スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングへ

08’ジャンプ感想 18号

2008.03.31.Mon.06:42


 月曜の朝からジャンプ感想…うん、




 何か間違ってる気がする。



 ま、んなコトできるのも今日までか。




 -リボーン-
 日本好きってのもそうですが、本命は飽くなき技術への探究心…ツナがまだ未完成だったコトが、ツナの命を救ったようですね。スパナは敵に塩を送るというか、単純にスゴいものを見たいんでしょうね。それが完成した時にスパナがどういった態度を見せるかは分かりませんがね。


 もう一方の戦いは…どっちも新キャラ(未来の了平というコトで)なので予想がしづらく、イマイチ盛り上がりませんなぁ(´・ω・)




 -ONE PIECE-
 ブルックのホバー走行、能力者からしたら相当うらやましそうですね。一瞬沈みましたけど、何だかんだで問題なさそうですし。傍に陸地があるなら、かなり使えそうです。フランキーは何で無線にいちいち反応してたんですかね?サイボーグだから無駄に傍受できるとか?w


 そしてデュバルの正体…散々引っ張っといてコレすか。このオチは…いいのだろうか!?他の感想ブログでも、あ~でもないこ~でもない、と色々な予想立ててましたが、リアクション知りたいです。そもそも、尾田先生は、読者が「誰だろう?」となるコトを想定して筋を立てていたハズです。その上で新キャラだとねぇ…まぁ深く考えない方がいいのかな?それにしても、デュバルの仮面外した後のキャラを考慮すると、かなりのし上れているんじゃないでしょうか?w とりあえず仮面状態では貫禄ありましたし。




 -NARUTO-
 シノの蟲も効果無し…いや、本当に姿を消せるという確証が得られた点に関して言えば、ある意味効果はあったと言えますかね。「トビ」から「マダラ」へ変わる瞬間、文字のフォントが完全に変わるのは、マダラという人間の存在を表すのに、けっこう面白い効果を与えてるなぁって思います。カカシはマダラの中にある写輪眼に気付いたようですね。その事実から何を思うんでしょうか。





 -エム×ゼロ-
 お、レベル1クリアでとりあえずブラックプレート化できるんですね、10%だけのようですが。ってか、この場合の10%は何に対する10%なんでしょうね。来週説明があるとは思いますが。他人の魔法を記憶させ、自分の魔法として使う…。他から見たらカウンター魔法のように見えるんですかね?





 -ダブルアーツ-
 エルーの後ろ髪がアホ毛だってコトに2話目にして気付きました。いや、それだけです。キリの武術に関しては、機が熟したらその時に…って空気のようです。今はそんなコトより、プライベートをどうするかってのが大問題です。いきなりキリの両親登場しましたね、またツッコんだら負けみたいな塊のオーラを漂わせた両親ですねw 特にお父ちゃん。


 そして訪れる最大の難関、2人でする共同作業その弐(壱は戦闘)「お風呂」です。まぁ何とか対処できたようです。読者的にはモノ足りませんが。にしても修理中は引っ張るんですねw


 シスターとしての苦悩、トロイをその身に有している故の寿命の短さもそうですが、他人と容易に触れられないコトもまた苦悩の一つ。見ず知らずのエルーのために世話してくれるキリの両親。しかし、そんなイイ人たちだからこそ、自分と接するコトで不幸にしたくない。その気持ちをエルーは両親に吐露しました。


 キリの両親は、シスターの感染を知ってて歓迎してくれていたのでした。そしてキリはエルーの手を





 今まで何十人何百人の人間を救ってきた手


 
 だと言ってくれました。それは、今までトロイ感染者以外の人間に容易に触れるコトを許されなかったエルーが、シスターとして初めて触れた人の温かさだったのかもしれません。例えミトン越しだろうと、きっとエルーには伝わったはずです。いや~このマンガやっぱいいですね!願わくば、打ち切られずにちゃんと結末まで描いてほしいものです。






 -BLEACH-
 予告されてたとはいえ、ホントに過去編入るとは…。この間に十三隊負けてるかもw ってのが冗談に聞こえなくなってきました。


 さて、今までその正体が明かされなかった一護と同じく、死神と虚の両方の力を持つ集団「仮面の軍勢」。過去編に突入して判明した彼らの正体とは…










 元・護廷十三隊




 でした。平子、ひよ里、羅武、リサ、ローズ、拳西…しかもひよ里、リサ以外全員隊長。あと不明なのは白とハッチですね。で、何故彼らが「仮面の軍勢」になったかですが、ひよ里は以前



 「死神も嫌いや」(22巻)

 と発言しています。一つ考えられる線として、平子たちは藍染の企み(というか本性?)…要は彼の動きを知ってしまう。しかし藍染に上手いコト事態を掌握され、護廷十三隊を追われる身となってしまう。虚の力を身に付けたのは、その過程で崩玉に関わってしまったから?


 とかね。あくまで仮説の一つですが。それにしても、現世に初めてギリアンが出現した時の発言からも感じましたが、ルキアはどれだけ経験不足なんでしょうかw ルキアが初めて見たというギリアンも、隊長格からすれば雑兵、そしてひよ里とも面識なさそうな反応(ひよ里が織姫を拉致った時)してましたが、確実に副隊長にひよ里はいたわけですし。まぁそんな粗見つけてもしょうがないですけど。



 また、王属特務の零番隊という存在が明かされました。元・十二番隊隊長の曳船という女性が百十年前に零番隊に配属になったようですね。この辺は現在の戦いで登場するんでしょうか。それとも、藍染問題に彼女も関係していたりして。(加担とかいう意味ではなく影響って感じで)



 -魔人探偵 脳噛ネウロ-
 ネウロが、魔人として初めて誰かと連携戦闘しましたね。笹塚以外にはハマり役いなかったでしょうね。サイの弱点がそのまま通用するってのもイイですね。もはや弥子抜きで話が進みまくってるw そして最後はドSに勝利!流石にちょっとテラが可哀想でしたw






 -アイシールド21-
 帝黒に引き抜かれた元・盤戸の棘田。本物のアイシールド21までとは言わずとも、注意すべきQBだとコータローは忠告します。しかし棘田の帝黒での位置は…4軍。そしてその傍にいた女の子、花梨こそが泥門の注意すべきQBレギュラーでした。なんとココにきて女性プレーヤーの登場です。今までなかった展開だけにどうなるか気になりますね。併せて、セナたちが偵察で誰に接触するかも。





 -PSYREN-
 結局無名キャラは全員死亡ですか…嗚呼無情。そしてどうやら、PSIの発現は大気の関係上、未来世界の方が上手くいくようです。それでも、アゲハのバーストは威力こそあるものの燃費は最低クラス。飛竜は安定して力を発現できていますが、今んトコはサポート色が強そうですね。そして最後に姿を見せた人間…恐らく未来世界の住人なんでしょうが、何故ドリフトたちを攻撃したのか、ドリフトたちを敵視してるみたいです。






 -SKET DANCE-
 妖精が居たのは一番最初。ボッスンの裏をかく、及びかく乱という意味であえて最後の一枚かと思いましたが最初でしたか。まぁこのゲーム自体、ちょっと読者を放置した感はありますねw 何気にこの大会で、ボッスンのライバルキャラが椿から安形にシフトしてしまいましたが…ダイジョブなんでしょうか、展開的に。安形の「誰か辞めんの…」の下りと間はツボりました。会長らしいですね!






 -HUNTER×HUNTER-
 握った拳をどこにも振り下ろせないゴン。治療する少女のために、自らの腕すらも折るピトー。ここ数週間のゴンの言動は、ホントに人間らしいというか何というか。ハンター試験や天空闘技場、クモとの接触、それらの時には見てたコトのないほどの悲壮感漂う両の眼。





 ずるいぞチクショウ!!!




 カイトにはあんな非道い事したくせに!!!




 皮肉にも、今週一番ヒトらしい目をしていたのは、他ならぬピトーだったように思えます。ヒトであるゴンに、焦燥・慄きを感じるキメラアントであるピトー。コレでカイトが無事に戻らなかった日にはもうね…。





 -初恋限定。-









 や、その辺は河下先生の匙加減なので何とも言えません。

 






 -D.Gray-man-
 復活したリナリーのイノセンス。その黒い靴の速度は、アレンが吐きそうなくらい。なんかレベル4、ライダーキックしてません?w


 何はともあれ、アレン・リナリーそしてクロスの連携プレーで戦況を何とか希望の持てるレベルまで引き戻しました。ビールッ腹野郎か…まぁオヤジ顔ですしねw 








ブログランキング






スポンサーサイト

人気ブログランキングへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。