スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングへ

平成トム・ソーヤ

2007.05.07.Mon.23:15

 今日はサークルのゴールデン・ウィーク企画があったそうな。しかし残り少ない就活の1つである出版社の筆記試験があったため泣く泣く不参加。しかし雨だったから品川のアクアスタジアムだったらしい…うん、近所だね。ほぼ毎週チャリで通る場所だし、何より行ったコトもあるから結果的には良かったのかもしれません。

 
 さて、久々に就活モードにスイッチ入れたわけですが、筆記試験だったためにあまり切り替わりしませんでしたね。試験内容もそこまで難しくなかったですし。英語・国語・数学・一般常識だったんですけど、たぶん数学は全部できただろうし国語も勘違いなきゃ9割キープ。英語がどんくらい取れているかがポイントになりそうですね。明日も広告の筆記あるし、明後日は出版やデジタルメディアを扱う企業の面接です。残り3つの割にはなんだか過密スケジュールですが、気合入れていこうと思います。




 んでもって、最近読んだ本のレビューを久々敢行。本日の作品は原田宗典さんの「平成トム・ソーヤ」です。




原田 宗典 / 集英社(1998/02)
Amazonランキング:171531位
Amazonおすすめ度:







 コレを読むきっかけになったのが、現在ヤングガンガンで連載中の「戦線スパイクヒルズ」。このマンガの原作が「平成トム・ソーヤ」なんです。マンガの続きが気になった挙句、我慢できずに原作を買ってしまいました…。おかげでオチを知ってしまい、少々後ろめたさを感じながらマンガを読んでおりますw




井田 ヒロト, 原田 宗典 / スクウェア・エニックス(2005/06/25)
Amazonランキング:130349位
Amazonおすすめ度:







 舞台は1991年。大学受験を目前に控えたどこにでもいる高校生・ノムラノブオ。勉強に熱を入れず、日々怠惰な生活を送っている彼だが、常人とは比べ物にならない鋭敏な感覚を生かした天才的なスリの技術を彼は持っていた。そんな彼の力に同級生のスウガクが目をつけた。スウガクはノムラにある計画を持ちかける、それはヤクザが手に入れる難関私大の試験問題を横取りするというものだった…。ノムラとスウガク、そして女子高生キクチの3人が仕掛ける一世一代の大博打は果たして成功するのだろうか。


 …ってのが大まかなあらすじです。今から15年以上も前、俺が小学校入るかどうかの時期ですから当時がどんな世界だったとか全然覚えていませんが、今よりも学歴が重視されていたんだと思います。ってか今とは比較にもならないレベルでかも。小説では東大文1よりも難関な私大の試験問題の奪取が最終目標ですが、マンガでは早慶大と表記され思いっきりウチが関わっちゃってますw


 学歴よりも人物重視、なんて就職活動しててもよく聞きますが、それでも学歴フィルターとまではいかなくても学歴で多少の優劣がつくコトは否定できません。この小説の年代・世界では、大学のレベル如何で人生が大きく左右されるコトは容易に想像できます。なんせ、ヤクザと有名私大への入学を天秤にかけて最終的にヤクザを敵に回してるわけですから。


 天才的なスリ能力を持つ主人公と、理数系の科目だけ異常に得意な相棒、そして独特な雰囲気を持つヒロイン…と、なかなか異色なトリオの織り成す冒険活劇。彼らが見事大学に合格してバラ色の大学生活を送れたのかどうか、是非アナタ自身の目で確かめてみてください。ちなみに小説で補完しきれなかった人物の掘り下げを、マンガ版が見事にカバーしてくれています。







ブログランキング




スポンサーサイト

人気ブログランキングへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。