでしばし休憩とってたら残りのプレデターに追いつかれます。ウェイランドはレックスを含めた生き残り二人を逃すために果敢にもプレデターに立ち向かいます。が、そこは戦士の部族プレデター。ウェイランドの衰弱した体を見て手を出さずに行こうとします。そ~ゆ~トコがプレデターの美徳。と思ったらウェイランド背後から火炎放射。プレデターの怒りを買ってしまいリストブレイドで一突きに。
ビショーーーーップ!!(知らない人はスルーでOKっす。)
 ビショップの死に打ちひしがれつつ感想は第三部へ
 (まだやんの?)

人気ブログランキングへ

エイリアンVSプレデター

2005.04.20.Wed.04:33
 20050420033027.jpg

 散々「両作品のファンとしては見逃せん!」とか言いつつ、予定に折り合いつかず初回版DVDを購入…。ちなみに「フレディVSジェイソン」も全く同じ言い訳で初回版買いました。ま、いっか。
 ちなみに両者の激突に関しては、プレデター2の宇宙船内部のシーンでエイリアンの骨があったことから早い段階で示唆されていました。あと個人的には、アーケードであった「エイリアンVSプレデター」にメチャクチャはまってたので、首を長くして待ち望んでいました。このゲームは、スタイルはファイナルファイトと同じでプレデターか人間を操作してエイリアン(途中、プレデターや人間とも戦うけど)と戦うんですけど、流石エイリアン画面内に最低10匹以上は必ずいる始末かなり難しかったし…。家庭機に移植してほしかったです。んじゃ、話の流れと共に感想を。ちなみに面倒くさいのでそれぞれの作品の用語の解説は割愛で。ネタバレ注意。
 西暦2004年つまり現代で、プレデター2より後、エイリアン1より前ってことになります。ウェイランド社の人工衛星が南極大陸で異常な熱の放射を観測。解析の結果、南極大陸の地下600mにピラミッドがあることが判明。実業家ウェイランドは世界中から考古学者や科学者を集めて、女性冒険家レックスのガイドで調査に向かいます。彼女は三つの約束を守れといいます。1・単独行動しない 2・常に連絡を取り合う 3・ヒーローになろうとしない。まぁプレデターやエイリアンの世界ではあってないような約束です時を同じくして、プレデターの宇宙船が地球圏に飛来、3人のプレデターが南極に降り立ちます。思えば複数のプレデターが序盤からってのは初。そして地上に待機していたスタッフを瞬殺。まぁ彼らは調査のために来たわけで、装備も乏しいものばかりでした…。
 一方、ピラミッド内に潜入した調査班。それに反応しピラミッドの下層で何やら動きが。仕掛けが作動して液体窒素みたいなトコから冷凍されたクイーンが。予想もしない親玉の御登場、でも拘束されてる御様子。んでもって無理やり卵を産まされていきます。どうやらプレデターはエイリアンの養殖を営んでいるようで。先にネタバレしちゃうと、プレデターは100年に一度この地で成人の儀式をしていたようです。成人になる条件はエイリアンに打ち勝つこと。人間に生まれて良かった。だからクイーンを冷凍保存して、時期が来たら覚醒→卵を産ます→決闘。ってコトだったのです。太古の人間はプレデターから様々な技術を授かり彼らを崇めていました。そしてエイリアンの苗床に必要な生贄を彼らへ献上していました。これが今回の世界背景ですね。
 調査班は生贄の間にご到着。そして下方にも部屋があることから、そこに数名残して下の部屋に。そこには封印された棺があり、太陽暦でのダイヤルが100年前の今日を指していて、現在の時2004年10月10日にダイヤルを合わすと棺が開き、中からプレデターの武器が。どうやら今年の体育の日はリアルな運動会が催されるようです。んで不用意に武器を取り出しちゃうと上下の部屋で入り口が閉ざされちゃいます。おそらく武器を取ると儀式が始まるんでしょう。生贄の間にはエイリアンの卵が出てきます。それに対して拳銃一丁。あ~あ。結局、発砲せずに皆さんフェイスハガーに寄生されちゃいます。後に腹からアレが出てくるんでしょうね。

やっぱ長くなりそうですね…(>Д<)ってコトで続きは後日書くです!

人気ブログランキングへ
FC2 Management
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。