FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングへ

男たちの大和:試写会

2005.12.16.Fri.10:29
img.jpg


 第二次世界大戦末期、米軍の攻撃によって北緯30度43分・東経128度4分の海に沈んだ日本軍巨大戦艦大和。その大和の乗組員の生き様を描いた話題の映画で、12月の17日(土)つまり明日公開です。俺は一足お先に12日(月)に試写会で鑑賞しました。









051212_1754~0001.jpg


 ウチ(慶應)で。

 大学のキャンパスで試写会とか聞いたコトないですよ、ええ。まぁ色々と事情があって実現に至ったんだとか。ゲストも何人か、映画に出演している松山ケンイチさん・蒼井優さん・崎本大海さん(ちなみに慶大1年生)などの諸俳優方…そして、この日一番会えて良かったと思うのが大和元乗組員である小林健さん。映画の上映の前と後ろに挟んだ彼の話には、思わず涙を流してしまいました。上映中も普通に泣いてたんですけどね。

 死ぬこととほぼ同義な大和への最後の乗艦。航空機の機銃であっけなく死んでゆく上官や下仕官、特別年少兵と呼ばれた16・17歳の少年たち…。随所の挿入された当時の戦争の映像、原爆投下…。そして、それらを実際に体験してきた小林さんの重すぎる言葉の数々。もう、ホントこの日は参加して良かったと心から思いました。

 大和を実際にセットとして復活させた巨額の制作費も話題になってますが、主役はその巨大な戦艦を動かす3000余名の乗組員たち。そして今の平和は、彼らの犠牲の上に成り立っている…。俺が生を受けた場所は、大和を沈めるために航空機が通り過ぎていったであろう沖永良部島。沖縄の目と鼻の先です。そういう意味では戦争というコトには嫌が応にも向き合っていかなければならないと昔から感じていました。少し忘れかけてた、そういった気持ちをこの映画は思い起こさせてくれました。

オススメの映画です。








人気ブログランキングへ

ジャンプ感想 02号

2005.12.15.Thu.09:25
 今週は更新遅いな~スイマセンねぇ…

 -ムヒョとロージーの魔法律相談所-
 なんか、ロージーが目立つと他の候補生がヘタレに見えてなりません。
「院内の地図があれば――
       そうかそれなら――」

 とか言った瞬間2人捕まりましたが、地図を入手したら逃げるつもりだったんじゃないだろうな?ロージーは四連やら五連やら破魔の術を連発してますが、煉の量が数倍だからこそできる芸当。さながらチャクラ量が膨大なナルトそのものです。

 -BLEACH-
 三席の一角が敵を倒して隊長・副隊長格が劣勢…何でだ?とか思ってたら副隊長以上って霊圧が現世では制限されてるんでしたっけ。解除してやれよ、非常事態なんだから。本人達知らないけど空間凍結とやらで被害抑えられそうですしね。三席のくせして勝手に卍解して建物壊しまくって暴れたハゲもいることですし。

 一方、ウルルがイールフォルトをぶちのめしまくったもんで、ただでさえ苦戦してる恋次の前で「蒼角王子(デルトロ)」を開放しちゃいます。ウルルも浦原さんに造られた存在なんですかね?その辺気になる。

 -NARUTO-
 ご丁寧に木の葉隠れの紋章まで入れてある、四柱家の術で作った家。あんたらホントに忍ですか?

 -タカヤ-
 「ボクシング部室」って言い方がイマイチ言いづらいと思ったのは俺だけですかね?ボクシング部の部室、ボクシング部室…ん~。

 -リボーン-
 第二はやっぱり技を使える能力。ツナはやっと、ドラえもんで言うトコののび太の位置を越えられそうです。

 「おまえは誰よりもボンゴレ10代目なんだ」

 何が基準かよく分からないけどグッときました。

 -テニスの王子様-
 跳躍っていうかもはや浮遊に見える俺の目はヤバイですか?

 そして相棒の手首の限界を感じたんなら…自分が打てよ菊丸!

 -ポルタ-
 なんで安定した位置に掲載されてるかが最大の謎。

 -こち亀-
 前に檸檬が自分の名前を書けないコトを、両さんがつっこんでる回があったはずなんですけど。

 -みえるひと-
 今週のジャンプで一番びっくりしたコト。これが新章突入。良いコトですけどね。

 先の闘いで判明した空風火水地の梵術の特性。これからは属性が戦闘のキーポイントになるとスパイスとしてちょうど良いと思います。とりあえず今回の話は明神抜きだと面白いと思います。

 -Mr.FULLSWING-
 初見のスクリューに合わせられるってどんなけ動体視力良くてスイングスピード速いんだよ。
 そして埼玉県某病院とか言ってる割には名前出てますが。










人気ブログランキングへ

鍋だ、やっほ~い

2005.12.13.Tue.23:47
051210_2048~0001.jpg



 鍋はいいねえ。鍋は心を潤してくれる。リリンの産み出した文化の極みだよ。(´∀`)


 …はい、そんなしょうもないパロディはどうでもいいとして。最近ブログ更新してなかったなぁ。新入りブロガーの菊(リンクにあるからよかったら覗いてちょ)にも「早ぅ更新してやぁ」って言われちゃったよ、ちっ。

 まぁ先週と今週は課題で徹夜しまくりだったり、その影響で体調悪めだったりで大変だったんですよ。そんな中、土曜に行った図書館情報学専攻の忘年会がてらの鍋パーティ。結局4人の小規模なものでしたけど、1人暮らしの部屋じゃちょうどいい規模でしたね。見た目で分かるか微妙ですけどキムチ鍋です。いちぉ、俺が指揮統率(っても野菜斬って肉とぶち込むだけだけど)執って難なく完成。米がちょっと微妙だったな…。だって4合分持ち寄ったのに、肝心の炊飯器が3合分までのメモリしかないんだもん。


 まぁそこはアレですよ、慶應生の卓越した英知を集結させた目分量で。結果、何か原始米みたいなのできました。まぁ普通に食えましたけどね。


 いやぁ、やっぱみんなで作った鍋をつつくのは良いですね。大学生してる感じです。こ~ゆ~親睦はやっぱ大切ですよ。定期的に続けていきたいですね。問題があったとすれば帰りに、開催地は大岡山だったんですけど、そこから東急大井町線に乗るはずが東急目黒線に搭乗。いくらホーム同じだからって今でも何故自分があんなケアレスミスしたか見当つきません。まぁ俺の人生7割がケアレスミスです。終電ギリギリの帰りだったために結局、武蔵小山から家まで歩くハメに。いや、目黒まで行ってからでも十分帰れる距離(だって家あるの大崎だもん)だったんですけど、そっからだと坂上るのがメンドイから武蔵小山で。何より間違った路線に乗り続ける屈辱感をさっさと払拭したかったんですけどね。

 歩いても結局30分くらいで帰宅。我ながらナイスな位置に家あるもんです。んな感じで有意義な1日でした。


年内にもう一回くらいやりたいな~






人気ブログランキングへ

ジャンプ感想 01号

2005.12.08.Thu.00:53
  気がついたらジャンプが年越してました。

 -NARUTO-
 秘術である木遁を使うヤマト。そして今回の任務では必要の無いはずの暗部の面。何故彼はわざわざ面を携帯しているんでしょうか?不安要素はサイだけではないようです。

 -ムヒョとロージーの魔法律相談所-
 不可解な再検査とは、より能力の高い者たちの強化合宿をするための選別。浮かれてるロージーが怨霊の襲撃を受けてるころ、ムヒョは「地獄の六王」の1人、冥王と契約を交わそうとしてました。
 シャーマンキングでいうところのスピリットオブファイアとかのレベルですかね?ムヒョもムヒョで強化合宿って感じです。

 -テニスの王子様-
 ゴメン、ちょっと引いたわ。ついに変態技も複数人による同時発動できるようになりましたか…。そもそも同時にスイングしにいく意味あるんでしょうか?返されたらガラ空きな部分が増えるだけのような気がするんですけど。

 -BLEACH-
 もう何か空座町のみなさん大迷惑ですね。夜に轟音が鳴り響くわ、地面は隆起してるわで。
 一角が卍解できるコトを知られたくなかったのは、剣八の下で戦えなくなってしまうからでした。吉良、雛森、檜佐木…どれとも折り合いつきそうにないですけどねw
 一方、卍解を発動しながらも劣勢な恋次と冬獅郎。そういえば、大紅蓮氷輪丸って刀自体は変化しないけど、どんな能力なんですかね?

 -リボーン-
 骸がダイナマイト使う時に”二”の眼になってたけど、二って効果なんだろう。ダイナマイトくらい普通に使えるとおもうんですけど。

 -破天荒-
 え~と、何だろう…いい年してドラゴンボールごっこですか?とりあえずツッコミどころを色々挙げてみます。

・校舎壊しちゃダメでしょ。
・8千万超の人間がやってる割に1位の人間の知名度無さ過ぎ。
・そして賞状ショボ過ぎ。普通何人中とか変動するんだし書かんだろ。紙もペラペラだし世界~が付く割に日本語グダグダ。
・四国一とか普通にショボイ。
・今まで立ったものがいない必殺技は大体立つ。

 そんな感じ。

 -ポルタ-
 え~見事な金田一のパクりです。首狩り武者に殺られないよう気を付けて下さい。

 -Mr.FULLSWING-
 勝手な個人判断でキャプテンやろうとしてる牛尾が腹黒く見えました。

















人気ブログランキングへ

宇宙戦争

2005.12.03.Sat.21:34
   



 映画公開時は「絶対観る」と言っていた宇宙戦争。結局のところ観ずに終わり、例によってDVDを購入です。(こんなんばっか)
何故鑑賞を強く望んでいたかというと、リメイク前の宇宙戦争を小学生の頃観たことあるからです。あのオチは色んな意味で衝撃でした。そしてスピルバーグ・トムクルーズでリメイクされると知り、思ったのが…

現代の映像技術で宇宙人がパワーアップしても、オチはやっぱりアレなのか?

 その一点を確認したいがために、観たいと思ってたんですね。まぁ宇宙人の兵器がどれほど凶悪になったかも関心事ですけどね。

 とりあえずネタバレで色々書いていきます。

世界中で発生した謎の磁流嵐、これが発生した地域は電子機器が突然使用不能になり車も動かなくなります。そして雲から集中的に落ちてきた雷の着地点から巨大殺戮兵器“トライポッド”が出現します。初代のUFOに比べるとかなり生物的なフォルムで巨大です。そして着弾の瞬間に人間を消滅させてしまうレーザー(ビーム?)兵器も健在。今回はとんでもない初速で次々と人間を粉末状にしていきます(炭化かな?)。その場に居合わせたレイ(トムクルーズ)は、ニュータイプのような回避運動を披露しこの日たまたま離婚した妻から預かっていた自分の子供2人とともに、修理をして唯一動く車でその場を脱出します。
とりあえずこの映画は終始レイの視点でしか物語が展開しないので、他地域の様子が全く分かりません。レイの耳に入る情報は全て伝聞のもので信憑性も低い。なぁんかスケールが広がりません。家族の絆を描くにしてもレイはダメ夫だし離婚した妻もラストにしか再会しないので微妙です。
 そしてラストに待ち受ける衝撃の結末!!それは…



 何か地球の食いもんとか微生物が体に合わないらしい



 え~あっけなさを出すためにフランクに言いましたが概ね合ってます。流石に初代とオチを変えたらリメイクの意味がないですしね、それはいいんですよ。が、今回の侵略はトライポッドを大昔の地球に埋め込み、頃合いを見計らって侵略を開始したという設定。そのせいで、何故長期間あるのに大気調査をしなかったとか、設置時はどうだったんだよとか宇宙人のマヌケさを演出するハメになってます。

 しかも、レイはただの避難をする一般人というコトで、気がついたら敵がやられてた感が満載。一応一体倒したけど。ってコトで少々物足りない感はありましたね…。

 最後に一つ気になるコトが。劇中のセリフでこんなんありました。



   「オーサカでは3機倒したらしい」(トライポッドを)

 何があった大阪!?トライポッドに立ち向かうタイガースファンや大阪のおばちゃんが頭の中に浮かんできて離れませんでした…。










人気ブログランキングへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。