スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングへ

激突!六大選抜VS東京ヤクルトスワローズ

2006.11.04.Sat.21:21
 先週、早大の優勝が確定しているが慶應が意地を見せて勝ち点をもぎ取って秋季の慶早戦は終わりました。
 しかし、今週も早朝から神宮集合。一体何があったのかと言いますと…





東京六大学選抜
 
        VS

        東京ヤクルトスワローズ





 が行われたのであります!(`・ω・´)

 明治神宮外苑が創建されて今年で80年だそうで、記念奉納試合として実現したこの夢の対戦カード。こんな組み合わせコレを逃がしたら一生見れないかもしれません。俺にとっては非常にタイミングが良かったと言える80周年です。


 


 まぁ例によって六大学野球ファン以外は完全に置いてくので、そのつもりで。






 六大選抜のスタメンです。このメンツが1つのチームとし


 …11月5日現在、謎に記事のこの後の部分が途切れてるのに気付きました。っつ~コトで慌てて書き直ししたので細部が以前と異なってます。この場をお借りしてお詫び申し上げます。(´・ω・`)



 てコトで、書き直し。あれだけのメンツが1つのチームとして集結するコトがどれだけすごいコトなのか…分かる人だけ分かってくださいw
 ヤクルト側の戦力は全員日本人での構成で、1.5軍といったところ。2軍の選手が多いと言ってもそれはやはりプロ野球選手。早大出身の青木や先発が藤井だったりもしたので、敵として脅威なのに変わりはありません。
 ちなみに六大選抜は控えも含めて全員出場させるという粋な計らい。まぁこんな歴史的な試合なのにベンチにずっといるだけじゃカワイそうですもんね。ホントに六大オールスターって感じの顔ぶれでした。



20061104183434.jpg



 

 ヤクルトのマスコット・つば九郎と六大の夢の共演。レフトスタンドに寄ってきたつば九郎に「ボールくれ~」と皆で言ってたら金網越しに全力投球してきやがった…。あのツバメ野郎め。




20061104183458.jpg



 普段は敵同士である六大の團旗が、共通の敵・ヤクルトを倒すべく一堂に集結。グラウンドで風になびく様は実に壮観でした。



20061104183515.jpg


 六大ファンとヤクルトファン以外には興味が薄いんじゃないかと思われたこの試合。そんな予想を大きく覆しスタンドは超満員!プロとアマの垣根を越えた歴史的な一戦。野球人気の衰退を言われる昨今、まだまだ野球が好きな人はたくさんいるんだと感じました。



20061104183525.jpg



 もちろんチアや応援団も六大連合。1回~6回まではイニング毎に明治→東大→早稲田→立教→法政→慶應の順に応援スタイルをリレー。7回以降はその順でひたすらチャンスパターンのメドレーでした。
 
 慶應が紫紺の歌を、早稲田が若き日の誇りを、明治が若き血を…まさかこんな瞬間を迎えられるとは、それだけで感動ものです。そんな一生に一度の応援スタイルにも関わらず、そこはレフトスタンドに集結した各大学選りすぐりの野球バカたち。ほぼ完璧に息の合った応援を披露w まぁ普段耳にはしてるから1度実際にやれば覚えるよと言わんばかりのコンビプレー。こんな時しか敵の応援はできないので貴重な体験でした。でも、やっぱり一通りやってみて…慶應の応援が一番やね(`・ω・´)






20061104183559.jpg



 そして遂に登場した「代打、俺!」古田選手兼監督の登場です。対するは我らがエース・加藤。結果はセカンドゴロに討ち取るナイスピッチング。加藤もプロ相手に好投して自信がついたんじゃないでしょうか。




20061104183626.jpg


 結果は惜しくも2対3で六大選抜が惜敗。あえて言えば東の方の大学の方が中盤に連打浴びたのが痛かったかと…(方角的に東ではなく文字的に東)

 しかし、今まで歩み寄りのなかったプロとアマによる素晴らしい試合でした。もう毎年やってもいいくらいメチャクチャ楽しかったです。ヤクルト応援団とエール交換までやっちゃたし、ヤクルト横文字だから言いづれぇ~(笑)

 とにかく、こんな感じで東都選抜とか神宮大会ベストナインとか…そんな感じで枠が広がっていったら野球人気も再び復活してくるんじゃないでしょうか。そんな可能性を感じさせてくれる一戦でした。








ブログランキング
関連記事

人気ブログランキングへ
コメント
あぁぁぁぁ
今日まで日本に居ればよかった。

ヤクルトと六大ファン以外来ないと思ったら結構客集まってたのね。
てか、チア、援団、チャンパそろい踏みってうらやましすぎ…

慶應はかなり活躍したみたいね。
この世代からプロに行った人は特別思い入れが強くなりそう。
>犬

プロとアマの垣根を無くす企画ってコトもあるだろうし、かなり注目されてたみたい。とりあえずお前は損と言うレベルでは表現できないほどの何かを損したよw

1イニングに「T!O!KYO!」とか「それ、チャンスだチャンスだ」とか「もっともっと大きくハイ×4」とか「そ~れそれそれ、かっせ~六大!」とか「明治~!」とか「セントポール」とか全部やんだぜw 

しかもヤクルト応援団とエール交換までするし…日本野球史初の出来事に立ち会っちまったよ。

とりあえず帰ってきたら俺と岩田で、最初から最後まで解説してやっから。

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。