スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングへ

CUBE

2005.05.12.Thu.02:28
 バイトの先輩「しみっちゃん(高校時代のバイト先でのあだ名)、しみっちゃん。この前かなり面白いDVD観たのよ。」

 俺「どんなヤツっすか?」

 先「あのね、CUBEってゆ~んだけど、今度観てみな?マジはまるから!」

 俺「へぇ~じゃあ今度ヒマなときに借りて観てみますよ☆」

 未見のまま、それから三年が経ちました。
 新星堂に「蒼穹のファフナー」を買いに行ったのに、日にちを間違えていて売っていなくて、代わりに何か買っていこうと思い高校時代の会話を思い出し買っちゃいました。
CUBE.jpg

 有名な俳優も出ていなければ、予算も低額。なんか、どこぞの魔女映画みたいですが、日本では映画公開時にバカうけしたそ~です。また、ひたすらあらすじ込みで書いてると、かつての悲劇を繰り返しかねないので、感想中心に。若さゆえの過ちはそうそう犯すもんじゃありません。

 ジャンルで言ったら、パニック要素を含んだサスペンス?とかになるのかな?あんまり分類とかは分からないので。極限状態に陥った時にこそ人が普段取り繕ってる仮面が剥がれ落ち、人間の本性が現われる。観終わってから、そんなこと思いました。クエンティンは見事な豹変っぷりでした。そして、この映画の中核ともいえる数字の謎。途中までの素数の法則くらいまでは計算しながら観てましたが、順列の計算・三桁の数字の因数の数あたりから全く手も足も出ず。まぁ、文学部に進まずに理系なコトを続けていてもできなかったとは思いますが、ちとショック…。残念だったのが殺人トラップの扱い。オープニングから序盤にかけてこそ、CUBEの不気味さに一役買っていましたが、素数の法則(途中から若干間違いに気付くけど)以降は完全に無力化。最初のワイヤートラップとか好きだったんだけどなぁ…。人によってはこれからサイコロステーキを食べるの躊躇しそうで。
 個人的にはなかなか楽しめた映画でした。こっちも息苦しさを感じたりなんかして。さて…問題はこの映画にはCUBE2という続編があるのです。俺はシリーズ物買っちゃうと全部揃えたくなる性格なのです。と言ってみたりしてますが、実は既にこのブログを書いているパソコンの横にCUBE2が鎮座してます観た次の日に買ってしまいました。ってことで近日中に2のレビューも書きますので乞うご期待。
関連記事

人気ブログランキングへ
コメント

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
CUBE キューブ ジャンルはサスペンスでいいのかな~。ホラーかも。ま、サスペンス・ホラーってことで(笑)今回はCUBE。ネタバレあるので注意してくださいね。あらすじは、ある日突然、男女6人が鋼鉄の立方体の部屋に閉じ込められた。そこには同じ部屋が多くあり、その集合
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。