スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングへ

ランド・オブ・ザ・デッド

2006.01.03.Tue.20:28
 もう3日だけど…

 A HAPPY NEW YEAR~!!

 2006年始まりました。今年も何卒よろしくお願いいたします。俺もブログの更新頑張ります。w

 さて、そんな記念すべき新年一発目の記事はと言うと…




















img20050902.jpg











  ゾ~ンビ!!




 別に新年一発目に狙ったつもりはないんですけど、このDVDの発売日が12月23日。当然チキン地獄・スノボの2連コンボで鑑賞できるのはホント年末。2連コンボの記事書いてたら必然的にレビューをアップするのはこの時期ってのが妥当なのですよ、ええ。


 去年は…あ、もう去年じゃねぇや2年前か「ドーン・オブ・ザ・デッド」なんてのも公開されてましたが(もちろん購入済)、あれは「ゾンビ」をザック・スナイダーという監督がリ・エンビジョニング(再想定)したもの。今回は正真正銘ゾンビの生みの親であるジョージ・A・ロメロ監督がメガホンを取ったものです。

 ご一緒にどうぞ~



 今回は、ゾンビものとしては珍しく既にゾンビが闊歩している世界が舞台。たいていはゾンビの増殖と物語が並行してたりするんですが、この映画ではそういった映画のその後が見られるといった感じです。

 物語の冒頭では、様々なニュース番組での声が流れ、おそらくゾンビが発生してから間もない頃の状況を色んなキャスターが口早に喋る演出があります。ここでさりげなくゾンビの特徴を視聴者に説明。ゾンビ映画をあまり見ない人には親切な効果だと思いました。そこでの情報は、ゾンビを知る人間にはいたって普通の情報。

 死人が甦る、彼らは生者の血肉を求めて人を襲う、彼らに咬まれたりした者も後にゾンビとなる、生前では考えられないほどの生命力を有する、頭部を破壊すれば復活できない…などなど。まぁいつも通り。しかし「ドーン~」では全力疾走するゾンビたちがいたように(鈍重なゾンビはもはや過去の遺物か…)、今回もある点が突出しています。それは学習能力 ゾンビが偶然手に入れた銃を皮切りに、いろんな道具を手にし、色んなコトを学習していきます。その学習過程は見てて何か和んだけど。w


 ただ、今回はちょっと引っ張るだけで人の腕やら胴体が簡単に取れちゃいます。いくらなんでも脆すぎだろ人体組織。それくらい筋力(あるかどうか知らんが)が強化されるのかしら、今回のゾンビは?まぁ反動関係なしに平然と自動小銃撃ってますしね。個人的には撃った反動で腕千切れたりしたら面白かったのに…。

 さて、ゾンビがすでに認知されている世界ということで人類の篭城も完成している世界が舞台です。映画では周囲を川に囲まれた要塞都市に生き残った人々が集結します。そこには豪華な高層タワーで優雅に暮らす人々と、貧民街でスラム暮らしを余儀なくされる人々とに階層が分かれていました。ジョージ・A・ロメロ監督はゾンビ映画には、その時代の社会問題を風刺した設定を取り上げることでも有名です。今回は貧富問題というコトですかね。

 そして、この種の映画でいつも考えされられるのが、人間とゾンビどちらが本物の化け物かというコト。殺戮の欲求を満たすためだけにゾンビ狩りをする者、ゾンビの檻の中に人間を閉じ込めて賭けの対象にする者…この映画でも愚かな人間はたくさん出てきます。ロメロ映画の何が好きかって、何年経って何回リメイクしてもこのテーマだけは一貫して貫いてる所ですね。笑ったのが、鎖でつながれたゾンビを背後にして写真撮影をする店。ゾンビも遂にプリクラのフレーム代わりです。 

 最後のほうに、色々と学習したゾンビの群れが遂に川を渡り居住区へと上陸(つまりLAND=ランド:上陸する)して人間を虐殺するシーンなんか、俺がクリスマスにバイトでしてたコトとダブって見えてなりませんでした。まさかゾンビ見てこんなに憂鬱になるとは…。ゴメン鶏たちよ。


 とまぁ今回はグロいか?と言われるとそんないグロくないような。それでも普通の映画からしたらグロいけど。だからゾンビ初心者には入りやすい映画かもしれません。スプラッタなシーンだけでなく、ゾンビを通して映画が何を訴えてるかを感じ取ってくれたら幸いです。


ゾンビで始まる2006年w







関連記事

人気ブログランキングへ
コメント
僕も新年早々、「ショーン オブ ザ デッド」を見て、笑い転げてましたよ、と。
今回の記事で紹介した作品のパロディ版だけども、面白いので是非♪
>.tak さん
絶叫計画シリーズ然り、ホラー系のパロディってたくさんありますよね☆観る機会あったらレビュー書いてみます!
てかうちも見た!しかも1日の午前1時ころ見たんだ!笑
。恥ずかしいことにその夜はなか②寝付けなかったような…苦笑。

最後がちょっと物足りなかったけどうち的にはオモシロかったよ。なんかバイオハザードには無いリアルさが表現されてたかな。
>うえポン
年頃の女の子が年初めから何見てんのさ!(笑)他に見るもんあったでしょうに…。
バイオはもろエンターテイメント方向だけどコッチは社会問題も取り入れてるからね~…ってもしかしてそ~ゆ~リアルじゃない?うえポンまさかのスプラッタ好き?

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
ゾンビ映画の第一人者ジョージ・A・ロメロ監督の作品。ゾンビ映画といえば、死人が蘇りゾンビ化してしまった人間を生きている人間が襲われるのを防ぐために殺していくといったお馴染のストーリーがある。はっきりいって、この流れ以外のものは無いのではないかという...
本日2本目は「ランド・オブ・ザ・デッド」です。迷いましたが、ゾンビ映画の一人者であるジョージ・A・ロメロ監督の作品のため鑑賞することに。とは言っても昔の「ゾンビ」は観たことありませんが。 評判が良さそうで、少し期待をしていたのですがイマイチでし....
サイモン・ベイカー、デニス・ホッパー出演。ジョージ・A・ロメロ監督作品。ある日突然死んだはずの人間が次々とゾンビになり、そのうちの一人が知恵をつけ始めた。銃や、器具を使うことを覚えたゾンビたちにライリー(サイモン・ベイカー)やわずかな生存者たちは窮地に追
ジョージ・A・ロメロ監督による”ゾンビ三部作 ”が大好きです!世の中に「 ゾンビ映画 」は数あれど、ロメロ監督の描く「 ゾンビ映画 」は、単なるB級スプラッターまたはホラー映画ではありません!その時代の社会事情や問題点を、鋭く風刺した傑作ばかりです! 60年代
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。