スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングへ

学生最後(仮)の春・慶早戦 -第2戦-

2007.06.06.Wed.00:38
 土曜は午後8時くらいには寝てしまいましたw そりゃ体力の限界ですって、丸一日以上寝ずの状態でその間に










 飲んで














 歌って














 応援して













 面接までしてるんですから。







 人に自慢できるほどまともなコトかどうかは別として、自分で自分を誉めたいと思います。今ならあの時の有森さんの気持ちが少しだけ分かります。





 ってコトで慶早戦2回戦です。昨日は加藤・須田のエース対決を7対3で慶應が制しましたが、今日は中林・斉藤の次世代主力対決。今後の両チームを占うコトにもなる大事な一戦でした。


 実は日曜のチケット持っていなかった(買えなかった)んですが、マスコミセミナーの知り合いであるSFC院生のかつさんに学生券3枚を譲り受けてもらいました!かつさんホント感謝です(`・ω・)
 
 ってコトで今回は外野学生席での観戦と相成りました。



 昨日は須田が先発というコトでがっかりしていた観客たちも、今日の先発が斉藤確定というコトで大はしゃぎ。頼むから他の選手にも目を向けてくださいね…。



 と、んなコトを考えていたら試合前のアップ中に少々面白いコトが起こりました。



 
 早稲田の打撃及び守備練習中、背番号16…つまり斉藤祐樹がレフト(慶應側)に来ました。当然フェンス際に駆け寄り写真を撮る人が殺到しました。みんなミーハーだなぁと思いつつも、ふと感じた疑問。


 今日先発なのに何故わざわざ外野で守備待ち?ってか体格が斉藤っぽくないような…。



 何となく違和感を感じたわけですが、まさかねぇと思いセンター方面へ目をやると…。






 あれ?あっちにも16いねぇ?





 何故かセンターにもいる背番号16。その瞬間確信しました。奴らはダミーだと。センターの方はよく見えなかったのでダミーだとは断定できませんが(それでも現実的に考えているわけなし)レフトのはガチです。

 
 ってコトで嬉しそうに写真撮ってたレフト外野席の皆さん。アレは全くの別人です。知り合いに自慢してもかえって恥をかくだけなので気をつけましょう(´∀`)






 そんなこんなでダミー事件もありつつ肝心の試合です。結論から言いましょう。目の前で胴上げされました。「慶應から一つでも勝ち星挙げれば優勝」という条件を早稲田が9-5で満たしました。



 斉藤祐樹のピッチングを初めて生で見ましたが、確かに140台をバンバン出すストレートと鋭いスライダーはかなりのもんですね。一回り目なんかは慶應ナインは全くスライダーに対応できてませんでした。


 しか~し6回に突如制球が乱れた斉藤。優勝へのプレッシャーか慶早戦独特の雰囲気か、原因は定かではないですが一挙4点を失います。


 法政戦で立ち上がりに1点を失っただけの斉藤でしたが、ここで慶應が打ち崩しに成功!としておきましょう。斉藤としても、完璧ではなく課題が残った方が今後より成長するでしょうし。しかし、バッティングがやる気ゼロだったのはいかがなものでしょうか。そりゃピッチング優先ってのも分かりますしリードしてるしね。でももうちょっとくらい振る気あってもいいんじゃなかろうか。加藤なんか当たりそこねでも全力疾走で内野安打にしてましたよ。それとも今からセリーグはないという意思表示でしょうかw



 にしても中林がまだまだ安定しませんねぇ…。立ち上がりが微妙な慶應投手陣の中でも一際その間があります(前日の加藤は神がかってました)。また、申し訳ないですがリード面に関しては細山田の方が圧倒的に巧かったです。去年まではずっと岡崎がスタメンマスクだったために、捕手があまり育っていない現状が浮き彫りになってしまいましたね。細山田は打撃の方も首位打者でしたし、攻守ともに頼れる捕手を秋までに育成するコトが急務かと思われます。





 と、序盤の大量失点も相まって2戦目は早稲田に完敗でした。どうにも最近の慶應は早稲田に2連勝できる投手力がありません。ホント加藤が抜けるまでに何とかしないと…。








ブログランキング
関連記事

人気ブログランキングへ
コメント
要するに中林のコントロールだよな~。
確かに塾高のときからさしてコントロールは良くなくて、球数使っちゃう感じだったけど。
他大なら荒れ球で抑えられても、早稲田の強力打線は抑えられなかったって分けだな。
秋の2戦目先発はもう一回一からやりなおしだな~。
守口、相澤、中林、下級生、この辺で争うんだろうか。

あとは捕手のリード及び肩。
岡崎並みの打力は期待できないとしても、ちょっとリードと肩がお粗末。
ほとんど試合に出てないけど、1年の松本(金沢泉丘)ってキャッチャーは高校時代強肩強打で微妙にプロ注だった奴なんだよ。
暫くは併用の時期が続くかもしれないけど、いずれは彼が正捕手で主軸をになうものと期待してる。
>犬

中林が制球力アップしたら頼もしいよね~。何とか秋までに頑張ってもらいたい。

キャッチャーもリードと肩があってなんぼだからね、バッティングよりはそっちが最優先。

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。