スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングへ

学生最後(仮)の春・慶早戦 -第1戦-

2007.06.05.Tue.14:33
 慶應志木に入学してから慶應での学生生活も早7年目…大学生活自体も残り少なくなっていますが、慶應としての自分が終わるコトを最も実感するのはやっぱ慶早戦ですね。4年生になって、残りの慶早戦は春秋の2シーズンのみ。




 こりゃ何としてでも可能な限り塾野球部を応援せねばと…。しかしそんな野球バカたちの情熱の前に、高くそびえる壁が立ちはだかった。そう、ハンカチ王子こと斉藤祐樹選手の存在です。

 実力、話題性ともに申し分ない彼のおかげで慶早戦のチケット入手が超困難になってしまいました。俺も優待券は確保できたものの日曜の学生券は購入できず。





 そんなこんなで迎えた2007春の慶早戦第1回戦の様子を書き綴ります。ちなみに2戦・3戦も同様に記事書くので興味ない人にとってはどうでもいい数記事になると思われますがご了承ください。






 とは言ったものの、1戦目のコトを書く前に、まずは1日前の6月1日に時は遡ります。この日は夕方から文学部27組での飲みを開催。というのも、いつも一緒に慶早戦を応援する野球バカが慶早戦のためだけに台湾留学から一時帰国するのでそれに合わせてのクラス飲みでした。普段何気にあまり交流ないし、就活がほぼ終了したタイミングなのでそれぞれの進路なんか話せたらな~なんて思って開きました。


 ってな感じで結局集まったのは6人…(´・ω・)
 もちっとわいわいがやがやしたかったな…。




 さて、問題は飲み終了後。俺は優待券を持っていたものの、残る2人の野球バカは学生券買えず終い。当日販売の一般外野を買うしか方法はありません。しかし徹夜禁止との発令が出ていたのでどうするかを審議。恐らく始発で向かっても遅いでしょう。かと言って神宮周辺では夜を過ごせる場所はあまりありません。そこで結論。



 渋谷でオールして、始発よりも前に徒歩で神宮へ向かう。




 何ともまぁ試合が始まる前から体力を消耗するような作戦になってしまいましたが、仕方ありません。9時に神宮にいれば余裕な俺もこのオールに付き合ってしまいました。その場のテンションで行動するとろくなコトがありません。



 とりあえず渋谷の歌広で午前4時までカラオケを敢行。飲んだ後に歌って、そっから応援しようだなんて…何故に我々は敢えて喉に負担をかけたのか未だに謎です。

 そして迎えた4時、朝食をとっていざ歩いて神宮へ!まだ外苑前へ向かう銀座線も動いてません。コレなら流石に何とかなるだろう…。少なくとも俺はそう思っていました。しかし神宮球場外野側道路には…












 屍の山累々。








 朝5時の時点で当日外野券販売の行列にはたくさんの人、人、人。ほとんど皆力尽きて死んで寝ています。その数既に300人以上はいたでしょうか。



















 徹夜してんじゃねぇか!!






 わざわざ朝になってから神宮に来た俺らがバカみたいじゃないですか。結局のトコ、正直者が損をする結果に。まぁ当日券購入できたみたいなんでまだマシでしたけど。






 行列で3時間くらい時間を潰してから今度はエリオットの方へ。こちらは何とか学生券を購入できたのですが、それでも行列は神宮球場から少し離れた明治公園。コチラにも既に多くの人たちがたむろしていました。


 そこで後輩たちと少々談笑をし、9時になったので優待券の待機場所へ。9時半集合なのに他の学生券より良い位置で観戦できる優待券。この時ほど優待券の有り難味を実感できた試合もないですね。












 ってコトで神宮着いてから8時間後、ついに試合が開始されました!やっぱ優待券の方々は常連だらけなだけあって、応援がほぼ完璧だからテンション上げやすいわぁ。応援ってやっぱ周りの環境も大事よね。(持論)


 先発は加藤・須田の両雄エース対決です。斉藤祐樹が先発じゃないと判明した瞬間の観客席のがっかりムードといったらもう…w だから土曜は須田だと言ったじゃないですか(´∀`)


 マスコミが1週間前に、土曜は斉藤みたいな報道をしていたのは、土日とも観客を呼び込むために仕掛けたトラップなんじゃないかとさえ疑ってしまいました。




 そして肝心の試合内容はというと…我らが慶應が3回に須田を捕らえて一挙5点を先取!松橋が輝いていました。加藤も初回に3連続奪三振などトップギアで早稲田の強力打線を零封。

 5回が終了し、これから後半戦!という肝心なトコで…























 俺、退場!(電王ソードフォームの名乗りって斬新だよね)





 なんとこの日、俺は出版社の面接があったのです。人事の方に無理を言って一番最後の班に回してもらったんですがそれでも3時半集合が限界…。8時間も試合を待ったのに観戦時間はわずか1時間半。悲しいけど、これって就活なのよね…(つД⊃)



 必死に弁明したものの、野球観戦が原因で面接時間をずらしたなんてコトがマイナスになっていないかかなり心配です。次が最終なだけに。



 結局最終的な勝敗は携帯で確認するコトになりましたが、その後に青池がソロ本塁打を打つなどで2点を追加し、9回に追い上げられたものの7対3で勝利!ココまで全勝だった早稲田に今季初の黒星をつけるコトができました。





 とゆ~か慶應が全勝するためには早稲田に2連勝するコトが最低条件。連勝するコトで初めて早稲田・明治との三つ巴優勝決定戦に参加する権利を得られるのです。一つでも落とした時点で即早稲田の優勝が確定となってしまいます。


 明日も勝って絶対優勝目指すぞ~!!…というのが当時のテンションでした。(記事執筆現在6月5日)








ブログランキング



スポンサーサイト

人気ブログランキングへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。