スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングへ

07’ジャンプ感想 17号

2007.03.28.Wed.17:51
 ジャンプの感想を書く際に、たま~にスキャナで画像使用したりしてます。主に「テニスの王子様」で。今週は休載だったので画像は使用しておりません。あまり他のマンガでは使う機会ないんですが…やはり口では説明しづらい描写が多いのが原因なんでしょうね…。



 -ONE PIECE-
 徐々に明らかになる今回の敵勢力。島じゃなくて海賊船だと判明したので、敵も海賊…一つの組織というコトになりますが、頭はモリアなのかホグバックなのか。用心棒みたいなのはモリアじゃなかったんですね。確かにブルックと口癖が一緒ですが、まぁ流石に他人でしょうし、ブルックはドコ行ったのやら。


 -BLEACH-
 うわ~今週の進展具合すごいです。刀身を数センチ伸ばしただけ。しかも他の技と違って舞にもなってない。

 そして十刃唯一のギリアンだと言っていたアーロさん。油断も慢心もありまくりで「白刀」発動の間隙だらけでした。皮肉にもその脇の甘さが自分の言っていたギリアンたる所以だったようにも思えます。まぁその三万の虚を巨大化ではなく、凝縮して内に留めて力を最大限発揮するみたいな「天鎖斬月」的発想のパワーアップだったらもっと強くなれたんじゃないですかね。合掌。


 -リボーン-
 やっぱり自称「アルコバレーノのなりそこない」ラル・ミルチでした。しかし10年前は他と同じように赤ん坊の姿でしたが、今では普通の体型。体が成長し、今なお生きてるのもなりそこないなのが原因らしいです。そして他のアルコバレーノが既に死んでいるコトをツナと獄寺に伝えます。アルコバレーノの呪いだか何だかが関係してるっぽいですね。

 っつ~かリングを用いた能力バトルに方向転換している気が…。なんか悪寒がします。急に見知らぬ森の中ってのがあまりにもタカヤ的だったので。


 -NARUTO-
 何やら水月は元霧隠れ(だっけ?)の忍っぽいですね、再不斬なんて懐かしい単語も出てきました。かつて自分が白の攻撃から身を挺してナルトを守った場所…その橋も今は完成していて「なると大橋」の名を冠したようです。その橋を見ても特にサスケは感慨に耽っていないようで。
 そして再不斬と白の埋葬されている墓から首斬り包丁を水月は得ます。初登場時は液化しているというバイオライダー的な感じでしたが今やクラウドです。


 -アイシールド21-
 いや、流れとしてはとても感動的な感じなんですが、最初の頃に本庄という名前が出てきた時は明らかに新庄のもじりみたいだったので、ちょっと本庄という人のデカさが霞んでしまった気がしました。

 ついでに言うと、関東大会始まってから「キャッチ№1」の話がぐるぐるループしている気がしてなりません。


 -D.Gray-man-
 前回に引き続き閉じ込められるリナリー。本人は「閉じ込められただけ」と言ってますが、本来は閉じ込められたコト自体が大問題なんですけどね。どうにもこの娘は拘束されるコトに慣れてしまったようです。

 そして今週は珍しいコトにディグレで富樫病発生です。表紙でノア2人をラフ調で表現~と言えば聞こえはいいですが、断じてそんなわけありません。特に普段から画が安定している星野先生ですから。最近忙しいんですかね?

 とりあえず戦闘の方はイマイチ何やってんだか分からんかった。


 -魔人探偵 脳噛ネウロ-
 
 ジブリ監督堕つ!宮迫社長が依頼虚しく死んでしまいました。いつもの如く推理に必要な情報を読者に全く与えてくれませんので(´・ω・)ソモソモ推理スルマンガジャネェカ 

 まぁ多分犯人はアイツ…みたいな目星は付きました。今回は何となく動機も分からんでもないです。まぁ勘なので外れたら笑ってください。


 -サムライうさぎ-
 草もちにマズイ草もちは無いと信じたいが…(・ω・`)やべ、カツオのたたき食べたくなってきた、今日の夕飯それにしようかな。

 ってコトで七菜村…ええい、言いづらい。七菜村編(?)です。村独自の信仰ってのも当時はけっこうあったんでしょうねぇ。それが商業路線に走るもんだから、どこぞの神様の誕生を祝った一週間後に神社行く習慣できちゃったんでしょう。ななな祭りから察するに、ナナガミ様のご神体はDJオズマというオチに1000ガバス。


 -エム×ゼロ-
 ルーシー抜きでM0使わず、まぁツキもありつつ九澄の勝利でしたね。終盤のトラップ回避は流石にご都合主義っぽかったですけど、前半の魔方陣突破はらしいと言えばらしいですね。全く言及されないタッチのネタが何だったのか気にはなりますが。


 -ラルΩグラド-
 今週の教訓。自ら乳を差し出す女には注意せよ。話の流れからすればそうなんだけど何か間違ってる気がする…。


 -ムヒョとロージーの魔法律相談事務所-
 五嶺がパケロに対して腰の低い態度を見せていた割にエビスがえらく上から目線です。すっげぇ強いはずなのにおまえ呼ばわりしちゃってます。

 パケロはムヒョが召還する使者たちとは異なり、トリッキーな戦い方が特徴なんですね。とりあえず水も自由に使役できるみたいなんで、かなり強いんじゃないでしょうか。


 -P2!-
 あ、絶影の返しはたまたまラケットに当たってリターンされちゃったんですね。相馬の敬礼の下りはけっこうグッときました。というより敬礼って好きなんですよね。ポーズだけでなく、顔からも敬礼する対象への敬意が読み取れる様が。メタルギア3でのエンディングのボス(の墓)への敬礼とかもう最高。

 もうちょっと欲を言えば、敬礼の場面。馬に乗るのはいいんですが、場所が土手という素晴らしいギャップ。金八先生でもやって来そうなほどの土手です。そこに馬って。
 前に新宿のど真ん中で、警視庁騎馬隊の馬見たときはすっごい感動しましたけど。まぁ乙女がいたコトは既に指摘していたので特に今さら言及するコトもございません。問題は来週、卓球部の今後の方向性がどうなるかでこのマンガの生き死にも決まってくる気がします。







ブログランキング

スポンサーサイト

人気ブログランキングへ

これほどゲストの株を軒並み下げる番組も珍しい

2007.03.26.Mon.23:15
 今年の春のセンバツ、最も応援に力を入れてるのは日大藤沢でした。というのも俺の叔父さんが日大藤沢の野球部員で、当時甲子園出場も経験したそうです。甲子園に出場するのは久々なので(本音を言えば慶應にも出場してほしかったけど)、日大藤沢の名を全国に知らしめるために頑張ってくれ!と思ったら速効で負けたー(゜Д゜)

 9回表・日藤の攻撃が終わって「延長だなこりゃ…」と思いつつちょっとトイレに行き、帰ってきて再びテレビを点けたら両校整列中。先頭打者に初球を運ばれたとか何とか。試合終了の瞬間を見逃すととても虚しい気分になります。





 それはそうと、久々に酷い音楽特番観ましたよ!24日に日テレで放送されてた夢の歌謡祭 ミリオンアーティストライブ2007って番組。

 その名の通りミリオンヒットを達成したアーティストをゲストに迎えてのライブなのだそうだが…。とりあえずゲストアーティストは以下の通り。





 EXILE、Every Little Thing,大黒摩季,CHEMISTRY,倖田來未,
コブクロ,小柳ゆき,THE 虎舞竜,シャ乱Q,TRF,PUFFY,中島美嘉
,MAX





 統一感無さすぎです。んでもって司会が徳光和夫、押切もえ、藤井隆の御三方。

 徳光さんがたまに何言ってるのかよく分かりませんでしたが、問題なのは押切もえ。去年のレコ大の時、エビちゃんと2人で司会をやったそうですが俺は観てなかったので「ヒドすぎる」という周囲の意見がどの程度のものなのかよく分かりませんでしたが…皆の言ってるコトがよく分かりました。



  

 アレはひとすぎる。




 カンペもろくに読めないんですかあの方は。メチャクチャ棒読みじゃないですか…おそらくレコ大の時も似たような感じだったんでしょうね。あの棒読みはひどすぎる、ちなみに相方のエビちゃんも「OC」のCMで素晴らしい棒読みっぷりを披露しています。

 各ゲストへのコメントも取って付けたようなものばかりで、ライブの感想も大抵が感動の一言。せめてもうちょっとバリエーション増やしましょうよ。全ゲストに向かって「大ファンなんですよ~」とか言ってるんだから。その割に、その大ファンのアーティストがライブやってる最中にお色直ししてましたけどね、しかも2回。



 ゲストにしても疑問というか解せない点が多かったです。何でオファー承諾したんだろ?はっきり言ってほとんどが株を下げてたと思います。過去に歌がメチャクチャ売れてミリオン突破しました~みたいなVTR流しといて、今さら「じゃあ歌ってみましょうか?」ってノリ。


 本人たちには大変申し訳ないですが、大半が「あの人は今?」状態。かつての声量は出ず、無理して息切れ。既にトークの時点で喉が限界で、歌では多少持ち直した大黒さんにはプロ根性を見させてもらいましたが、それでも観てて辛いものがありました。コレほど視聴者が恥ずかしくなる音楽番組もないでしょうに。地元が近い小柳ゆきが中でも上手くてびっくりしました、アレは素直に感心しました。


 
 ゲストの中でも虎舞竜が一番異質でした。どんな意図で彼らが?と思いましたが、後にコブクロも出てきたので何とな~く意図が読めたような感じ。もうすぐ行われる都知事選でも票集めが目的でしょうか、最近特番に夫婦でよくご出演なさってるそうですし、マチャミもドラマ出てましたね。あ~宗教ヤダヤダ(´・ω・)



 っつ~かコブクロ→小柳の流れで大トリがELTってのは何。もっち~潰しですか?しかもあえてfragile歌わす理由は何さ全く…もうあの時の声は出ないんだから。昔の声の後で実際に歌わすとか公開処刑以外の何物でもないですよ。アーティスト自らに無理やり持ち歌と決別させてる感じ?何か観てて非常に腹立ちました、ええ。

 番組終わった後、 大好きなfragileの「White Roses Remix」聞いてたら何故か泣けてきました(´;ω;`)




Every Little Thing, Mitsuru Igarashi, LAURENT NEWFIELD, SERGIO DALL’ORA, LUCA DEGANI, BRATT SINCLAIRE, DAVE RODGERS / エイベックス・マーケティング・コミュニケーションズ(2001/09/05)
Amazonランキング:52217位
Amazonおすすめ度:





 普段だったらこんなの笑って流すんですがね…ココまで陳腐で稚拙で、尚且つ下らない番組は久々でした。だからこそ書かずにはいられないって感じでした。はぁ~就活中だから変にストレスでもたまってるんですかね俺。







ブログランキング





人気ブログランキングへ

SAW3

2007.03.24.Sat.23:39
 映画館で観ようと思ったらなかなか行く機会に恵まれずに結局DVDといういつものパターンです…。



/ 角川エンタテインメント(2007/03/16)
Amazonランキング:152位
Amazonおすすめ度:







 そんなこんなで「SAW3」。まずは簡単にあらすじ紹介。


 息子を交通事故で亡くしたジェフは、目覚めると食肉工場の地下室にいた。扉を開けると、そこには鎖につながれた3人の男女。最愛の息子を飲酒運転でひき殺した男、犯人に軽罪しか与えなかった判事、そして事故を目撃しながら証言しなかった女…俺は、息子を殺した人間たちを処刑するのか?一方、医者のリンは誘拐され、連れて行かれた地下室で、死の瀬戸際のジグソウと会う。彼の延命手術を成功させなければ、彼女にも死が待っている…。こうして新たなる「ゲーム」始まった!




 とまぁこんな感じ。いつも通りにネタバレ全開でいくのでご注意を。とりあえず今作はアレです、納得いかない点が多すぎです。予定調和なのかどうか分かりませんが…。



 
 ジグソウ生きてんのかよ!2のラスト台無しじゃないですか…。てっきりアマンダに全てを継承したのかと思ってました。しかし今回アマンダはジグソウの後継者にはなりえないコトが証明されました。

 まずは冒頭に出て来た、2のプッツン刑事エリック。1でゴードンが足切断で脱出したのに対し、彼は足首を折って枷をはずします。せっかく脱出できたんだからある程度慎重になればいいものを…アマンダに察知されて結局は殺られてしまいます。2のラスト、彼女はバスルームの去り際にエリックに言いました。「ゲームオーバー」と。とするならば、エリックは自分の足を代償にするコトで生を得たのだからジグソウとのゲームには負けたもののアマンダとのゲームには勝利したコトになります。しかしアマンダは己の保身のためにエリックを殺しました。ジグソウの考えからすれば明らかなルール違反ですね。

 
 このように、ジグソウが自らの後継者として選んだアマンダは、ジグソウの考えとは異なる行動を随所で見せます。全身に鎖を繋がれたトロイ、1からジグソウを追っていたケリー刑事。彼らに仕掛けられたゲームにはゴールがありませんでした。前者は鎖を引きちぎったとしても出口が溶接されていて、後者は酸に手を焼かれながらも得た鍵が別物だったりと…とにかくジグソウの提唱する「生」のありがたみとは完全にかけ離れたゲームです。ジグソウの考えを100%継承するコトは叶わず、かなりのノイズが発生してしまったようです。まぁジグソウ自身もそれを分かっていたからアマンダにもゲームを仕掛けたんでしょうけどね。



 そしてゲームがジグソウらしくないと言うなら、今作はソウらしくない。ソウの特徴と言えば、想像できうる範囲で痛いと思える描写、のはずなのに今回はそれが微妙。1で言えば全く切断部分を描写しなかったのに(゜Д゜)となったゴードンの足切り。2で言えばアマンダの注射針痛い痛い地獄。

 しかし今回はどうでしょうか。何の捻りもない爆発(しかも2回)。ヒャダルコ。バキみたな骨折り。などなど、あまり現実的ではない方法が多かったんじゃないでしょうか。もちろん鎖とかはけっこう痛そうに観てましたが。

 極めつけはジグソウの脳手術。や、アレはアレで良かったんですけど「ハンニバル」の焼き直しみたいな印象が拭えませんでした。


 後目立ったのがゲームの粗さ+ジェフの頭の悪さ。とりあえずジェフが最初に箱ごと落下したのは爆笑しましたw 気絶したままゲームが時間切れになったトコを想像するともうおかしくておかしくて。んでもって第一のゲーム会場で入り口を閉ざされてテンパるジェフさん。中央に全裸で女性が縛られてたら注意が散漫になるのも分からんでもないですが…第二ゲームでも同じ手口で扉閉められます。この学習能力の無さはシリーズ随一でしょう。

 そしてその学習能力の無いジェフに助けられた判事のハルティン。しかし彼も第三のゲームにおいて、明らかに妙な位置にあるショットガンで頭吹っ飛ばされます。
 あのショットガンは何のためにあったのでしょうか。ジェフが無傷で鍵を取れたわけだし、銃口はティムの方を向いていないのはハルティンが撃たれてるコトから明らかです。あそこでハルティンを消すための辻褄合わせ?そしたらそれこそハルティンを腐った豚のプールから救い出す必要性すらなくなります。あそこだけが未だに理解できません。


 そして予定調和と言えばもう一つ。ジグソウがどこまでをゲームとしていたか。今回ジェフに仕掛けられたゲーム、クリアするだけなら異常に簡単です。彼らの死を見過ごすだけでいいのですから。しかも見殺しにするだけの理由は多少なりともあります。となるとアマンダが暴走するコトをあらかじめ予想して(アマンダにもゲームを仕掛けたコトからそれは明白)、ジェフにその始末をさせるのが最大の目的だったように思えます。


 アマンダの暴走→アマンダによるリンの射殺→ジェフによるアマンダの射殺


 ココまでのルーティーンをジグソウは全て読んでいたというコトになります。これら一つの事象を事前に一つでも予想できなかったら、今回のゲームははっきり言って成り立ちません。そういう意味では、ジェフの前で死んでいった3人は、3人の死を代償に息子の死から少しでも遠ざかろうとしたジェフの目前で死ぬ妻、ココで確実にアマンダへと殺意を向けるための捨て駒だったようにも思えます。まぁだからこそハルティンを助けたコトが意外な行動になるわけで。アマンダと対峙した際に複数人いたら成立しえない心理操作ですから。




 とまぁ3まで終了して、ジグソウは相変わらず死に掛け…やはりジェフをリクルートするんでしょうか?しかし個人的にはやはり彼の生死が気になってます。今回わざわざアマンダが瀕死のアダムを手に掛ける描写がありました。2の時点でアダムは腐乱死体として登場しました。殺すシーンを次回作で付け加えるコトに何の意味があったんでしょうか。

 俺の考えは「2での腐乱死体が確実にアダムだったコト」を印象付けるための描写のように思えました(あのシーンに意図的なものがあるなら)。つまり死体の差し替えなどではなく確実にあの腐乱死体がアダムだというコトを観客に理解させるわけです。思えばエリックもそうです。前作ラストの数分後から始まるシリーズもなかなかないと思います。あれもエリックが確実に死んだコトを示唆させるためのものだったら?


 答えは一つ…SAWシリーズで唯一未だに生死が確認できていない人物。ゲームの道具として利用されただけの人物は除いてです。某妻とか某娘とか某息子とか。彼らはその後に警察に保護されているコトが描写されていますから。それ以外で2から俺が怪しく思ってる彼。

 すでに5まで製作が決まっているとか決まっていないとか。そこまでやられると個人的にはゲンナリですが、だとしたら彼の生存を膨らます余地は充分にあると思うんですがねぇ。


 

 なんかかなり久々に気合入れまくったレビュー書いちゃいましたねw 就活中にこんなコトに力割くだけの余裕が俺にはあるのだろうか…。


3/25追記

 すいません、ジグソウ思いっきりジェフに殺られてるの忘れてましたw







ブログランキング

人気ブログランキングへ

07’ジャンプ感想 16号

2007.03.20.Tue.23:20
 朝起きたら無性にホットケーキが食べたくなったので作りました。定期的にホットケーキが食べたくなるのは俺だけですかね。そしてすぐ飽きる。今日も2枚くらいで飽きがきました。「なんでホットケーキ食べようと思ったんだろ」数ヶ月スパンでこんな問答繰り返してます。おかげで冷凍スペースに大量のホットケーキが存在してます。


 夕飯ではかなり絶妙なデミグラスソースが完成!ハンバーグにからめたらメチャクチャ(゚Д゚)ウマーでした。1回調合をミスっただけのコトはありました。失敗品はあまりのマズさに吐きましたw


 -NARUTO-
 螺旋手裏剣はデメリット満載の技みたいですね。忍としての寿命がどんどん縮まる可能性があります。まぁ次使うとしたらサスケ戦だと思いますが。

 一方そのサスケは大蛇丸に実験かなんかの対象にされていた水月なる男を従えます。まずは、ってコトは大量にいるんでしょうね似たようなのが。大蛇丸はナルト戦辺りで自我を取り戻すんでしょうか。前も書きましたが、大蛇丸が普通の戦闘で殺られる姿は想像し難いので、精神世界で消滅ってのが一番スムーズなんですよね。多分大一番で「実は大蛇丸でした」的な流れになるんだと思います。


 -BLEACH-
 巨大化、なんか大きい数の強調、能力が全部他人のもの…何やら完全に死亡フラグ立てまくってますがルキアがやられてしまいます。こ~ゆ~のって、その後に一閃で倒すのがセオリーなんですけどね。にしてもルキアの覚悟はコンニャク並ですねぇ。この戦いの最中、主張が二転三転してますよ。

 アーロさんは巨大化してもわざわざ接近戦用の捩花使うんですね…。絶対使いづらいでしょうに。


 -バレーボール使い 郷田豪-
 ネコはねぇだろネコは。ネコ党の俺ですが、確実に論点がずれてる気がします。文中にぶっきらぼうに出てくるネコって単語が妙に不自然です。


 -アイシールド21-
 野球の話になっちゃいますけど、経験積んだ外野手ってのは打った直後の弾道である程度の落下点を予測して、そこに早く到達するために打球を見ずに走るコトができます。つまりはそれのアメフト版。キャッチだけでもココまで演出できるとは流石です。

 「1万なんざとっくの昔に超えてる」の下りが、合宿シュートを会得した後の桜木が流川の練習本数に驚く辺りを髣髴とさせます。


 -ムヒョとロージーの魔法律相談事務所-
 通行証による書の更なるパワーアップ、協会に大挙する箱舟たち。なんか物語が収束する感じが伝わってきます。召還に時間のかかる使者のために攻撃をかわし続け、ギリギリのトコで召還成功。「パケロ」が出てくるまでの流れはけっこう気に入ってたりしてます。

 そして珍しくコルトロウ家の一件に関しては、協会側の言い分がけっこう妥当だったりしてますw いつもは体裁が腐りまくってるのに。


 -ラルΩグラド-
 ん~何だろ。ん~何だろ。中身があるようで無い。戦闘に戦略性があるかと言われればそうでもない。かと言ってなぁ…解説が全部説明すぎるんですよねぇ。とりあえずあのカゲからあの船を作れるスンスの技量は器用の一言で片付けてはいけないと思う。



 -サムライうさぎ-
 センターカラー。3話にして「大反響!」などと印刷してるのはコレ如何に。まぁ良いんだけどさ。

 結局このマンガの見るべきトコは志乃の強さなんだと思う。物語自体は完全に伍助視点なため、読者が志乃について持ってる情報はほぼ伍助と同じくらい。だからこそこのマンガに惹かれる人も多いんだと思います。

 当面の目標は「打倒・講武館」に固まったようです。伍助の武士道を貫くためにも志乃のためにも。伍助の求める強さが、伍助自信の手でカバーできる程度の丁度良いものなのが親近感湧きますね。頼むから変に技とか使わないでほしいなぁ。

 最初の門下生は3人。いずれは講武館とも対峙するでしょう。その時は団体戦?だとすると途中で後1人追加って流れですかね。


 -D.Gray-man-
 ん~ロードの意図がイマイチ見えてきませんね。ラビに呼びかけた理由は何なんでしょうか?そもそもノア自体未だによく分かってないんですよね俺。ちょっとコミックでも立ち読みで復習しようかしら。


 -リボーン-
 何を焦ってるんでしょうか、このマンガは。黒曜編からずっと長編パートです。急にバトル路線に変更になったからといって極端すぎる気がしますが…。大人獄寺の様子からツナの死亡はほぼ確定。まぁ棺桶あるしね。そんで「白蘭」なるわけわかんねぇキーワード。人?組織?棺桶にも白い蘭みたいなの敷き詰められてますね。

 にしてもリボーンは前の長編の強さがほぼ意味無しって流れどうにかなりませんかね?インフレが増大する最悪パターンですよ。

 もうなんかリングに変な能力付加されてるみたいですし…。ってかこの敵キャラ前に出ませんでした?ツナの親父を救出する際にいたアルコバレーノ。こんな感じだったと思うのですが、気のせい?


 -エム×ゼロ-
 セーフティエリアに関する追加ルールが発表。なるほどエリア確保に失敗すると退場のリスクもあるわけですね。しかも1人につき3点も与えてしまうと…ん~なかなかに戦略性ありますね。ってかこの間も競技自体は続いているんですよね、多分。まぁ恐らくこの間に進展は無いでしょうけど。


 -テニスの王子様-
 すっかり忘れてましたがコレ準決勝なんですよね。もう一方は王者・立海対オール外人・名古屋星徳。テニプリではかつての強敵が後から出てくる強豪校にいとも簡単に屠られるという現象がしばしば起きます。

 しかし今回は立海です。更に相手は急に出てきた即席留学生チーム。この設定で立海が負けるとも思えませんが…。





















 !?(´・ω・`)






 コレはどういうコトでしょうか。あの赤也が圧倒的に負けてます。波動球合戦を見た後ではネットにめり込んでる位では何の衝撃も感じません。驚いてるのは負けてるコトだけにです。

 しかも先の2戦でも敗北。赤也が負けたら立海の敗退確定です。全く出番の無い皇帝・真田が金太郎のように1球勝負を懇願したら大爆笑ですが、まぁキャラ的に全く想像できません。


 このクラウザーなるキャラ侮れません。どうやらただのサーブで赤也を壁まで吹っ飛ばしてるようです。血を吐く赤也、それを見下すクラウザー、淡々と試合を進める審判…むしろ審判の冷静さが一段と際立ってます。


 と、ココで劣勢の赤也が「ワカメ野郎」の一言で豹変。マンガにおいて急激なパワーアップには幾つかのきっかけがあります。友の死、愛する者への侮辱、守りたいものへの思い…色々パターンがありますがワカメでパワーアップした人初めて見ました。


 しかもその姿が…








16-2.jpg









 急激なスピードアップ。そして血で敵の眼を潰す、いつにも増した残虐性。体の変色と共に遂に髪まで変色しました。コレとオーラを組み合わせたら紛れも無くスーパーサイヤ人です。

 にしても真っ黒な体にデビル赤也の呼び名…や、名前が完全に恥ずかしいですが。


















renkin.jpg







 お知り合いですか?



 それとも…













jin.gif





 隠し子ですか?







 黒い核鉄のせいかデビル因子のせいか知りませんが、多分何の説明もなされないんでしょう。にしても外人サンたちは完全に日本のテニス界を侮りましたね。リサーチ不足とも言えるでしょう。まぁ少し彼らに同情するとすれば想像力の限界とでも言うべきでしょうか。



 そしてその頃リョーマと金太郎はと言うと…。










16-3.jpg





 交互に球を打つはずのテニスでこんな構図になってました。なんか打ち切りのラストみたいな絵ですね。



 -P2!-
 ナイトの攻撃を一閃の元に返したヒロムの動体視力。緻密なまでに計算しつくされたパラダイムをヒロムの異質が凌駕した瞬間でした。しかし相馬もまた即座に立ち直ります。どんな相手にも全力を尽くす、慢心は決して許されない。この辺が王華が王者たる所以ですね。

 その後は結局ヒロムが後手後手でポイントを失っていきます。元々の彼我戦力差はこんなもの。と思った瞬間にヒロムが絶影を見抜いてのリターン。またもやチェックメイトが打ち崩されました。

 終わんないよね、終わんないですよねこのマンガ?もっとヒロムの成長に手塩をかけていってほしいです。欲を言えば桜木花道や進藤ヒカルくらい入念に。






ブログランキング








人気ブログランキングへ

最後の追い出し…完了!

2007.03.19.Mon.20:26
 終わっちまいましたねぇ…。追い出しちゃいましたよ。

 一昨日、エリオットで追いコンがありました。一番長くお世話になった、一個上の代の追いコンです。無事終わった後で、ついに俺も最高学年かと言うコトをまざまざと実感させられます。


 まずは2時から新宿で4年への色紙書き終わってない人へのメッセージ書き。当日だっつ~のに書き終わってない人がたくさんいて、けっこうドタバタしてたのでもしかしたら書いてない人いるかも…。いたらホントごめんなさい。


 そっから新宿御苑移動して1次会の会場で打ち合わせ。 「音響・照明」などという個人的には珍しいポジションを担当。しかもあんまり出番ないし…。ちなみに4年が真面目に喋ってる時に急に暗くしてたりしてたのは、ウチの松本か某半島の使者です。

 一次会はとにかくひたすら食う!話なんていつでもできます、しかし腹が減っては戦もできません。追いコンにしては珍しく料理の質が高く冷めていなかったので、けっこう量食べときました。もちろん2次会でも食いまくっときました。



 2次会は新宿に戻って去年と同じ場所でわいわいがやがや…しないのが現3男のある意味特徴。一箇所だけ個室みたいなトコがあるので、そこで終始引き篭もってましたw 来年の追いコンを企画する後輩たち。場所探すの面倒だからって2次会を今年と同じ場所にすると、我々は間違いなく引き篭もるから肝に銘じるように(´∀`)



 その後はカラオケですよ。次の日出版社の筆記試験(朝9時)があるから寝ようと思ったのに歌いまくりですよ。むしろちゃんと帰宅してれば良かった…おかげで試験の休憩時間中に爆睡でしたよ。
 




 そんな感じで追い出すための追いコンは終了。来年は追い出される側です。絶対泣かないだろうな…そもそもウチの代(男)がそんなガラじゃないし。とりあえず美味しいメシがある場所ならドコでもいいです。







ブログランキング


人気ブログランキングへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。