スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングへ

安西先生!!

2006.01.11.Wed.18:26
 
 今日は情報サービス基礎Ⅱの期末試験の日。他の講義のレポートやったりブログ書いたりで寝るの早朝になっちゃったけど、仮眠を取るつもりで就寝。





 ん~良く寝た…。そう思い時計を見る俺。


 現在時刻・10:50…試験(二限)開始時刻・10:45






  終わった…。





 まさか寝坊で試験を受け損なうなんて…orz
 そんな情けないコト…あ、そしたら来年再履修?やだよ、ただでさえ忙しくなるんだから取れるのは取っとかないと。そ~いえば、けっこう冷静にモノ考えてるな俺。去年英語の試験寝坊で間に合わなかった子いたな…何とか試験受けさせてもらえてたけど。「どうしようもない状況になるとけっこう冷静になるもんよ」まるで他人事のようにあの子、なぎさは言ってたなぁ。ゴメンなぎさ、あの時お前の不幸を大爆笑してたけど俺今同じ状況だわ
(この間、トップスピードの頭の回転によりわずか10秒)


 そんなこんなで意志がコンニャクより柔らかくなりようになった刹那、頭の中に声が響いた。






 ??「最後まで…希望を捨てちゃいかん。あきらめたらそこで試合終了だよ」 



 俺「アナタは…」














 俺「安西先生!!」








20060111171404.jpg
「安西先生…」



 俺「試験が…受けたいです!」


 すかさず家を最短で出発するための動きをシミュレートおよび即実行。相棒(チャリ)にまたがり家を出た時刻は11:03。とばせば11時半には大学着くはず。試験時間が70分だから20分は試験に望める!空腹を紛らわすために飴を口に放り込みいざ出発。寝起きという最悪のコンディションながらペダルをこぐ俺。五反田からの1号線沿いは有り得ないくらい坂が長い。新年一発目の死ぬほどきつかったシリーズ。その後は時計も見ずにガムシャラに急ぎ大学へ到着。疲れたからダッシュなどできずに早足で図書館の地下にあるAV教室へ向かう。

 恐る恐るドアを開く。どうやら試験監督は院生のようだ。しめた。先生自体も温厚な上、院生なら遅刻を拒む権力もないだろう。むしろ俺の気持ちを痛いほど分かってくれるはず。
 後で聞いたところ、俺は試験時間の半分よりは早く来れてたらしく、予想より多くの時間を確保でき、落ち着いて試験に取り組めました。少なくとも図書館情報系は苦手ではなく試験のレベルも高くなかったため、良ければ8割弱はいってると思います。

 ホント諦めなくて良かった…。あの時、安西先生の声がなかったら俺はそのまま一日ふて寝をしていたことでしょう。




 ありがとうスラムダンク…ありがとうホワイトヘアードブッダ



今週は無駄に忙しいよ…








関連記事

人気ブログランキングへ
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。