スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングへ

慶應対法政

2005.10.16.Sun.23:04




 今日は友達の野球バカ2人+早稲田の学生の計4人で六大学野球。秋季リーグ慶應対法政を観戦しました。(3人はその後の早稲田対立教も観戦してました)

 今日負けると法政から勝ち点が得られず、慶早戦を残して首位の法政と勝ち点差が2になってしまい優勝の可能性が消えてしまいます。選手も応援部もチアも俺たちも必死です。力の限り応援しました…が、延長12回までもつれ込むも結果は5-6×のサヨナラ負け。今季の優勝は無くなってしまいました。そして法政が最後の立教を下せば、慶早戦を待たずして法政の優勝が決まるというとんでもなくテンションダウンな展開。

 とにかく立教には頑張ってもらわにゃ…いや、でもそうすると慶早戦で優勝の可能性が残る早稲田が調子付く、う~むジレンマ。しかし今季の法政が総合的にどの大学よりも安定しているのも事実。今日の試合だけですが、慶應は二遊間の甘さが少し目立ちました。最後の狭殺崩れのサヨナラなんかね、あまるにも唐突過ぎて狙ってやったとばかり思ってましたよ。監督ギャンブラーだなぁって。でも後でウェブで確認したら

 延長12回裏、2死1、3塁から代打佐藤康を送り2-2からの投球がボールとなったところで、1塁走者の金丸が四球と勘違いして1、2塁間で挟まれ、挟殺プレイの間に3塁走者大引がホームインしてサヨナラ勝ちした。(記録は重盗)(六大公式サイトより引用)

 
 勘違いですかっ!終わったコトをとやかく言うのも何ですけど、大学野球にしてはお粗末でしたね。そもそもタッチの時間を稼いでホームを狙うなんて常套手段ですからねぇ…。ま、と言うわけで今季のパレードは御預け。また春期に期待しましょう。どれだけベンチに影響を与えるか分かりませんが、センバツ出場選手がごっそり入ってくるくるわけですから。内部進学のちょっとした利点かな。


とにかくホークスには勝ってもらわなきゃ…(汗)

スポンサーサイト

人気ブログランキングへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。