スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングへ

「ビンゴ」 「トンネル」

2006.03.12.Sun.16:42
俺のブログ普段の1日分のアクセス数は大体100前後。まぁ少ない時で50くらい。ジャンプの感想をアップした次の日はその倍くらいになったりもします。しかし…一昨日のアクセス数が455。こんな数字めったに出ません。ジャンプの感想アップした次の日で、爆発的に検索数が増加しているコトから、読者に衝撃的な展開を見せたあのマンガが原因でしょう。DEATH NOTE恐るべし。

 そ~いえば春休み入ってからものすごいペースで小説読み漁ってます。元々長期休み入ると本屋で購入・ブックオフで購入図書館で借りるの3パターンをひたすら繰り返すという毎日。今回ももう30冊くらい読んでんじゃないかと…。本格的に新しいラックの購入を検討しています。

 ってコトで今日は小説の紹介。吉村達也の「ビンゴ」と「トンネル」。何か今アマゾンの自分のページに繋がらないので、後で画像付け足す予定です。
 何かホラー系で面白いのないかなぁって探して出会ったこの2冊。と思ったら吉村作品は既に「ボイス」を持ってましたw 





韓国の映画で数年前に公開された「ボイス」って映画ご存知でしょうか?それの小説版を吉村達也が書き下ろしてたんですね。というわけで吉村達也は今回ので2冊目と3冊目。







 「ビンゴ」は面白かったと思います。
 東北のある小さな高校で、ひとりの女子生徒が首を吊って死んだ。黒板には誰が描いたか席割りと同じ、5×5のビンゴの図。その中央が彼女の席だった…。翌日から、各自の机に死の象徴が現れはじめ、タテ・ヨコ・ナナメのどれか一線に並んだとき「ビンゴ!」で生徒が一気に死ぬとの噂が広まった。(本紙背表紙から抜粋)

 吉村達也の小説は、呪いや怨念といった類のものが発端となる事件が発生するものが多いです。「ボイス」「ビンゴ」「トンネル」どれもがそういったものが根底に置かれています。そしてコレも共通項なのが、登場人物が呪いや怨念に対してえらく肯定的なコト。超常現象がテーマの作品は、作中の人物たちがどの程度普通ではあり得ないコトを理解してるかで読む側の理解度も変わります。人物たちは全く事態を把握しておらず、”神の声”の解説のみでは作品として至極つまらないですから。事件の黒幕がいると大変便利です。対峙する人物の理解如何に関わらず勝手に説明してくれますからw

 そんなこんなでこれらの作品の登場人物たちは普通ではあり得ないコトに巻き込まれていくんですが事態をけっこうすんなりと受け入れます。「俺たちは○○に呪われてる」だの「○○(すでに死人)の仕業だ」などと平気で言ってのけます。もちろん、そういった現象に遭遇してしまったから信じざるを得ないというコトはあるとは思います。それにしても肯定する確立がほぼ100%に近いのはどういうコトか…。大槻教授あたりに聞いてみたいです。

 「トンネル」は正直微妙でした。政府直属の調査チームが自県事件解明に乗り出すんですが、ココには霊能者や透視能力者も参加していて戦力的にはかなり強いです。なにより調査側に超常現象を理解できる人間がいるだけで読者としても分かりやすい。そう、説明は確かにたくさんしてくれるのだが…事件に全く関わってきません。いや、事件の調査とかはちゃんとしてその都度解説、加えて謎な現象にも調査チーム数名が被害にあいますが、そんなコトしてる間に別の地点で事件の大元が絶たれてしまうため気がついたら事件解決してましたみたいなノリ。そのくせ被害を被ってた調査チームの発言が事件を締めくくるんだから…キミたち何もしてないだろと。

 「ビンゴ」も考え方がけっこう特殊。何かしら困難を乗り越えて事件を解決した登場人物たちは、そのコトを戒めにするかのように大概は自分の中で忘れずにしておくものです。しかし、この小説のテーマとも言える思想は都合の悪いことは忘れましょう。なんて素晴らしい発想。事件の真相だって、クラスのみんなが知ってたコトなのに完全に(ある程度外的作用が働いたものの)忘れてました。そして最後に生き残った者たちも、嫌なコトなんて忘れときゃ不幸からも遠ざかるでしょと言わんばかりに、そそくさとつい先ほどの恐怖体験を忘れようとします。どれだけポジティブなんでしょうか。



 とまぁ俺が今まで読んできた小説の中では一風変わったテイストを醸し出す吉村達也の小説。アナタも是非一度ご覧になってください。

 今日はこれからまたスノボですw 四回目です。戸狩です。










関連記事

人気ブログランキングへ
コメント
初めまして^^
デスノートのあの展開は私もびっくりしました。また遊びに来ます☆
!!
すげぇ本読んでんだね・・

尊敬する(笑)


この春休みがんばって10冊・・・・

しかもゼミの課題だったから。

あんたはすげぇや。
あぁ、すごいね。すごいすごい。
みなさん>

コメントあざぁ~っす☆もうデスノートは先の展開よむの大変で…頭疲れますw

菊>

ふっ、何を今さら(笑)

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。