スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングへ

06’ジャンプ感想 50号

2006.11.15.Wed.01:40
 前回の記事のタイトル、「詰めが甘い」をわざと「爪が甘い」って書いたんですよ、それで誰かがホントに詰めが甘いなぁ~ってな感じでつっこんでくれると思ったら完全スルーされました。
 やはりボケを入れるよりかはツッコミに専念した方が良いみたいです。




 -ムヒョとロージーの魔法律相談事務所-
 圧倒的な戦力差に、ロージーが「僕ダメだ」なんて言ってますが横で同調に苦しむ魔法律家2人を差し置いて何を言うか。無傷はキミだけですが。
 まぁアレで威力が数百倍に上昇するかはさておき、やっとのコトでミックを撃破。しかしアレだけ派手に塔を破壊してちゃ、たちまち他の箱舟たちの知るところになるでしょう。横槍はほぼ確実かと…助かるのは今井サンのみ?
 

 -NARUTO-
 前々回の感想で言及したコトが見事的中。やっぱりナルトは螺旋丸に風の性質を加える係をもう1人作ってました。威力と技のタメ時間は比例するもんですが、コレはいくらなんでも隙ありすぎではないか…。
 アスマから紅への伝言なんてあったっけ?あったとしたらシカマルに耳打ちした玉は誰かの話。そう考えると玉=愛する人だったというコトですかね?
 

 -ONE PIECE-
 シャンクスと白ヒゲ、そしてエースと黒ヒゲが合間見える。先週から物語がどんどん加速していきます。
 シャンクスとバギーがかつていた船は海賊王の船。バギーは強いんだが弱いんだが分かんなくなってきましたねw シャンクスに傷を負わせたのは黒ヒゲ…とか言われてもあの風貌だとイマイチ強く見えないんですよね。まぁワンピースのキャラにはけっこうそんなのがいますが。


 -エム×ゼロ-
 無事試験が終了したものの、また新たな悩みが勃発。魔法が使えるが初心者向けのRIプレートにするか、M0のままにするか。え~と、このマンガのタイトル何でしたっけ?まぁ一気にポイント貯めてゴールドって狙いになると思います。
 その狙いをサポートする、保険のような役割を果たしそうなのが今週出てきた薬の魔法効果。コレを有効活用できればM0の能力も相まって、これからの魔法にも対応できるんじゃないでしょうか?ただ、薬に依存しすぎるのもかなり危険だとは思いますが…今回の試験のように自力で何とかするコトを忘れてしまいますからね。


 -BLEACH-
 強いぞジェントルマン・ドルドーニ。一護もさっさと卍解すりゃいいのに。今必要なのは最大戦速で敵を撃破するコト。それが結果的に体力の温存にも繋がります。基本的に一護は敵を過小評価して己の力を過信する傾向にあります。んでもって今までもそれで死にかけてんのに学習能力全くナシ。
 そりゃ温厚で微妙にギャグ担当なドルドーニさんだって解放しちゃいますって。


 -アイシールド21-
 今と昔のチームを比べる時の石丸のポジションがただひたすらに悲しすぎるw 


 -P2!-
 的当てゲームってコトで卓球をあまり知らない読者にもカットやドライブをコーチング。なかなか上手い手法ですね。ゲーム上は0点ですけど2年の2人もポテンシャルはかなり高いです。今のところ、名前や顔が登場しているのは2年が5人に1年が4人。団体枠は8人…さてさて藍川は個人戦のみでしょうか?最後の1ページ笑ったw


 -リボーン-
 先週まで散々っぱらゴーラ・モスカが凶悪な戦闘兵器であるコトを強調。それにより9代目がモスカの動力源になっていたという衝撃の展開に尚更拍車がかかります。いや~コレは予想できんかったな。てっきりツナの身近な誰かか何かに成りすまして行く末を見守っているもんだと思っていましたが…まさかXANXUSが9代目すら手にかけていたとは。

 
 -HAND’S-
 少しずつハンドに関する描写が増えてきましたね。エースの椎名は空中にいる間に一旦ボールをバウンドさせてゴールを決めたんですかね?ハンドはルール知らないんですが、移動中はバスケみたいなもんでしたっけ?そしたら着地はできないんで上記の行動ってコトなんですが、跳躍力がスゴすぎる…。


 -OVER TIME-
 
 先週の感想より―


 咲倉とやらはモロに1番センターで俊足と言わんばかりの見た目。瀬戸川チームの練習風景ゼロでいきなり試合に突入した場合、確実に最初の見せ場は咲倉の俊足を生かした内野安打かと予想されます。






 …ふふ、ふふふふ。

























 完・全・的・中!!(´∀`)




 いや~ココまで予想が的中すると清々しいっすね。伊達に今まで色々な野球マンガ読んでませんよw まぁ2番のポッチャリ先輩まで俊足とは思いませんでしたが。
 あっとゆ~間に2軍から1軍へチェンジ。ハンデは4点。敵の実力からすれば十分に射程範囲内です。恐らくは同点、下手すれば逆転もアリです。ともあれ、鷹見の剛球とは対称的な、キレのある変化球を攻略しなければ反撃の糸口は掴めません。
 途中でピッチャーが太朗に変わったら面白そうですね。相手チームは大混乱でしょうにw







ブログランキング



関連記事

人気ブログランキングへ
コメント
あ~…
詰めが甘い…
爪が甘い…
あ~…
全く気付きませんでした(*゚艸゚)・∴


何かちゃんとスポーツやってる漫画がジャンプでやってるのが新鮮
キャプテン翼、スラムダンク、ホイッスル
とかは真面目でしたが

オーバータイム…タイムマシンに乗って先に読んでたのではないかと言うほどの的中ぶりですな…
素晴らしいです

何か最近連載順位が変わってきたような…
とりあえず斬は女助けて連載終了とか?(笑
>拓哉さん

まぁ最近のスポーツ系なんてテニプリとかミスフルでしたからね…。
斬は最近特に傷の回復具合が、ギャグマンガ並みに速いからどうでもいいっすw

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。