スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングへ

腑に落ちない…

2005.09.12.Mon.23:02
 チクショウ…記事のタイトルを初体験にしただけでアダルトのトラバが三件もつきやがった。後で消しとこっと。

 さて昨日に引き続き選挙のお話。一夜明けてみれば、大局は昨日と全く変わらず自民党の歴史的大勝利と言われるほどの結果となりました。

 まぁそれはまた別の話として、タイトル通り腑に落ちないのは復活当選をした方々。今回の選挙で当選した候補者の中には過去に何らかの汚職・不祥事を起こし議員辞職・さらには逮捕にまで発展した方々がいます。

 誰とは言いませんが(むしろ言わずもがな)彼らは自分の犯した過ちの責任をとって議員を辞めた(というか辞めざるを得なくなった)はずです。ある人は声を震わせ、またある人は涙を流して、自分の手で議員のバッジを胸から外しました。

 それが数年経ったらなんですか?何事もなかったかのように出馬を表明。あの時の涙は目薬かなんかですか?多少悪さが明るみに出ても、潔く辞職を表明し後を濁さない。ほとぼりが冷めた頃(場合によっては塀の中で数年ほど待ち)に再出馬。地元のアドバンテージを利用してめでたく復帰成功。

 こんなんだから税金ムダ使いなアホ議員が増えんだよ。憲法を改正する前に公職選挙法改正した方がいいんじゃないですか。一度議員辞職したら出馬不可とか。これじゃいくら辞めたところで地元が支持してくれる場所、もしくは対抗馬の知名度があまりない地区で知名度を武器にすれば、いくらでも復帰は可能です(全国民が見限らなければ)。こんなの辞職でもなんでもないですよ。

 とりあえず今回の選挙戦を終えて一番言いたかったコトでした。


みなさんは今回の選挙どう感じたんでしょうか

スポンサーサイト

人気ブログランキングへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。