FC2ブログ

英語の授業にて

2005.06.18.Sat.15:10
 この前の木曜の必修英語のコトを少し。木曜って必修と選択で英語が二コマもあるんですよねぇ。しかも木曜自体1、2、3、5限となかなかヘビー。大学生頑張っちゃってますよ…。

 それで、必修の英語なんですけど、英作文を作るためのプロセスを学ぶ講義なんですよ。パラグラフの構成ですとかトピックセンテンスですとか。個人的に今までの英語とは違って新鮮で結構好きなんですよね。それで今はタイムオーダー、まぁbiography(伝記)とかの順を追った、時の表し方(何年に何をした、何々の何年後に~とか)をやってんです。で、この前の講義ではちょっと面白いことを。みんなで輪になるように座って、まず一行目にいつドコで生まれた~みたいな出生のコトを書く。そしたら隣の人に回して次の行に、続く内容を一行考えて書く。そしたら一行目の場所を折って見えないようにして次の人に渡すんです。

 つまり、前の人の一行だけを見て次の出来事を書いていってbiographyを作るんですね。ある程度書いたら元の人に返して、その人はラスト一行だけ見て二、三行エンディングを付け加えて完成。全部開いてみると爆笑伝記が出来上がるというわけです。それで俺の作ったのを紹介しま~す。まず自分で書いた一行目。
 Syunta Matsuyama was born in Okayama in 1985.
んで戻ってきたら、
 He got a child next year.
 って書いてあったんですよ。お~幸せじゃねぇかって思って
He had a hot time with his child. And 40years later,he died.
 って無難なエンディングを付け加えて締めたんです。しかし、全部開いてみたら波瀾万丈劇場幕開け。

Syunta Matsuyama was born in Okayama in1985.
 (松山俊太は1985年、岡山に生まれました。)

 親近感湧かせるために俺と同い年にしてみました。両親の愛情を受けて立派に育って欲しいと願ったのに、それがあんなコトになろうとは…。こっから先は他の人のリレーになります。
 

 He went to Tokyo at the age of 5.
 (彼は5歳の時に東京に行きました。)

 まさか5歳で岡山にコンプレックスを抱くわけも無いでしょうから、きっと親かなんかと旅行で東京来たんでしょうね。

 He went to Tokyo again next year.
(彼は次の年に再び東京に行きました。)

 2年連続です。まぁきっと俊太は東京が気に入ったんでしょう。

 And he went to Tokyo again 3 years later.
(そして彼は3年後に再び東京行きました。)

 またかよ。てゆ~か小学生の頃の出来事の大半を東京で占めてるじゃねぇか。

 He fall in love with a boy.
(彼は少年に恋をしました。)

 突如、俊太の人生の歯車が狂い始めました。計算すると9歳ですね。親に連れられて歌舞伎町のゲイバーでも行ったんでしょうか?いや、でも相手も少年(っても多分年上。こっち9歳)だしなぁ…。先行き不安。

 But the boy had a boyfriend yet and he was suffered from disease of love.
(しかし少年には既に彼氏がいて、俊太は恋の病に苦しみました。)

 昼ドラみたいにドロドロになってきました。 自分だったらこんな伝記残されたくないですね。(苦笑)

 The boy thought love was power of life.
(俊太は、恋は人生の力だと考えました。)

 何があったかは知りませんが、何かを悟ったようです。ちなみに前の文だとthe boyは俊太の思い人の方ですが、そうするとこれ以降この文しか読めず主人公消滅するので、俊太で解釈するコトにしました。

 He spent two years with his lover without working.
(彼は働かずに、2年間恋人と過ごしました。)

 俗に言うニートになっちゃいました。恋人が例の少年かは分かりませんが、少なくとも異性だとは思えません。

He got a child next year.
(彼は次の年に子供を儲けました。)

 しまった!それでこの文章か!じゃあ相手は女性だったのか?とりあえず性転換した記述はないし…。現実的に考えて女性に恋できるようになったと考えよう。
 He had a hot time with his child. And 40 years later,he died.
(俊太は子供と楽しい時を過ごしました。そして40年後、彼は眠りにつきました。)

 
 …と無難(?)にしめたわけですが、何度も東京行ったりゲイ(最終的に考えれば両刀使い)を経験したりと絶対体験したくない人生です。

 で、一つ問題が。来週これを参考にbiographyを作成するそうです。

 えっ!?これをっ!?(;´Д`)
 なんか、とんでもないのが出来上がりそうですが頑張りましょう。まぁこんなのを真面目に解説した時点でアウトですが。

人気ブログランキングへ

ジャンプ感想28号

2005.06.16.Thu.20:32
 -Mr.FULLSWING-
 もう見れば見るほど、あの球場のドコが大宮市営なのかと思ってしまう…。あきらめるか。
バンカーバスターですって。ホームランのみしか狙ってないのに、その能力は必要なのかと。まぁパワーがあるのに越したコトはないんですけどね。そんでもって犬飼の新秘球「天竜」。

  通天閣投法だぁ~


  野球とかけ離れてるコトしてんのに、たいして驚かないのはどこぞのギャグテニス漫画で感覚がマヒしてるからですね。

 -NARUTO-
 どうせなら結界が外されるのを阻むトラップを仕掛けるべきだと思います。現に侵入されちゃってるし。

 -アイシールド21-
 力のなくなった鉄拳は心が痛みますねぇ…。ヒル魔の「どうにかなんねぇのか」の切ない顔とムサシの握り締める拳からにじみ出る血。どちらも、アメフトをどれだけ好きかがとても伝わります。
 そして力を振り絞って鉄拳を振る親父。きっとこれがムサシを奮い立たせるんでしょうね。

 -BLEACH-
 基本的にジン太ホームランは不発に終わるようです。ってか今思い返すと、もしかしてテッサイの鬼道って超高レベルなんじゃ…。浦原さんの正体が分かったから次はコッチが気になります。
 あと、何か気になるのが死神代行証。ま、その内判明するかな。
 
 -切法師-
 そ~いえば、この鬼達って蔵もこじ開けられなかったのか!?そりゃ下級ですよね。
 
 -タカヤ-
 あの殺気だった入学式の中に女の子いたんだ…。ともあれタカヤは一撃入れなきゃマンガが終わるわけで、毎回ダメージをこらえてカウンターでもつまらないので突飛な一手を期待。

 -テニスの王子様-
 なんか「百錬自得の極み」とかテニスのくせにるろうに剣心みたいな単語出てきました。ってか左腕一本に集めたら逆に負担がとんでもないコトになるのでは?
 あと三年ほど封印ってお前ら小学生からの知り合いかよ。そして奇声を発して脈絡もなく登場する氷帝学園。

 個人的に四天宝寺のメガネが奈良に見えて仕方なりません。

 -ムヒョとロージーの魔法律相談事務所-
 この人がソフィーです、ってホントに今井さんがソフィーだったら全滅でしたよあの場にいたのは戦力にすらならない連中(ロージー込み)ですから。

 -魔人探偵脳噛ネウロ-
 ジャンプで人を殺せるのところがツボでした。ってか、このマンガの犯人に正常な人間は存在しないのでしょうか?

人気ブログランキングへ

いま、会いにきちゃいました

2005.06.13.Mon.18:53
 四月に紹介した、独文化研究という講義名のくせにいきなりイギリス映画を鑑賞し始めた衝撃の授業。その後どうなったかというと…

小さな恋のメロディ・イギリス


初恋のきた道・中国


恋におちたシェイクスピア・アメリカ


伊豆の踊り子・日本


 …もうなんか、意図的にドイツを避けてる疑惑さえ浮上してきました。


 んでもって今日の講義。先週ちょっとだけ観た映画(もちろんドイツではなく)を、予定を変更して違う映画を先に見ることに。

 何観るのかぁ~、お?東宝の映画か。なんか製作会社やら何かがちょこっと表示されて…おい、待て
「いま、会いにゆきます」製作委員会って書いてなかったか?

 見間違いじゃありませんでした。いや、確かにある意味リアルにタイムリーだけどさ。大学(しかも慶應)の講義としてはどうかね?むしろ疑問を感じてる俺のほうがおかしいのか?


 ってなわけで「いま、会いにゆきます」観ましたが、時間の都合上すんごい良い場面で中断されました。もう狙ったとしか思えないほどに良い場面で。もしこのブログ読んでる慶應・文の一年生がいたら、来年は迷わずこの講義をとりましょう。

人気ブログランキングへ

憩いの場

2005.06.10.Fri.15:51
20050610155101
 今日は四限だけのために、テンションの上がらない雨の中わざわざ大学行ったのに休・講っ! かなり虚しいです…ε=(+д+;)ってコトで今日は大学からマイ憩いの場をご紹介~☆写真はウチの大学のとある校舎なんですが。パソコンいじったり読書したり居眠りしたりと、一人でヒマな時はたいていココでなごんでます。 写真見れば分かる通り内装キレイですしね☆とまぁんな感じでっ(`・ω・´)

人気ブログランキングへ

ジャンプ感想 27号

2005.06.07.Tue.23:42
 さてさて感想、感想~

 -ムヒョとロージーの魔法律相談事務所-
 何もありませんが、って出されたのはカップラーメン。ホントに何もねぇな。孤島にいるのにギリギリの食料でダイジョブなのか?明日の昼に来る船で食料調達?

 今週はビコがリオに弟子入りするきっかけの回想がありました。リオ本人も語ってるってコトは、リオはソフィーの「なりすまし」から除外?ともあれ最後に出てきた今井裁判官がキーポイント。

 -BLEACH-
 そりゃあ四大貴族の内の朽木家当主ともあろう者が旅禍から呼び捨てにされたら気にしますよね。乱菊姐さんってもしかして副隊長の中ではかなり格上?大体どの副隊長も敬語使ってますよね、姐さんに。姐さんより上に立てそうな副隊長…あ、
一番隊のヒゲ男爵か!

 いや、しかし未だに名前が不明な上に出番は一護に素手でやられたのみ。となると総合的にやはり乱菊姐さんか…。

 ルキアは志波家か。空鶴が言うように岩鷲が後半役立たずだったから 
 すっかり選択肢から外れておったわ!

 んでルキアは尸魂界に残ると。来週から一話完結が少し続いて、その後は虚編かな。

 -D.Gray-man-
 咎落ちする条件はイノセンスに対する裏切り。戦いを放棄・悪魔に命乞いをしたりするとあぁなっちゃうと。みんな爆弾抱えてるみたいで恐ろしいですね。
 アレンはノーマンをど~するんでしょ。多分倒しちゃう気がするんですけど。

 -魔人探偵脳噛ネウロ-
 連載開始からモヤモヤしてたものが分かった…このマンガの犯人達って
 証拠残しすぎ。今回だってフック素手で触っちゃってますよ。指紋検出されたら即効でA級容疑者ですよ。それにポリタンクなんて普通控え室に無いでしょ。警察は現場検証で疑問に思わなかったのかなぁ。

 -テニスの王子様-
 「―で そのチンケなオーラで何を見せてくれるのかな?」

 いや、チンケかどうかじゃなくて光ってんだぞ!?人が。
 くそぅ、何でこのマンガの世界の人間は疑問をあっさりスルーするんだ?あ、そ~いえば先週号のテニスの王子様ですんごい場面発見しました。3ページ目の二コマ目の木手主将。

右手の指が四本です。う、宇宙人?

 そうか、これで疑問が解決した。縮地法は異星人(木手)から教わった技術なんだ!

 -Mr.FULLSWING-
 監督、監督。ベンチから離れるなよ。初めて見たよそんな監督。てゆ~かセブンブリッジのベンチ、攻撃中だってのに人少なっ。

 -ユート-
 お~幸太の土下座は予想外。でもいざこざが無くなって良かったなと。って雄斗…女の子の前で堂々とズボン履き替えるか。小学生だからいいけど場合によっちゃアウトだぞ、それ。

人気ブログランキングへ