スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングへ

28日後...

2006.09.04.Mon.22:54
     


 安かったので何となく買ってみた作品。それに公開当時はちょっと観たいなぁとか思ってたんで。

 とりあえず、話のあらすじ。集中治療室で昏睡状態から目覚めたジム。しかし病院内はおろか、ロンドンの街中が無人と化していた。28日前...たった1滴の血液で感染し、人間の精神を数秒で破壊する新種のウイルスが発生したのだった。



 ってな感じ。評価としては…ん~ある程度期待してた点もあったからかもだけど、ちょっと微妙でした。
 血液1滴で感染、発症まで数十秒…ウイルスをここまで強力設定にした理由はなんなんですかね。数時間くらい時間を要するとかだったら仲間の間に猜疑心とかも生じて、また新たな切り口を見せられたと思うんですが、感染した次のシーンでは発病ってのはいくらなんでも…。しかもこのウイルスの強力設定が大して生かされてないw

 そして、どう考えても狙ってゾンビ系とは区別を図ったかのようなウイルスによる感染という手法。ゾンビとは違い死者が蘇るわけではなく、襲い掛かってくるのはあくまで感染者。劇中の描写を見る限り、飢えを感じるようですが…その他の点は残念ながらゾンビと変わりありません。全力疾走…そんなのドーン・オブ・ザ・デッドのゾンビだってやってますし、凶暴性・残虐性といった類のリミッターが外れる代わりに知能が極端に低下といった点もゾンビ同様。そして、それらの感染者とそうでない人間の生存者とのせめぎ合いの果てに主張されるのは「結局のところ人間も…」というゾンビと同じテーマ。ん~コレならゾンビ映画でも良かったような。
 DVDには異なった数種類のエンディングが収録されています。けど、なんかどれも全く別物というよりは亜種といった感じでデジャヴたっぷりな感じでした。
 とまぁココまでかなり酷評な感じですけど、風景描写はけっこう気に入ってます。誰もいないロンドンの街並みなんかは感染者たちの大群より、もっと恐怖を感じました。人の気配の全くない死んだ街…その雰囲気はグッドでしたね。他にもイギリスの雄大な自然もなかなか見ごたえがありました。ってそれだけなら世界の車窓からでいいんじゃない?とゆ~1人ツッコミが脳内でありました(笑)
 

 結論。まぁ買うほどのもんではなかった!せめてヒロインが可愛ければ…(´д`)







ブログランキング


関連記事

人気ブログランキングへ
コメント

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
マジですか!? その秘訣は、びっくりするくらい簡単!Read more...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。