スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングへ

どんな検索ワードで来るの?

2006.12.15.Fri.23:50
 最近あまり体調が思わしくありません。昼間にしっかり休んで、それでやっと夕方以降からまともに動ける感じ。まぁクリスマス直撃しなかっただけマシかもしれませんが。

 って感じであまり外出してないのでネタがありません。ネタが無いなら自分で作れ。はい、おっしゃる通りで…。

 久々にやります、アクセス解析を利用した「どんな検索ワードでこのブログ辿り着くのよ、キミたち?」

 タイトルに一貫性が無いのは毎回思いつきだからです。気にしたら負けです。ってコトでココ最近の検索ワードで気になったものやそれはね~よと思わず反応してツッコんでしまったものまで色々紹介。ほな、いきまっせ~。



 ちなみに毎月いつもトップの検索ワードは「三角頭」です。やはり三角サンはみんなのヒーローのようです。


「8人 ラフティング 秩父」

 恐らく、夏にサークルで行ったキャンプの記事に反応したものだと思われます。まぁ秩父でラフティングのコトを検索したかったのは分かります。が、既に人数まで限定しています。定員なんて探してから調べればいいのに…何故に検索の時点でこうも細かい絞りをかけたのでしょうか。



「斉藤慶太の通う大学」

 
 知りません





「パイレーツオブカリビアン デッドマンズチェスト ラストに出てくるのは誰」

 
 パイレーツオブカリビアンを2から観て、俺同様の感想を持った人がいたようです。しかし、検索エンジンってのは別に質問入力したら答えが出てくるわけではありません。コレは検索の仕方が悪いよなぁ…。




「ブログ バド サークル 飲み会 合宿 4日目」


 4日目じゃないといけない理由があったのでしょうか。しかもコレで検索かけたらこのブログ出ませんでした。ど~ゆ~コトでしょうか。




「キャンパスパーク 裏」

 コレについては多くは語らず。まぁそゆコト。ちなみにミス慶應・及び候補者はたいていココの人が毎年います。




「向日が止まらねーっ!」


 やべっ、思い出し笑い…あのサーカス芸人サンは今頃何してんでしょうネ。



「柊(父)×九澄」


 …(゜Д゜)。こ~ゆ~のけっこう検索であるんですよね。キャラとキャラの間にある×の記号…。ボーイズラブ恐るべし。



「ホントにできるデビルバットゴースト走り方」


 なぬっ!?できるのかアレ!?


「大学生の裸」

 見たいんでしょうか?ちなみに7月に3人コレで来てるみたいです。



「慶應 週刊少年ジャンプ 図書館情報」


 明らかにこのブログ狙い撃ちしてるよな…この検索語。ってかココまで分かってるならブログ名覚えた方が早い気がするんですが。「ほら、アレだよアレ。慶應の図書館情報のヤツで週間少年ジャンプの感想書いてるの…」みたいなシチュエーションなんでしょうか。




「小説 グロ カービィー」


 恐ろしい…グロいカービィなぞ見たくないっす(((゜Д゜)))



「準2級 英検 ぐっちゃん」


 今回ので一番のツボ。誰だよ、ぐっちゃんてw しかも英検絡み。



「結局卍解」


 コレもうけたw この4文字は深いです、色んな意味で。




 って感じですかね、今回は。アクセス解析系統はある程度データが集まらないと何もできないんで、また面白いのが溜まったらこの企画やります。






ブログランキング



人気ブログランキングへ

図書を大切に扱えやぁ!(゜д゜)

2006.12.13.Wed.04:12
 様々な企業から送られてくる一風変わった郵便物を紹介シリーズ第2弾。三菱から派遣された恐怖新聞の次に来たのは…


















 タウンページ?かと思いきや、ダンボールに何やらたくさんつまってそうな企業研究と銘打った箱が。我が家でこのポジションに置かれているものはタウンページくらいですからね、あぁ新しいヤツかと正直思ってしまいました。

 折りしも、その日はテレビ朝日の「job meeting」に参加した帰りでした。んでもってテレ朝で頂いた色んなグッズを手に持っていたので、また何かお役立ちグッズでも入ってんか?と、その箱に興味深々。



 意気揚々と段ボール箱を開封するとそこには…ダイレクトメール詰め合わせが。なるほど、こういった手口か。コレからは変わった形状のものでも、企業からって時点であまり期待しないようにします。







 それは言いとして、今日の本題はコッチ。最近は就活の話題が多かったですがあくまで本命は図書館。ってコトで図書館に関してひじょ~に気になる記事があったので取り上げます。




 -図書館の本、傷だらけ…「切り抜き」「線引き」横行-



 各地の公立図書館で、雑誌などから写真や記事を切り取ったり、専門書に蛍光ペンで線を引いたりするなど、図書を傷つける行為が増加している。

 中には、閲覧室で堂々と雑誌を切り取り、職員から注意されると「どうしていけないの」と反論する人もいる。

 公共の財産を傷つけてはいけないという最低限のルールを破る行為の横行に、図書館側は「社会全体のモラル低下の表れでは」とため息をついている。

 東京都世田谷区の区立中央図書館(同区弦巻)で被害が目立ち始めたのは5年ほど前から。徐々に悪化し、資料係の越後信子係長は「最近では1日2、3件のペースで切り取りや書き込みが見つかる」と話す。

 越後さんには忘れられない“事件”がある。3年ほど前、館内で若い女性が最新号のファッション雑誌からヘアスタイルの写真をカッターで切り抜いていた。驚いて注意すると、女性は悪びれる様子もなく「どうしていけないんですか」と言い放ったという。

 同館で最も多いのは、雑誌から人気アイドルの写真が切り取られるケース。このほか新聞の縮刷版から丸々1ページが引き抜かれたり、論文を掲載した書籍に300ページ以上にわたって線を引かれたりもした。

 同館はやむなく、頻繁に被害にあう雑誌は書棚に置かず、カウンターで貸し出す方式に切り替えた。それでも切り抜きがやまなかったアニメ雑誌は購入を取りやめた。ひどく傷ついた本は買い替えが必要となるが、年間の図書購入費の総枠が決まっているため、新たな図書の購入を減らさざるを得なくなる。

 本を傷つける行為は刑法の器物損壊罪にあたる恐れがある。しかし、「とにかく『罪の意識』が薄い」と越後さんはため息をつく。

 横浜市の市立図書館全18館では、今年6~9月の間、切り取りや書き込みなどで処分せざるを得なくなった雑誌や本が計921冊に達した。被害額は約147万円。被害は中高年向けでも見られ、同館の担当者は「幅広い年齢でマナーが低下している」と話す。

 千葉県の市川市中央図書館でも、多い時には月に約100冊の被害があった。

 全国の主な図書館が加盟している日本図書館協会(東京)の担当者は「図書が傷つけられる被害は数年前から著しくなった。図書館の側も、本を傷つけないよう呼びかける掲示・展示をしたり、館内の見回りなどを強化したりする必要があるが、職員数などの面から限界もある」と話す。

(2006年12月12日15時34分 読売新聞)


リンク元:http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20061212i508.htm












 こら~!!! \(゜Д゜)/





 ホント信じられません…正直言って、バカですか?って聞きたくなりますよ。しかも注意したら「どうしていけないんですか」って…ゴメン、この人の思考回路が心底理解できません。解説できる方いたらマジでお願いします。

 
 社会全体のモラルの低下とは言いますが、まさかココまでとは…もうココまでくると一種の病気なんじゃないかとさえ疑いたくもなります。俺自身も、借りた図書に書き込みを発見したコトは何度かあります。しかしまぁ、大体は鉛筆書きだったりなんだりで…それもホントはダメなんですけど、この記事みた後ではそのくらい良いかって錯覚してしまいます。


 はっきり言ってこれらのケースは、器物損害以外の何ものでもありません。図書館の図書・雑誌という備品を故意に破損させているんですから。だいたい、書き込みしたり記事でスクラップ作りたいなら買えっつ~の。もしくはコピーしたのでやれよ。それなら誰も文句言わないから。

 しかし図書館にある図書・雑誌はみんなの税金…みんなのお金で買ったみんなのものです。一個人が我が物顔で記事を切り取ったり、消えない痕を付けていいわけではありません。ってかそんなコトをわざわざ説明しなきゃ分からないんでしょうか?あ~書いててホントにイライラしてきます。

 現在、図書館の資料購入費というのは徐々に削減の一途を辿っています。少ない予算で、どうやったら地域の人々にとって満足のいくコレクションを作れるか?どの図書館でも図書の選定には常に頭を悩ませいます。
 横浜市の市立図書館を例に取ると、6~9月の4ヶ月間で921冊・約147万円…1年だと単純計算で2000冊弱・600万円弱にも上ります。それだけの本やお金がはっきり言ってドブに捨てられているも同義なワケです。一部の常識知らずな人たちのせいで。図書館の資料を紛失・破損してしまったらそれ相応の弁償をするのが当たり前です。図書館だってお金出して買ってるんですから。図書ならまだ、出版さえしていれば入手は可能ですが雑誌等の逐次刊行物はそうもいきません。故にその図書館では欠号があるという事態が発生していしまいます。
 コレは図書館のコレクション形成という観点からすると、とても致命的な欠落になります。そういったコトに少しでも考えが回らないものなんですかねぇ。とにかく、こういったケースは罰則を設けて然るべきだと思います。しかし定義が難しい。図書館員が館内を常に見回るわけにはいきませんし、「最初からこうだった」と言われるとそれ以上言及もできません。そうなると、やはり現行犯でないといけませんね。
 入り口かなんかにデカデカと注意書き(罰則)書いといて、現行犯で見つけたら問答無用!そのくらいの厳しさがないと被害はどんどん広まっていくだけだと思います。「自分たちの税金で」なんて言い訳するバカも中にはいるかもしれませんが、その行為は確実に公共の福祉に反する行為です。なのでしょっぴかれても文句は言えませんよね~(´∀`)
 
 この問題に関しては、個人的に事態の推移を見守っていきたいですね。今後、どのような対策が講じられるか?そしてその効果は?図書館だけでなく社会全体でのモラルにもつながっていきます。ちょっとコレで卒論書けないかしら。「図書館での問題行為に見る社会全体のモラル」ってな感じで。ん~どっちかって言うと社学や人科の人たちがやるべき問題かなぁ。そっち専攻の人で社会モラルとか勉強してる人がいたら、一度話を聞いてみたいもんです。
 





ブログランキング




人気ブログランキングへ

07’ジャンプ感想 02号

2006.12.11.Mon.23:56

 地味に、るろうに剣心・完全版の広告が気に入ってます。特に今週の方冶の購入への熱意は大爆笑でした。通常版を全部持っているので、完全版は買いませんが、ますますDVD-BOXの到着が待ち遠しくなりました。


 -M&Y-
 新連載第2弾。読切を見たのは今年でしたっけ?そんな古くない気がします。読切からの変更点は、巻き込まれる一般人が男になったコトくらいでしょうか。んでもってサイガイストを狩りに各地を転々というパターンではなくしばらく同じ場所に留まるみたいですね。
 少し経ったら青龍家と玄武家の人間も出てくるんでしょうか。青龍が「水」で玄武が「地」か…ううむ、分かりやすい。本来朱雀家は「火」以外の3種と契約できるってコトは、将来的にそういった朱雀の人間が出てくるってコトでしょうね。何となく仲間よりは敵っぽい感じではありますけど。


 -ONE PIECE-
 さしものフランキーも急所まではサイボーグ化してなかったようで。男にしか分からんこの痛み…。ちなみに、小学生の頃にチームで一時期キャッチャーをしてましたが、ショートバウンドの捕球し損ないや打球が急所にあたって悶絶した記憶が甦りました…(((´Д`
 別れ際はちょっとサンジっぽかったです。来週は海軍相手に新しい船の力を発揮ですね。


 -NARUTO-
 どうやら今週の岸本先生は少々富樫病にかかった模様で原稿の出来が不安定でした。そしてやっぱり生きてた角都さん。しかも背中から何かズルズル出てきました。それぞれの面は違う属性の術が使えるってコトでしょうか。本人が「土」を使えて、面で「風」「雷」「火」…雷切で倒したのが「水」ってコトですかね?どうでもいいですけど、どの術もそれぞれの属性っぽくない術名ですね。


 -BLEACH-
 ドルドーニ名前長ぇよ!カタカナって覚え辛いんですよね…それぞれの文字に意味が無いから。漢字と違って、言葉の語感でしか違和感を感じないので厄介です。と、世界史の人物を忘れた時の言い訳にしてみる。
 なんか十刃のメガネが出てきました。このメガネはなんか企んでそうですし、ブリーチに出てくるメガネは一癖も二癖もある連中ばっかです。そして一護チームのメガネさんはチルッチちゃんに目下苦戦中。ってアレも斬魄刀なのかしら…でも柄あるしなぁ、縁日のおもちゃみたいです。


 -アイシールド21-
 度重なる泥門の攻撃も王城には通じず…。どの攻撃もけっこう意表を突いたはずなのに、冷静に対処する王城守備陣。守り堅いですね~、攻守交替で次週は、攻撃力も増加させた王城の攻撃です。


 -魔人探偵 脳噛ネウロ-
 「刹那」とか「六徳」とか「弾指」とか懐かし~、小学生の頃そろばん習っててよく覚えました。なんか計算帳の後ろに数の単位が全部書いてあってなんとなく全部覚えてしまいました。今でも上は「無量大数」下は「浄」まで空で言えます、それも超速で。数少ない自分の特技っす。
 最後のページ、刹那が言った「一瞬の刹那」という言葉。日常における一瞬とは刹那の時間を指すので、非常にしっくりきて綺麗な表現だと思いました。


 -ラルΩグラド-
 なんて欲望に忠実な主人公だw まあ前回からですが。そして今週から登場の敵集団もドコか方向性がオカシイ気がします。ゲームの絵とあまりにもかけ離れてるだけに…コレっていいのでしょうか。


 -D.Gray-man-
 ブックマンはかつて、成り行き上たまたま黒の教団側にいると言っていましたが、デビットの言い方からするとノア側にいた時期もあったみたいです(ブックマン一族の誰かが)。ジャスデビの能力は想像したものの創造ですか…銃を使ってるのはたまたまみたいですね。前もって現象に名称を付けといて、発動したい時に名称を言って用意していた想像をすると。となると、どちらかの思考を乱すコトができれば勝機はありそうです。狙うとしたらジャスデロか。


 -ムヒョとロージーの魔法律相談事務所-
 殴り込み中止の理由は通行証を手に入れるため。当面は通行証の発見・取得と平行してアイビーとの戦闘かな。通行証の力でより強力な使者を用いてアイビーを倒すとか?


 -テニスの王子様-
 「最初から入れ替わってへんのや!!」…ってだから言ってるだろ、靴や靴下が一緒だっつ~の。それにサーブの順番だってあるんだしさぁ…まぁ真面目にテニスしてないから良いけど(いいのかよ)。
 タカさんは申し訳ないが捨て駒臭がプンプンします。テニプリの何がつまんないかって、先に3勝だからリョーマに回るまでの勝敗が簡単に予想できちゃうんですよね。仮にタカさんが奇跡的に勝利を収めた場合、手塚・乾ペアが負けるってコトです。コレだけやって、リョーマ・金太郎戦が無かったらそれはそれで神認定。


 -P2!-
 王華の監督さんはましろんの関係者みたいですが、苗字違うし…もしや複雑な親子関係?強豪校に、主人公の所属するチームの親族(しかも目の敵にしている)がいるってパターンはスポーツ系ではよくありますしね。
 んでもてアキラは女の子でした。アキラが1人で考えて1人で悟る図は何ともシュール。3カメの構図がナイスです。
 







ブログランキング





人気ブログランキングへ

早慶マスコミセミナー

2006.12.10.Sun.23:25
 とある日、帰宅して家の郵便受けを見上げると異様な光景が…


 




          





 何ですかコレは。





 明らかにポストとの比率がおかしいです。日経産業新聞なら講読してますが、恐怖新聞を購読した覚えはありません。

 と思ったら三菱からのダイレクトメールでした。大きくはみ出たあの物体を組み立てると、書類の整理に便利そうな箱ができました。おぉ、コレは使えるじゃないか。こんなダイレクトメールならいつでも大歓迎ですよ、ありがと三菱さん。特にエントリーはしませんが。




 まぁその話は置いといて(/∀・)/

 今日は早慶マスコミセミナーに参加してきました。ミクシィに同名のコミュがあって、今日がその第1回のセミナーだったんですね。早慶所属の人間限定のマスコミセミナーって…なんか他大の学生からは白い目で見られそうですがw
 大学の枠を超えて就活を互いに切磋琢磨するってのが目的でして、早稲田と慶應が力を合わせるってのも中々いいもんです(´∀`)


 場所も白金高輪の区民センターだったので、俺のチャリ通学路ど真ん中!もちろんチャリで乗り込みましたよ。内容としては、前半で来てくださったOB・OGの方々から色んなためになる話を聞き、後半は少数グループに分かれてのディベート対決×2回。行くテーブル行くテーブルで妙に慶應の人数が少なかったですが、ディベートはかなり勉強になりましたねぇ。あまり時間がなかったんですが、限られた時間内で皆の意見をまとめて主張するってのは、割り振られたテーマで賛成・反対どちらになったとかでも何かと変わるもんですがテクニックも要るんだなぁと実感。短い時間でしたけど、実践スキルとして得たものは大きかったです。ちなみに1勝1敗、広告テーマで勝って報道テーマでは負けちまいました。

 また、中学の時のスクール21での大砂土中の同級生と再会するなどサプライズもw アレはホントびっくりしたわ。
 終わった後は近くのインドカレー屋へ。インドカレーには苦い思い出しかありませんでしたが、美味かった(゜Д゜)ウマー 白金高輪周辺は、特に知り合いも住んでないし普段は大学への通り道って認識しかないんでお店とか全然知らなかったんですが、これから少しずつチェックしてみようかな。
 基本的に今日は慶應の人とはほとんど喋らず、早稲田の人ばっかでしたね。まぁ高校も付属だっただけに他大に知り合いがあまりいないので、こんな機会もたまには良いかなと思いました。これから共に就活を頑張る仲間ですし。


 ってな感じで、早稲田・慶應でマスコミ関係の就職を目指してるみなさん。是非、早慶マスコミセミナーに参加して一緒に頑張りましょ~♪ 他大の人、ホントごめんなさい。。。






ブログランキング

人気ブログランキングへ

07’ジャンプ感想 01号

2006.12.08.Fri.23:57
 07年号に突入したジャンプ感想。いつまで続けられるやら…。

 
 -ラルΩグラド-
 ゲームの方の世界観とかは全然知らないんで、マンガとゲームを比較してどうとかは言及してません。そもそも箱持ってないし。ただ、ゲームのイラストが鳥山明なだけに随分印象が違います。加えて初回でのインパクトが段ちです。特にちぶ(ry


 -ONE PIECE-
 エースと黒ひげがどうなったとか、フランキーは仲間になるのかとか、そんなコトよりも重大な問題。パンツを口に加えてチョッパーの鼻はダイジョブなのか。やっぱ嗅覚発達してるでしょうし、マヒしないか心配です。


 -BLEACH-
 崩玉が手に入る前から十刃が存在していたってコトは、藍染はけっこう前から準備をしていたって感じですかね。その動向に全く気付かなかった護廷十三隊って一体…ヴァイザードでさえ色々掴んでたのに。
 身を挺して一護の退路を作ったドルドーニのオッサン自体は渋いんですけどね、まぁ死なないんだろうなぁって考えちゃうとあまり緊張感が漂いませんね。ど~せまた出てくるでしょうに。


 -NARUTO-
 五大性質の優劣って…ただの五行説じゃんw外周に相克を持ってきて、木が雷になって金が風に置き換わっただけですね。しかもこの優劣こそ忍者学校で教えるべきでは…そうしないと技の鍛錬とか意味ないでしょ。
 んな感じで土と雷の優劣を解説しつつ、戦闘ではその関係そのままにカカシが角都を瞬殺…いや、なんか死んでなさそうな気がするのは俺だけですか?こうもあっさり片付くわけがないかと。


 -ムヒョとロージーの魔法律相談事務所-
 何はともあれ、リオとビコの絆…奪還成功!ってコレじゃマンガどころか出版社が違いますね。と思ってたらペイジからの作戦中止命令が。あのオッサンは今井サンが拉致られたコトも、リオが戻ってきたコトも知らないんですよね。まぁティキに関する重要な情報が得られたからでしょうが、もうちょい働いてる人間の気持ちも考えてくださいよ。
 ついでに言うと、メールで同じ文面を繰り返す必要はなかろうに。


 -テニスの王子様-
 なんか以上に掲載順位が後ろですが、終わりが近いんでしょうか?準決までで終わったら神認定ですね。今週は二番煎じのオンパレード。人の技が使える人種など大量にいるこの世界で今さらモノマネ。まぁそれでもモノマネで跳躍力が格段に上昇してる辺りテニプリならではです。
 そして入れ替わり。コレも立海だったけか?がすでにやってます。ついでにいうと今回のは入れ替わってません。マスク・ジャージ等はおろか、靴・靴下まで先週と一緒です。まぁそこまで履き替えてるなら…ってわけでもないんです。1億歩くらい譲って立海ペアの入れ替わりが可能だったとしましょう。アレは試合開始前からなので、途中で入れ替わったりはしてません。しかし今回、途中で入れ替わったとなれば違うプレイヤーがサーブを返したコトになります。それは流石にダメだろうよ…ってかマジメに考えてる俺がダメなのか。


 -HAND’S-
 やはり終わりを迎えたのはこのマンガ。まぁ半分くらいヤクザとの絡みでしたからね。そこが致命傷か。








ブログランキング




人気ブログランキングへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。