スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングへ

06’ジャンプ感想 26号

2006.05.31.Wed.14:11
 -ONE PIECE-
 ナミがカリファを撃破。執拗なまでに電撃を喰らいまくったカリファですが、コレってエネルの電撃とどっちが強いんだろ?
 チョッパーの暴走はフランキー・ナミの対処でどうにかなりそうです。そんなに混乱を呼び起こしませんでしたね、チョッパーは。

 -BLEACH-
 あれ、ハッチってこんなにデカかったっけ…気のせいかなぁ。って椿鬼があっさり復活。中途半端に攻撃の手段が戻っちゃうと、逆に危険なんじゃないかなぁ、それだけ前線に出てきちゃうし。けどルキアとの特訓で椿鬼も強化するのかな?
 ルキアはせっかくヴァイザードの所在を知ったんだからもう少し気にしましょう。

 -アイシールド21-
 18点と21点の違い…何でしょう?アメフトのルールには疎いもんで。でも、このマンガなら終盤になったら分かりやすく説明してくれる気がします。

 -リボーン-
 やべ、時間の流れがよく分からん。20年後の角を何故にボヴィーノのボスが所持?10年後のランボが何も覚えてないってのは20年後のランボが戦ったってコトか。未来が過去に干渉しちゃうとこんがらがってしまいます。

 -エム×ゼロ-
 今週で大賀と愛花の確執は解消されたみたいです、も少し続くかと思いましたが意外に早かったです。どうでもいいが柊・父は器物破損の常習者ですか?あの場では鍵を借りてくるのが正解であろうに。

 -テニスの王子様-
 テニスの得点カードで棄権”が常備されてる不思議な世界。それほど棄権が日常茶飯事なのかしら中学のテニスは。こんなに危険なスポーツならPTA辺りが黙ってないはずなんですがね。
 神隠しって急激に打球が上昇する技ですか、視界から消えるくらいだから相当なスピードで上昇するんでしょうね。だったらかなりの高さまで上昇しますよね?しかも帰りは運動エネルギーが位置エネルギーに変換されてエネルギー0だから自由落下で速度は大して速くないはず…打ち頃なんじゃない?
 無我の境地にさらに奥があるって説明は、悟空が超サイヤ人3の説明をする場面と比べると、遜色も違和感もないんですが気のせいでしょうか。

 -ツギハギ-
 え~またフヒトと会ったコトある人なの?コレじゃ神出鬼没って言われてもなぁ…。そして異常に脆い洞窟の壁。そのうち崩落するんじゃないか。

 -タカヤ-
 敵に捕らわれてて、渚の記憶戻せる爺さんはどうしたのさ?

 なんか渚がかけられてた呪いはどうなったのさ?

 夜明けの炎刃王って結局何だよ?

 特に師匠がいるわけでもないのに、自分たちで1ヵ月修行するだけでこんなに強くなるんだね…今まで怠慢だったってコト?現実世界に戻るコトなく打ち切りとは…。ココまでやりっぱなしの打ち切りも珍しいですよね。






ブログランキング
スポンサーサイト

人気ブログランキングへ

慶早戦-第1戦・第2戦

2006.05.29.Mon.23:27
 雨で順延になってしまったため、日曜からとなった春の慶早戦。もちろん第1戦・第2戦ともに観戦行きました。日曜はサークルで、月曜はいつもの野球3バカ+ゲストの計4人。この流れも既にパターン化。月曜なんかは日差し強かったですけど、いい感じの野球日和。塾旗も気持ち良さそうになびいています。



 

 まずは最初の日曜。開門までヒマだったからサークル連中で近くのバッティングセンター行きました。バット持つのは…やばい、マジで1年半ぶりくらいかも。動体視力の衰えが心配でしたね…だって野球止めてから日常生活で時速100㎞くらいの物体ってそうそう人間の眼前通過しませんからね。ってコトで時速110㎞のマシンでバッティングしました。やっぱ速く感じますね、いや実際速いんだけど。何とか途中から眼もなれました。長年の経験値は無駄じゃなかったようです。んで、バットを振り回す体力もないだろうから、無難に3ゲームくらいで終わりにしようと思ったら外角を流し打ってライト方向にいった打球が何かの的に命中。何だろうと思ってたら謎のファンファーレ、そして


 アナウンス「ホームラン♪」

 ホームランだそうです。屋内の高さがあまりないバッティングセンターってホームランの的が異様に低いんですよね。むしろ程よい高さのライナーで当たっちゃう感じで。とにかくホームランだったんですよ、で景品なんだろな~って受付行ってみると、おっちゃんがくれたのが…


 2ゲーム分のタダ券

 現役時の俺ならとても嬉しがるんですがね、体は既にロートルのそれ。あまり嬉しくねぇ景品だorz 3ゲーム分でさえ体が悲鳴上げてるのに無料の2ゲームを追加、結局合計100球以上スイングしたコトに。年取るとろくなコトがないです(主に体力面)。

CIMG0011.jpg


 試合開始前から疲労困憊の状態での日曜日。結果は宮本の前に完封負け。ってか早稲田の宮本・大谷の両投手、2人合わせて防御率が3点より下ってどゆコトですか…どないせえっちゅ~話ですよ。結局、慶應打線は大谷を引きずり出すコトすらできなかったわけで完敗でした。



 そんなこんなで迎えた月曜の2戦目。素敵ルールにより慶應生は1限のみ。よってほぼ大半の塾生は授業ナシ。朝からたくさんの塾生が神宮に集いました。もちろん望むは慶應の勝利。そして、その勝利に付加される1つの設定。1勝1敗ならもちろん3戦目があります。とゆ~コトは?そうなんです。火曜も休みになるんです。慶應も勝って次の日も休み。こんな良いコトずくめなのは願ったり叶ったりです。愛校心たっぷりな素敵ルールがあるのは慶應くらいでしょう、ちなみに早稲田はナシ。彼らにとっては「オフィシャルではないが休みである」だそうです。授業1日サボってまで応援しに来る彼らもまた愛校心あふれています。

 「慶應に勝利を」「火曜に休日を」様々な思惑が交錯しながらも応援に熱が入る慶應スタンド。昨日の敗因は立ち上がりの失点。なんとしても序盤の失点は防がねばなりません。そんなコトを考える我らの切な願いは、先発・守口が4番田中にいきなり3ランを打たれたコトにより打ち砕かれます。



 開始数分で慶應スタンド完全に

沈黙。


 
 3点という数字もそうですが、何よりも点を取られたという方が大問題。早稲田の先発は大谷、未だに防御率0点台の化け物。つまり1点取るのさえ大変なところに3点もビハインド。初回からとんでもない展開になってしまいました。 
 しかし今日の大谷は数字通りの実力が出てないようで、なんと大谷から2点を奪取!マウンドから引きずり降ろすコトに成功します。その後は宮田の絶妙なセーフティバントや、今季不振にあえいだ主砲・岡崎の逆転打などで8回終了時点で6対4と試合をひっくり返します。
 あと3人…それで試合は慶應の勝利で終わります。誰もが明日の安息を確信した時、我々は信じられないものを目にします。


 9回表にまさかの2失点。


 その裏で得点できずに試合は延長戦に突入。我々は何回絶望を味わえばいいのでしょうか?胃の辺りがすんごくキリキリいってます。迎えた10回裏。慶應は無死満塁の大大大チャンス!バッターは打撃・守備共にグダグダな内容でスタンドからは確実に殺意を感じられていた松橋。ココで打たなきゃ漢じゃない、打ったら今日のミスは帳消しだ。思わずネット際に群がる野球バカたちの熱い思いが松橋のバットに力となって宿ります。松橋が振りぬいた打球はセンターの前に転がる乾坤一擲のサヨナラヒット!慶應7対6のサヨナラ勝ちで苦しい試合を制しました。


CIMG0012.jpg



 勝利の瞬間、スタンドにはすさまじい歓声が沸き起こりました。スタンド際の俺らはとにかく周りの人とハイタッチしまくり、相手は全く知らない人ばかりです。いや~こんな風に見知らぬ人とのハイタッチはホントにプライスレスですよ。これだから慶早戦はやめられません。しかし胃が限界です。これほど心臓・胃に負担をかけた試合は去年の春のセンバツ、慶應対関西戦以来です。


 兎にも角にも慶早戦の勝敗は3戦目に持ち越し。火曜も1限以外休講です。でもね…1つ問題が。火曜に限って1限に授業があるんですよ。しかもとんでもなくキツイ授業だから、欠席すると後々自分の首を絞めるコトに。渋々火曜は大学に行くコトを決意しました。確かに連日の応援・バイト及びバッティングセンターの筋肉痛で体が悲鳴を上げています。乳酸たまってるし関節の駆動もやや鈍いです。流石に止めとけという神からの御告げのようです。ってコトで友達に俺の分までの応援を託し、火曜は戦線から退きます。あ~行きたかったなぁ…
(´・ω・`)






ブログランキング



人気ブログランキングへ

レッツゴー寄生虫の住まう館へ

2006.05.27.Sat.23:46
 今日は慶早戦、早朝7時に外苑前に集合とかなりガチなスタイルです。しかし前の日のバイトがなかなかキツくて寝たのが2時過ぎ。起床が6時前だったのでほとんど寝てません。そんな中、午後からまとまった雨が降るコトがほぼ確定という情報を入手。こりゃ今日は中止だな…。寝不足のためにテンションも上がりきらないため、中止は大賛成。とりあえず神宮で列に並びながら、いずれくるであろう中止のアナウンスを待つ野球バカ一同。しかし待てど暮らせど一向に流れないアナウンス。けっこう雨降ってますよ?結局、中止のアナウンスが流れたのは10時過ぎ。3時間無駄にしました。六大連盟の人たちももう少し賢明な判断を頼みますよ…。

 土曜が中止というコトで、慶應の素敵ルールにより月曜に試合がある場合は1限のみで後は全部休講となります。今年は1限とってないので俺は丸々休み!やったね。まぁ神宮行くけど。
 それで、今日が1日フイになちゃったかっていうと、そうでもなく。実は土曜雨天中止の可能性は前々から高かったので、中止になった場合は別のスケジュールを用意してあったのです。それはとある場所に行くコト。その場所とは…










 知る人ぞ知る目黒寄生虫館


 その名の通り様々な寄生虫を展示している建物。しかも入場無料という熱い場所w 実はガキの頃1回行ったコトあるんですよね~あんま記憶無いけど。しかもウチから山手通りをチャリで北上するコト15分程度で到着というかなりのご近所

 メンツは図書情仲間の健人・ミホちゃん・サホちゃんの計4人。何でこのメンバーでこんなトコに行くコトになったのか未だによく分かりません。ま、人生そんなもんだよね。兎にも角にも目黒駅からプラプラ歩いて寄生虫館に到着。何気に人の入りもよく繁盛している土曜の午後(無料だけどさ)。とりあえず女の子2人組みの食い付きの良さに少々ビックリ。まぁそんなにグロいものばかりじゃないからってのもあるけど、リアクションが異様に嬉々としていて若干引きました。女は怖いとです…まぁ半分くらい冗談だけど(半分?)。

 いや~でも無料でコレだけ色々見れる場所ってのはそうそうないですよ?研究資料や標本もかなりちゃんとしたヤツだし。今後の寄生虫研究の発展を願って、みんなで募金しときました。なるべく長い間存続してほしいですしね。



060527_1421~0001.jpg


 ラストに1枚。きし麺じゃないですよ?実際に人体の体内に寄生していた8.8メートルのサナダムシでござぁい。アナタの体内にもこんなん住んでるかもねぇ(笑)正確最悪だな俺…。






ブログランキング



人気ブログランキングへ

反自殺クラブ 池袋ウエストゲートパークⅤ 

2006.05.25.Thu.23:55
     

 自分で小説を集めるにあたって、ハードカバーものはほとんど買いません。まず1つ目にデカイ。1冊でかなり場所(主に高さ)をとってしまうのがイタいです。2つ目にカバーが硬い。いや、だからハードカバーで言うんだけどさ。結局ハードカバーだと片手でめくれないじゃないですか?電車ん中とかで吊り革に掴まりながら片手でパラパラ読むみたいなコトができないし、両手でも何かとめくりづらい…まぁ携帯にあまり適さないってコトですね。あとはデカくてめくりづらいという2つの要素を合わせた結論。授業中にこっそり読めん。コレが最大の理由だったり。

 石田衣良の池袋ウエストゲートパークシリーズってまずは文藝春秋で発売されてから、ある程度たつと文春文庫で文庫版が出版されるんですよ。だから、この反自殺クラブにしても文庫が出るのを待ってたんですがなかなか出ない。それで品川図書館に文藝春秋のが置かれてるのを発見してしょうがないから借りちゃったってわけ。

 真島マコト(誠)の冒険活劇も早いものでもう5冊目。マコトは一体何歳なんでしょうか?もうそこそこいい歳ですよね(笑)ってコトで今回収録されてるお話をちょこっとずつ紹介。

 -スカウトマンズ・ブルース-
 池袋で風俗のスカウトマンをしているタイチ。男の友達はいないが女ならたくさんいる。マコトはコラムのネタになるかもと、タイチにナンパのテクニックを取材がてらに聞いてみます。結局のところタイチには女の子を惹き付けるオーラがあるようで。まぁうらやましいw しかしタイチの八方美人ぶり(タイチは仕事でやってるだけだから正確には八方美人とは言えないかもしれないけど)が1人の女の子をトラブルに巻き込んでしまい…。
 街行く女の子に声をかけて、風俗へとスカウトをするスカウトマンのお話。タイチに振り向いてほしくて1人の女の子が風俗の世界へ足を踏み入れてしまうんだけど、なんか風俗の世界も色々大変なのねと思ってしまう今日この頃。ちなみに今のところ1回もお世話になってません(笑)クリーンな大学生。

 -伝説の星-
 突然マコトの果物屋にサンダーバードでやってきたかつてのロック歌手・神宮司。彼はとある空き地にロックンロールの博物館を建てたいと言う。そのための融資を銀行にしてもらうために、集客力のあるところをデモしたくてGボーイズの力を借りたいというのだが…。
 不動産絡みのちょっと文学部在籍の俺には小難しい話。珍しくマコトが最後に1杯食わされます。


 -死に至る玩具-
 東京発のソウルディーヴァ人形のニッキーZ。1千万個を最速で売った人形としてギネスにも認定されている人気人形が実は誰も知らない裏では、人の命を奪っているとチャイニーズ・ヘルスのキャッチであるコモモから知らされたマコト。諸悪の根源である玩具メーカー・キッズファームへの抗議をマコトは決意する。
 多分今までのトラブルで一番平和に解決した事件です。血もほとんど流れません。どこかの会社が急成長する裏側には、低賃金で製品を作らされてる貧困層の人々がいます。それを思い知らさせる1話。コレを読んだ後だと、何かを買う時に「コレ1個にどれだけの人の苦労があるんだろう」とついつい思ってしまいます。

 -反自殺クラブ-
 日本中を席巻する集団自殺の波。そんな中マコトが出会ったのは、反自殺クラブを立ち上げて自殺を止めようとする若者たちだった。
 最近ではあまりニュースで自殺を取り上げなくなりました。しかし自殺は消えていません。警察庁の統計を調べてみましたが、平成10年以降自殺者は年間に3万人以上を維持。1日に実に100弱の人たちが自ら消えているのです。彼らが何を思い自らの命を絶つのか、正直俺には知る由もありません。生きていく方が辛い…その気持ちは分からなくもありません。が、その辛さが生きているってコトを実感できる証なんじゃないかなぁと若輩者のくせに考えます。ただ、1人の死が何人もの人を悲しませるのは事実です。


 実は、今やってるケンタのバイトとは別に本に携わるバイトを始めるつもりです。まだ先方さんと会ってないので確定ではありませんが、後日ブログでも書こうと思います。






ブログランキング


人気ブログランキングへ

06’ジャンプ感想 25号

2006.05.24.Wed.11:38
 -アイシールド21-
 限界が近いセナの脚。手持ちの武器が少なくなっていく状態で泥門が神龍寺に勝つには、ドラゴンフライ中のパスカットが難易度は高いながらも唯一のチャンス。しかし神龍寺サイドとて、それが自分たちの最強の武器だというコトは自覚しています。だからこそ泥門は死中に活路を見い出すため、神龍寺は己の全力で相手を叩き潰すため、共にドラゴンフライで攻め続けるという選択肢を認めます。他のスポーツと違い1回の失点が致命的にデカイからホント綱渡りって感じですね。

 -NARUTO-
 え、サスケって刀とか使い始めちゃったの?サスケはイメージ的に手持ち武器はクナイの方がしっくりくるんですがね。ど~でもいいですが偽の巫女さんみたいな衣装がダサいです(笑)

 -BLEACH-
 啓吾が乱菊姐さんの蹴りを受け止めた!やればできるじゃないか啓吾!そしてゆくゆくは自分に秘められた能力が覚醒しry…しませんね。啓吾の姉は生徒会長やってんのか、あ~ダメだその辺のキャラも含めて余計ウルフィーナに見えてきた…。
 真面目パートでは織姫が浦原サンから戦力外通告を受けました。来シーズンからは選手ではなくサポーターとして頑張ります(違)まぁ浦原サンも無駄な犠牲を出したく無いから心を鬼にして言ってるわけで…多分。って言ってたらどっかの藍染さんが目ぇつけちゃったじゃないか!

 -エム×ゼロ-
 え~今週のエム×ゼロとTO LOVEるのノリが全く同じなんですが。同じマンガを2度見たかのような内容。必ずこんな現象が起きてしまうんでしょうか?黒猫の方が絡むと。

 -リボーン-
 10年後のランボがこの戦いが記憶にないって言ってたのは…もしかして10年バズーカ使ったから子供の自分の記憶に残ってないってコト?アホ牛は20年たってやっとまともになるのか…。

 -テニスの王子様-
 金太郎「何や 最後まで試合続けれる奴おれへんのか不動峰?

   読者おおいに賛同

 幕張の奈良みたいな人「金太郎さんの言う通りやな!でも神尾くんてちょっとカワイイわね」

 海堂もどき「だから浮気かって!」

 財前 「先輩ら キモいっスわ

   読者おおいに賛同

 
 ついでに顧問は浦原サン。コートで煙草吸ってんなよ。千歳とやらがいきなりスーパー化。どうやら無我の境地は全国共通の用語らしい。
 そ~いえば綱渡りって何をどうやって返したら相手コートに球返せるんだろうね。んでもって今週のセリフの7割以上が関西・九州の方言という恐ろしい事態に。

 -TO LOVEる-
 120ページ戻ってください。同じコトやってます。

 -みえるひと-
 バオの復活から成仏(?)までの流れはキレイだったなぁ~。明神の右腕は何アレ?普通に骨折で腫れてるだけなのか、はたまた意味があるのか。んでもって澪さんはツンデレですか…。最近このテのキャラ多いよねぇ…やっぱり水の梵痕持ち。

 -ツギハギ-
 普通の人が辿り着けずに確認もできなような発見だから漂流録として評価されんですよね?今回だって結局新発見探さないといけないわけだし…嘘書いてもバレなくね?この世界はフィクションってものが異常に少ないみたいですからねぇ。

 -べしゃり暮らし-
 うわ~ねずみ花火の一言はかなりムカつきますね…確かにふざけんなって感じですね。帳場にはやはり芸人を忘れられない痕跡があります。ビデオかな?圭右も親父を見ることで自分のつまんない意地にも気付いたようです。コレで最強コンビ結成。でも勝負はまだまだこれからですね。

 -タカヤ-
 一ヶ月早ぇよっ!!






ブログランキング


人気ブログランキングへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。