スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングへ

男たちの大和:試写会

2005.12.16.Fri.10:29
img.jpg


 第二次世界大戦末期、米軍の攻撃によって北緯30度43分・東経128度4分の海に沈んだ日本軍巨大戦艦大和。その大和の乗組員の生き様を描いた話題の映画で、12月の17日(土)つまり明日公開です。俺は一足お先に12日(月)に試写会で鑑賞しました。









051212_1754~0001.jpg


 ウチ(慶應)で。

 大学のキャンパスで試写会とか聞いたコトないですよ、ええ。まぁ色々と事情があって実現に至ったんだとか。ゲストも何人か、映画に出演している松山ケンイチさん・蒼井優さん・崎本大海さん(ちなみに慶大1年生)などの諸俳優方…そして、この日一番会えて良かったと思うのが大和元乗組員である小林健さん。映画の上映の前と後ろに挟んだ彼の話には、思わず涙を流してしまいました。上映中も普通に泣いてたんですけどね。

 死ぬこととほぼ同義な大和への最後の乗艦。航空機の機銃であっけなく死んでゆく上官や下仕官、特別年少兵と呼ばれた16・17歳の少年たち…。随所の挿入された当時の戦争の映像、原爆投下…。そして、それらを実際に体験してきた小林さんの重すぎる言葉の数々。もう、ホントこの日は参加して良かったと心から思いました。

 大和を実際にセットとして復活させた巨額の制作費も話題になってますが、主役はその巨大な戦艦を動かす3000余名の乗組員たち。そして今の平和は、彼らの犠牲の上に成り立っている…。俺が生を受けた場所は、大和を沈めるために航空機が通り過ぎていったであろう沖永良部島。沖縄の目と鼻の先です。そういう意味では戦争というコトには嫌が応にも向き合っていかなければならないと昔から感じていました。少し忘れかけてた、そういった気持ちをこの映画は思い起こさせてくれました。

オススメの映画です。







関連記事

人気ブログランキングへ
コメント
  あの映画はよかったね。

  でもどうせなら渡哲也が来ればよかったのに…という底なしのワガママ。ま、タダで映画見れたんだからいっか。

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
●『男たちの大和 YAMATO』2005年12月17日公開。公開まで後一ヶ月。なんだか地元広島では盛り上がりつつあります。呉の大和ミュージアムもかなりの動員があるらしいです。同日公開になった強敵『キング・コング』とどう勝負するのか?(その前にハリー...
 戦争映画は好きではない。血なまぐさいのもダメだし、戦艦や武器へのマニアックな視点も大嫌い。だから「男たちの大和/YAMATO」は観るのに、軽いためらいがあった。世評が高いこと、それだけを頼りに観た。結果は、先入観をまったく裏切るものだった。戦闘シーンは
「男たちの大和」★★★☆反町隆史、中村獅童、松山ケンイチ主演佐藤純彌監督、2005年日本あえて言うなら無駄な死を目にして悔しくて堪らなかった。無駄な死というより無残なと言い換えた方が正しいのか。戦争に行くということは死ぬかもし...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。