スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングへ

プロデューサーズ・フェスタ2006 atフジテレビ

2006.11.18.Sat.23:06
 


 ついに「就職活動」なんていうカテゴリをこのブログにも作成してしまいました…(´ω`)我がブログにまで侵食してきた就職活動…恐るべしです。

 さてさて今日参加してきたのは正確には就職活動ってわけじゃないんですが、それに準ずるって感じで。 今日は日本映画テレビプロデューサー協会が主催する、「プロデューサーズ・フェスタ2006」に参加してきました。

 とゆ~のも、ブログ仲間のかずみんが相方も決めずに2人分申し込んだらしく、それで一緒に~ってな感じでかなり急でしたが参加するコトに。

 まぁ読んで字の如くプロデューサーのフェスタですw 第一線で活躍するプロデューサー達の生の声が聞け、しかも直に会話も出来るとあっては、マスコミ方面を就活の目標としてる俺にとって非常に興味深いイベントであります。サンクスかずみん。


 っちゅ~コトでかなり久々にフジテレビへ殴りこみ。りんかい線で家から10分のくせになかなか行かないお台場へ。だって渋谷に行くのと同じくらいの時間なのに運賃が倍ってどゆコトやねん。


 それでも本社ビルの方へ入るのは初。ってか普段入れないし。

CIMG0030.jpg



 会場はオフィスタワーの22階でセットもスゴイ豪華。まぁ来る面々が面々ですからね。


CIMG0031.jpg




 …と、この後から個人撮影はNGに。有名人がこの後続々登場だったんですが、残念ながら活字のみで我慢してくださいな。


 フェスタは主に前半のセミナーと後半のヒットメーカー授与式及び受賞者のディスカッションからなる2部構成。前半はヒットコミックスの映像化に関してドラマ・映画の2チームがセミナーを行ってくれました。いや~かなり勉強になりましたね正直なところ。


 ドラマは、ビッグコミックスペリオールで連載中の「医龍」。ドラマプロデューサー・ディレクター、そして原作の編集長・担当者の方々による、撮影が始まるまでや撮影中のそれぞれの役回り、そして映像化するにあたっての原作からの変更点などを語ってくださいました。特に手術シーンの苦労話なんかを聞くと、かなり気力や根性がいるもんだと再認識。建て前の話だけではなく、ちゃんと裏の苦労する面も聞けたので勉強になりました。

 
 続いて映画部門。コチラは「デスノート」チーム。監督・CGプロデューサー・日テレプロデューサーのお三方が登場。まぁぶっちゃけ昨日までにデスノートを観たかった理由はココなんですよね。観てなきゃ話に加われねぇだろってコトでw
 コッチでも貴重な話をたくさん聞けました。特に、ドコにも出回ってない死神たちの原画の画像を見れたのはラッキーでした。映画の小ネタなんかも感心させられました。

 まずはさくらTV前で粧裕がミサを否定するシーン。ミサの視点から、粧裕を始め後ろの野次馬たちの名前と寿命まで事細かに描写されていました。しかし目のルールにのっとって、顔がちゃんと見えてない人の名前は見えていないそうです。んでもって、少しでもCGの仕事を減らすためにエキストラには極力後ろを向いてもらったんだとかw エキストラの意味まるでナシw

 あと、目を持ってるミサにはLが死んでないコトはバレちゃうんzyないか?って指摘があったらしいですが、コレもLがうつ伏せに倒れていたために顔が見えなかったとちゃんとフォローが入っていました。う~む、映画の評価を少し改めましょう。ディティールの作りこみ・こだわりは自分が少々甘く見ていましたね。あ、ちなみにレムの髪のイメージは水餃子だそうですw
 質疑応答の時に質問したいコトがあったので、果敢に手を挙げてみたんですが時間の都合で質問できずorz またとない機会だったのでちょっと残念…。







 …デスノートが終わったところで後半までの休憩を兼ねた出会いの広場という時間に。コレは日本映画テレビプロデューサー協会の会員…すなわちテレビ局や映画会社・製作会社のプロデューサーと直に会話ができるという素晴らしいチャンス!プロデューサーであって人事の人でなないので、別段就活でどうとか言う話ではないんですが現場の貴重な意見をたくさん頂きました。ちゃっかりNHKの方から名刺をゲット♪






 さてさて、こっからがある意味メインイベント。協会会員の投票によって選出された各分野のヒットメーカーの授与式とディスカッションです。「映画」「テレビ」「出版」「時の人」からそれぞれ1名が選出されました。コレがまぁ豪華な面々で。


 「映画」 三谷幸喜
「THE 有頂天ホテル」脚本 監督

 「テレビ」 大石静
「功名が辻」(NHK大河)脚本家

 「出版」 劇団ひとり
「陰日向に咲く」著者

 「時の人」 蛯原友里
 CanCam専属モデル ドラマCM多数



 ってな感じ。特にかずみんが三谷幸喜ファンなもんで、コレがメインイベントと言わんばかりに嬉しそうでした。しかも三谷さん足首ねんざしてたしw かずみんにも言われたんですけど、三谷さんって背高いんですね。あんまりそんなイメージなかったからビックリでした。同じくビックリしたのが劇団ひとり。コチラもなかなか身長高くて何気に顔がきりっとしててカッコイイです。w
 劇団ひとりは元々芸風とか好きなんですけど、実物見たのは今日が初めてでかなりイメージと違いました。エビちゃんはまぁ、俺の中ではそもそも好きとか嫌いとかのカテゴリの外にいる人なのであまり興味はなかったんですが、流石にモデルって体型でしたね。ありゃ維持大変だろうし努力はしてるんだろうなって感じました。


 司会進行がテレ東の大江アナだったんですけど、進行がグダグダ…。アレは流石に最悪でしょ…それとも今の女子アナなんて所詮その程度なのか。原稿読むだけが仕事じゃないでしょうに、コメントへの返しとかも明らかに興味無さそうだったりとかで…4人も若干苦笑い。その辺を三谷さんや劇団ひとりが流石な感じで上手くカバー。三谷さんなんか、分かりづらい大江アナ
の質問を上手く噛み砕いて他の人に説明したりね、もう司会三谷さんでいいんじゃないかって。

 三谷さん、大石さん、劇団ひとりあたりは活躍する分野が似通ってるので色々ディスカッションできてたんですが、エビちゃんが少々蚊帳の外って感じで呼ばれた側の立場としてはカワイそうでしたね。でもまぁ確かに絡ませづらかったとは思われます。







 …とまぁ終始有意義な時間を過ごすコトができたイベントでした。無計画に2人分申し込んだかずみんにはマジ感謝です。コレを機に放送業界の就活頑張りまっしょいって感じです。

 最後に22階から撮った夜景でもどぞ(´ω`)

CIMG0035.jpg








ブログランキング



人気ブログランキングへ

DEATH NOTE the Last name

2006.11.17.Fri.22:19
death.jpg




 よ~やっと後編を観てきました。しかも今日は5時過ぎから大学で国会図書館の説明会があったので、昼間の回を新宿で観てから早足で三田へと移動という慌ただしい感じ…。公開から2週間ほど経ってしまいましたが、遅い方がネタバレしまくりで感想を書けるってもんです(´∀`)

 ってコトでネタバレ全開でいきますよ~。まだ観てない方はスクロールせんようにね。

















 まずは最後まで観ての結論!ん~なんかこう…微妙。


 誰も知らないラスト…後編の公開前にはこのように銘打ってましたが、コレでラストの半分は提示されていたようなもんです。新約ゼータガンダムでも第三部では誰も知らないラストなんて言ってました。しかし蓋を開けてみれば予想通りのカミーユが精神崩壊しないラスト。
 つまり原作等がある場合に、”誰も知らないラスト”などと言われる場合の結末はただ1つ。


 以前とは真逆の展開。




 この結論に尽きます。それに照らし合わせて考えると、自ずと答えは出てきます。原作同様レムが自分の命と引き換えにLを殺そうとする場面。あそこではLは死なないというコトです。

 しかもこの展開を予想するコトはそれ以外のポイントからも可能です。と言うのも、俺が中盤までで予想していた選択肢の1つにあったのが、実際にLが行った「書き込みの重複による、後からノートに書かれた死の回避」だからです。


 その手掛かりになったのは最初に買ったパンフレットです。まぁ冒頭にも同様の描写はあったんですが、デスノートのルールを紹介しているトコでピンときました。とりあえず前編を観る限り、映画の展開に関係するルールくらいしかパンフレットでは紹介していませんでした。そして今回のルール説明で腑に落ちなかったのがコレ。



 デスノートに一度書かれた人間の死は変更することが出来ない。



 コレが原作通りの展開の場合、一体ドコに関連しているのだろうか?原作を知っている人なら分かると思いますが、このルールが深く関わっているというのが原作と映画の相違点です。そして前述したように、あの場面でLが死なない可能性があるというコトを考慮すると…あの展開を予想するコトはそんなに難しくないはずです。




 コレは予想した展開の内の1つでした。まぁ色々考えてたから完全に読めてたなんて偉そうなコト言うつもりもないですけどねw Lが自分の命を代償にしてまで…というのはやはり大掛かりな仕掛けであって、俺も果たしてこんな展開なんだろうか?ってちょっと自信なかったくらいですから。
 Lは以前に「コレは勝つか負けるかのゲーム」みたいなコトを言って総一郎たちから非難の目で見られたコトがありました。こういった思想がありながら、引き分け覚悟で命をBETってのもどうかなぁとも考えました。最初から勝ちを捨ててるわけで。


 ともあれ、あそこで”Lが死んでいなかった”という仮定の元で考えた展開は上の1つだけです。あと2つ、とりあえず展開を考えていたんですがそれはいずれも”Lがレムのノートで死んでいた”という原作通りの展開を踏んだ後での映画オリジナルのラストです。まぁ今となっては大ハズレなんですが、アナザーストーリーみたいな感じで読んでください。



 -予想ラスト1-
 
 レムはライトの名前も書いていて最終的に相打ち


 コレはけっこうアリかな~って思ってたんですけどね。というのも、レムが最期にライトに対して含みのあるセリフを言ってましたよね?ちょっと内容は覚えてないんですが、フランクに言うと「幾ばくもない余命をせいぜい楽しみな」みたいな…(本編のセリフとは全然違いますw)
 この時、てっきりある程度時間に余裕を持たせてライトの死も書き込んでいたのかなぁって思ったんですよ。少しでも最期にミサが会えるように。って思ってたら全然的ハズレでしたって話ですよ。

 ちなみにラストまで観てからだと、レムのセリフの意味が分かります。リュークに名前を書かれて殺される運命までのわずかな時間がレムには見えていたというコトです。だからこそのあのセリフ。まぁそれだけです。


 -予想ラスト2-

 ミサがライトの名前を書いて相打ち


 どっちも相打ち予想w 結局ライト生存フラグは全くなかったって話です。この予想のポイントになったのが、原作では成し得なかった、肉親の名前を書くという行為。
 家族を殺人犯に殺されてるミサにとっては、このライトの行動は彼女の琴線に触れる禁断の行為。事実、ミサはライトが総一郎の名前を書いたときにかなりの拒否反応を示していました。この行為がきっかけで、原作での魅上のようにライトを見限ればあるいは…ミサが強引にライトの名前を書いて殺害。という展開もあったんじゃないかって感じです。もちろん、ミサのコトだから後を追って自らも命を絶ちそうですが。






 映画全体の流れとしては、簡潔に書くと”短縮した1部に2部のラストをくっつけた”って感じです。原作ファンとしてはもの足りない点はあるものの、おかげで面白い場面も多々ありました。


 ・Lのひょっとこ面

 ちょっとニアの面影を感じさせる一面でした。


 ・清楚のかけらもない第三のキラ・高田

 火口に比べて、より捨て駒感漂うキャラでしたw 


 ・ワタリが一晩でやってしまった

 これによりジェバンニのアイデンティティ崩壊w


 …ってか1つだけしてやられてたのが、このノートすり替え。正直すり替えもしてるとは最初思いませんでした。だってさ、Lを始末(とライトが確信)した後に、ミサのノートを触った時にリュークが見えるようになってたじゃないですか。でも、あのノート偽物だったんですよね?
 だからあそこでリュークが見えるようになったハズないんです。わざとそんな風に見える描写にしたんでしょうが、上手い具合に騙されました。ってコトはアレだ。切れ端に触った時点でリュークは見えてたのね…。




 他にも、1部の時点で松田の射撃は上手かった、何故かあそこで模木…等々興味深い相違点はありました。記憶を失った時と通常とで、白黒の服を使い分けていたのも面白かったですね。後は家族にはライトはキラに殺されたとついたウソ。原作ではその辺触れてませんでしたからね。
 …しかしそれらを台無しにするほど描写不足が目立ちました。



 前編の時も感想で書いたんですが、原作ありきな部分が目立ちました。例えば黒ライトが復活するためのノート所有権トリック。はっきり言って描写さっぴきすぎです。アレだけじゃリュークとレムのノートが入れ替わってるコト分かりませんよ実際問題。
 
 そして腕時計の仕込みも唐突すぎ。それまで全く出てこなかったじゃないですか。少しは挙動不審なライトを注意して見ろ!かなり怪しかったぞ。

 まぁそれもこれも”誰も知らないラスト”なんて盛り上げちゃったもんだから、変に肩透かしを食らう結果になっちゃったんですよね。前編よりは総じてクオリティ高かったんだから…宣伝戦略がマズかったとも言えますね。そりゃCMで原作とほぼ同じシーンしか見せないんだから、じゃあLの死だけ違うのね、なんてコトは考えとして浮かんじゃいますもの。
 ってコトで10点満点中6点ってところですかね。まぁ原作のハードルが高い(特に1部は)んだから仕方ない!コレでもある程度はよくやったんじゃないかと思います。でも、どうせならライト完全勝利の結末なんかも思い切ってやってほしかった気はします。








ブログランキング




人気ブログランキングへ

06’ジャンプ感想 50号

2006.11.15.Wed.01:40
 前回の記事のタイトル、「詰めが甘い」をわざと「爪が甘い」って書いたんですよ、それで誰かがホントに詰めが甘いなぁ~ってな感じでつっこんでくれると思ったら完全スルーされました。
 やはりボケを入れるよりかはツッコミに専念した方が良いみたいです。




 -ムヒョとロージーの魔法律相談事務所-
 圧倒的な戦力差に、ロージーが「僕ダメだ」なんて言ってますが横で同調に苦しむ魔法律家2人を差し置いて何を言うか。無傷はキミだけですが。
 まぁアレで威力が数百倍に上昇するかはさておき、やっとのコトでミックを撃破。しかしアレだけ派手に塔を破壊してちゃ、たちまち他の箱舟たちの知るところになるでしょう。横槍はほぼ確実かと…助かるのは今井サンのみ?
 

 -NARUTO-
 前々回の感想で言及したコトが見事的中。やっぱりナルトは螺旋丸に風の性質を加える係をもう1人作ってました。威力と技のタメ時間は比例するもんですが、コレはいくらなんでも隙ありすぎではないか…。
 アスマから紅への伝言なんてあったっけ?あったとしたらシカマルに耳打ちした玉は誰かの話。そう考えると玉=愛する人だったというコトですかね?
 

 -ONE PIECE-
 シャンクスと白ヒゲ、そしてエースと黒ヒゲが合間見える。先週から物語がどんどん加速していきます。
 シャンクスとバギーがかつていた船は海賊王の船。バギーは強いんだが弱いんだが分かんなくなってきましたねw シャンクスに傷を負わせたのは黒ヒゲ…とか言われてもあの風貌だとイマイチ強く見えないんですよね。まぁワンピースのキャラにはけっこうそんなのがいますが。


 -エム×ゼロ-
 無事試験が終了したものの、また新たな悩みが勃発。魔法が使えるが初心者向けのRIプレートにするか、M0のままにするか。え~と、このマンガのタイトル何でしたっけ?まぁ一気にポイント貯めてゴールドって狙いになると思います。
 その狙いをサポートする、保険のような役割を果たしそうなのが今週出てきた薬の魔法効果。コレを有効活用できればM0の能力も相まって、これからの魔法にも対応できるんじゃないでしょうか?ただ、薬に依存しすぎるのもかなり危険だとは思いますが…今回の試験のように自力で何とかするコトを忘れてしまいますからね。


 -BLEACH-
 強いぞジェントルマン・ドルドーニ。一護もさっさと卍解すりゃいいのに。今必要なのは最大戦速で敵を撃破するコト。それが結果的に体力の温存にも繋がります。基本的に一護は敵を過小評価して己の力を過信する傾向にあります。んでもって今までもそれで死にかけてんのに学習能力全くナシ。
 そりゃ温厚で微妙にギャグ担当なドルドーニさんだって解放しちゃいますって。


 -アイシールド21-
 今と昔のチームを比べる時の石丸のポジションがただひたすらに悲しすぎるw 


 -P2!-
 的当てゲームってコトで卓球をあまり知らない読者にもカットやドライブをコーチング。なかなか上手い手法ですね。ゲーム上は0点ですけど2年の2人もポテンシャルはかなり高いです。今のところ、名前や顔が登場しているのは2年が5人に1年が4人。団体枠は8人…さてさて藍川は個人戦のみでしょうか?最後の1ページ笑ったw


 -リボーン-
 先週まで散々っぱらゴーラ・モスカが凶悪な戦闘兵器であるコトを強調。それにより9代目がモスカの動力源になっていたという衝撃の展開に尚更拍車がかかります。いや~コレは予想できんかったな。てっきりツナの身近な誰かか何かに成りすまして行く末を見守っているもんだと思っていましたが…まさかXANXUSが9代目すら手にかけていたとは。

 
 -HAND’S-
 少しずつハンドに関する描写が増えてきましたね。エースの椎名は空中にいる間に一旦ボールをバウンドさせてゴールを決めたんですかね?ハンドはルール知らないんですが、移動中はバスケみたいなもんでしたっけ?そしたら着地はできないんで上記の行動ってコトなんですが、跳躍力がスゴすぎる…。


 -OVER TIME-
 
 先週の感想より―


 咲倉とやらはモロに1番センターで俊足と言わんばかりの見た目。瀬戸川チームの練習風景ゼロでいきなり試合に突入した場合、確実に最初の見せ場は咲倉の俊足を生かした内野安打かと予想されます。






 …ふふ、ふふふふ。

























 完・全・的・中!!(´∀`)




 いや~ココまで予想が的中すると清々しいっすね。伊達に今まで色々な野球マンガ読んでませんよw まぁ2番のポッチャリ先輩まで俊足とは思いませんでしたが。
 あっとゆ~間に2軍から1軍へチェンジ。ハンデは4点。敵の実力からすれば十分に射程範囲内です。恐らくは同点、下手すれば逆転もアリです。ともあれ、鷹見の剛球とは対称的な、キレのある変化球を攻略しなければ反撃の糸口は掴めません。
 途中でピッチャーが太朗に変わったら面白そうですね。相手チームは大混乱でしょうにw







ブログランキング




人気ブログランキングへ

爪が甘いって人からよく言われます

2006.11.13.Mon.17:20
 件のゼミでの、電車内メディア利用調査。目標の2,000人分に到達した模様なので、データを1つにまとめる作業に入る。

 とは言っても、ひたすらコピペで切り貼りしていくだけなので、難しい作業は皆無。曜日と時間の制約があったから、かなり調査が制限されてたけど、これからは時間関係なしに考察が作成できるぜ~(*ノ∀`)




 などと考えている内にデータをまとめる作業が完了。さてさて、どんくらいカウントしてたのかな~と数を数えてみる。







































  アレ?100人分くらい足りない…(´・ω・`)




















 内回りも外回りも均等に調査したはずなのに、どうして片寄りができたのでしょうか(つд⊂)
 必死に脳内で、それぞれの調査の様子を思い起こすと、該当する出来事を思い出しました。



 それは先週の火曜7日のコト。様々な企業の合同説明会に参加するために、ゼミが始まる前に水道橋へと赴いた時のコト。



 行く前にちょいと調査をしたんですね。んで俺の担当範囲は池袋~田町間。水道橋行くときに新宿から中央線に乗ったんで…






  大崎~池袋

 の調査した後


  池袋~新宿

 をやって乗り換えしたから…







 ココかぁ!原因はorz




 この駅数の差が最終的な100人という少なさに影響していた模様です。何だよ、せっかく終わったと思ったのにチクショウ(´・ω・`)


 気分的に100人だろうが1,000人だろうが精神的ダメージが一緒っぽいです。終わったと思ったらまだだったって点では。


 ってコトで明日はゼミの4限だけなのに朝から出動しますよ全く…。








ブログランキング




人気ブログランキングへ

電車内でのある一幕

2006.11.10.Fri.13:43
金曜日は4限の1コマだけだっつ~のに、朝からゼミの調査のために山手線をグルグル…。ゼミで電車内のメディア利用調査ってのをやってまして、ひたすら電車内で誰が何をしてるかを記録して統計を出すのです。
俺の担当は山手線の池袋~田町間でノルマは2,000人。時間や曜日、はたまた天候にまで調査制限があるので調査の時間を取るのがなかなかに大変です。まぁ何とかもう少しで終わりますけど…あ、新聞にも載る予定なので乞うご期待☆


昨日がバイト大変だっただけに今日は調査するのがキツかった(´Д`) ケンタは11月くらいから売り上げが尋常じゃないほど伸びるので大変です。そしてあと数週間もすれば街のあちこちやブラウン管から聞こえてくる、竹内まりやの悪魔組曲。



♪ク~リスマスが今年もやぁ~ってくる~


そうね、今年もやってきちゃうよ…。




そんなこんなで昨日の疲れが完全に抜けてない状態で調査開始。何より車両をひたすらに移動するので、調査時間の2時間は全く座れません。しかも込んでると移動も困難だし…げふぅ(*´Д`)=3





しかし、そんな俺の心と体を癒す、とっても和む1コマがありました。




それは若いお父さんと幼稚園の女の子の会話。







父:お昼に何が食べたいですか~?

娘:お昼~?

父:そうです。お昼に何が食べたいか考えてください。



(娘、しばらく思考中)



























娘:ん~焼き鳥!!

















父:焼き鳥!?昼間から焼き鳥売ってるトコなんてあんまないだろ。

(意外に冷静で的確なお父さんのツッコミ。同じツッコミ族として心から称賛いたします。










娘:でも焼き鳥~。

(キミは仕事上がりのサラリーマンか。)


父:ほら、ハンバーグとか美味しくていいだろ?














娘:じゃあマクドナルドかぁ~。








父:いや、それはハンバーガーだろ!?

娘:違うの?








…その後、必死に我が娘にハンバーガーとハンバーグの違いを力説するお父さん。






和んだ(*´д`*)






もうなんか疲れとか吹き飛んじまったよ。親子のスゴク素晴らしく微笑ましい会話でしたよ。将来家庭持ったらあんな子欲しいな…マジで。仕事終わって疲れて帰宅しても毎日やっていけそうな気がするもんw

リアルに「よつばと!」のよつばと父ちゃんみたいな感じでした。


あずま きよひこ / メディアワークス
Amazonランキング:1864位
Amazonおすすめ度:
いつでも最新巻が、いちばん楽しい漫画。
すげー
読む人を選ぶかもしれない




ちなみにこのマンガもほのぼのしてマジ面白いんで、是非読んでみてください。もう幼い頃の懐かしい記憶が思い出されて、読み終わると虚無感で死にたくなってきます。









ブログランキング








人気ブログランキングへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。