スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングへ

07’ジャンプ感想 19号

2007.04.10.Tue.23:20
 今週からほぼ本格的に授業開始です。三田は日吉と違いガイダンス的なものはないので、どの時間にどの講義を履修するかをけっこう計画的にしないと大変です。俺の場合はもう単位は気にしないでいいので気楽に色々見てみるつもりですけどね(´ω`) かなり面白いのばっか取るつもりなので、時間割が固まったら紹介しますね。


 -BLEACH- 
 ルキアが死んだコトを強調されると、逆にどうしても疑ってしまう自分がいますw とりあえずアーロニーロの認識同期とやらで得た情報は‘彼が事切れる’までのものなはずなので、正確にルキアが死んだコトを指し示す情報はないんですよね。ウルキオラ自身も「生きてはいまい」と言ってますし。しかしウルキオラはアーロニーロを一度も名前で呼びませんね。そりゃ一護に名前で言っても何のこっちゃって話ですけど、第9十刃のアーロニーロとは言わず終始第9十刃とだけ。彼がギリアンだった(格下)からかも知れませんが、この辺からもウルキオラの非情さが窺い知れます。


 一護はウルキオラと戦わない理由を「仲間を誰も傷つけていないから」と言いました。彼の信念が仲間を「護る」というコトならば、ウルキオラが敵である以上仲間を傷つける可能性があるので避けては通れない相手なのではないでしょうか。理想と現実のギャップ…彼の戦いに迷いが垣間見える理由はこの辺にもあるんでしょうね。もちろん、自分の最大戦力でウルキオラを倒そうとしている姿勢から、瀕死のルキアを助けるコトが最優先という一護の考えは十分伝わります。


 にしてもウルキオラは虚化に驚いてましたが、情報が無かったんですかね。以前に現世で、一護が新しい力を身に付けたコトには気付いてたようですが、グリムジョーからは何も聞かなかったようです。恋次の卍解については詳細に解析されていて、認識同期を用いて情報を共有する。にしては、生存していて詳細な情報を知っているグリムジョーからは何も聞かないってのは少々腑に落ちないって感じました。まぁ彼が素直に教えるとも思えませんが。



 -ONE PIECE-
 ヤバイ、ちょっと混乱してきた。ゾンビ犬がサンジだとするとサムライはやっぱりブルック?ゾンビの肉体で人格が彼らのものというコトでしょうか。とすると…ゾンビに宿されているのは彼らの影。でしょう、話の流れから推測すうるに。それならばモリアとホグバックが一緒にいる理由も何となく納得できます。


 -NARUTO-
 ここにきて呪印の話か…確かにあんまり呪印のコトって深く掘り下げられてきませんでしたからね。それともそろそろ触れようと思ったんでしょうか。呪印って種類ありましたよね?その辺のコトも解析されると分かりやすくなるかと。
 にしても、序盤では数少ない呪印持ちで重要人物っぽかったみたらしアンコが完全にスルーされてるのが悲しい…。


 -リボーン-
 おお、山本がそれっぽくなってる。10年経つと変わるもんですね。リング以外にも匣ってのが重要なアイテムっぽいんですが、如何せん情報が少なすぎる…。並盛の近くなのに森すぎるだろとか、10年バズーカのズレとか、まだまだ分からない点が多いですねぇ(´・ω・)


 -アイシールド21-
 高さでも届かない、姿勢を崩そうにも進の守りで近づけない。正に最強の矛と盾を用いての進撃で泥門は王城にタッチダウンを許してしまいます。しかしセナも阿含のドM発言によりトライデントタックルを防御します。モン太のキャッチだけで雌雄が決するとも思えないので、セナが更に一皮むけるコトに期待します。


 -エム×ゼロ-
 一人一人の魔法は極端に増えませんが、やっぱり既存の魔法を上手く応用できてますねぇ~。そんな中で九澄の閃きが今後どれほど発揮されるかでクラスマッチの決着はつきますね、あとM0の使用タイミング。点数的がイマイチ大量に増えないんでキング討ちですね、やはり。


 -アスクレピオス(読切)-
 連載は微妙なものの、読切になるとかなり完成度の高い作品というとてももったいない内水先生の読切。
 のっけから「重篤な病人や怪我人の前に」って書いてあるのに全然気付かなかった…致命的なミスです俺。中世という時代、まだ未熟な医療技術、切り裂きというワード…これらのエッセンスが巧妙に活かされていたんじゃないでしょうか?ただ、やはり惜しむらくは展開的に連載には向かなそうなコト。一話完結スタイルだと途中で息切れしてしまいますし、難しいですね…。


 -サムライうさぎ-
 スゴイ…ヒゲのギミックが果てしなくどうでもいい。今後もこのうさぎ面は我々の想像を遥かに超えた進化を遂げるのでしょうか。
 とりあえずアレか、諸悪の根源は村長か。しかし、だましだましの割にはかなりよくもった方だと思いますw だから吊るした挙句に全裸は勘弁してやってくれ。あと、志乃のパンチ前のぐるぐるタメにちょっと萌えた。


 -魔人探偵 脳噛ネウロ-
 毎回色々と風刺描写があるネウロですが…今シリーズ、敵を作りすぎじゃないでしょうか。マンガのキャラとかなら分からんでもないですが、今回はほとんど実在の人物。そもそも事の発端、殺されているのが御大ですから(´・ω・)そしてその息子が、親の七光りを主張して親を殺める…ゲドですか?ゲドのせいですか?あ、でもそれだと逆か…。トトロさんとナウシカさんが犯人じゃなくて良かったです。
 にしても今回細かいなぁ…コレで犯人にとっての姪が睦月になります。睦月の元ネタは言うまでも無くサツキでしょうから、メイとサツキってコトになりますね。ジブリパワー全開っすね。

 しかし今回はジブリのみに留まらない!ラスト2ページがヤバイ。


 ブランドのだけよく分かりませんが…空手好きな球団の顔漫画評論家親が原作の二時間ドラマの主役歌手…うわぁ、コレだけでもかなりの地雷を踏んでる気がしますが、本人としてはコマが小さくなればなるほどヤバイと思ってるんでしょうか。とすると…





 
19-1.jpg





 この2人か。落語家の「1」とアナウンサーの「桃」はヒント出しすぎじゃないでしょうか。とりあえず今回の件でこのマンガに圧力がかからないコトを祈ります。


 -テニスの王子様-
 波動球百八式を超える威力の何とかという必殺技を繰り出した金太郎、それを受けるリョーマの運命は?そして地球へのダメージは!?


 コレが前回のあらすじです。決してギャリック砲を撃つ直前のベジータではありません。

 さてさて、衝撃によって発生した煙が晴れ、周囲の状況が次第に見えてきます。皆、指示に従ってマジで伏せていたようです。まぁ先ほどまでボールで人を吹っ飛ばしていた張本人から「ワシのよりスゴイ」と言われたら無理もありませんね。そして直撃を受けたリョーマのコートにボールが落ちています…と思ったら








19-2.jpg





 割れてました。


 何をどうやったら、物質の半分を力の方向とは逆に吹っ飛ばせるのか甚だ疑問ですが、物理学的なコトを考え出したら負けです。何故ならコレはテニプリなのですから。


 とにかくボールが両者のコートに落ちたので引き分けだそうです。皆が異口同音に言うのでしょうから、引き分けという判断は正しいのでしょう。一般的に認知されているルールのようです。そそして不二が恐ろしい顔で推測するに、リョーマは「天衣無縫の極み」に目覚めた可能性があるようです。

 今までの情報からまとめると、「天衣無縫」とはボールを真っ二つにするコトによってどんな試合も引き分けにする能力かも知れません。コレだけだとかなり使えない能力ですが、親父曰くまだまだっぽいです。となると真っ二つにしたボールを両方相手コートに落とすのが本質でしょうか。確かにコレやられたら絶対相手は勝てない気がします。しかし俺は、このトンデモ予想すら打ち破ってくれるコトを期待しています。

 あと、ラジオではどんな実況がされていたんでしょうか。


 「あ~っと、河村君が観客席上段まで吹っ飛ばされました!」



 とか




 「ラリーの応酬が全く見えません!」



 とかでしょうか。それ以前の2試合の実況模様も非常に気になるところです。




 -P2!-
 ココにきて登場した第三の存在・六花学園。とりあえずは元の鞘に納まりそうですが、この六花学園の存在がドコまで影響してくるのか…黒幕がいるっぽいですけど、それまでに他の魅力的なキャラが出てくるかどうかがポイントだと思います。






ブログランキング







関連記事

人気ブログランキングへ
コメント
突然ですいません。
閉鎖のお知らせです。
相互リンクの削除をお願いします。
詳しくはこちらのブログを見てください。

いろいろとお手数をおかけして申し訳ありません。
今までどうもありがとうございました。
>Marchさん

相互リンクの件、了解しました。何やら大変そうですね(´・ω・)

月並みですが、体に気をつけて頑張ってください。

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。