スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングへ

07’ジャンプ感想 30号

2007.06.27.Wed.23:07
  久々にアニメ版デスノートを観たと思ったら既に最終回でしたw ん~ある意味キレイな感じで終わったとも言えるんですかね。ライトの死の間際にLが佇んでる演出は個人的には良かったです。しかし動画で見る魅上は殊の外怖い(((゜Д゜;)))




 -リボーン-
 炎で飛行するのは、まぁ推進的にも何となく分かるんですよ。でもガンマさんって電撃で飛んでますよね?エネルギーなら何でもいいんでしょうか。京子と接触したのはヒバリではなく花でした。う~む、やはり手札が揃ってないからキャラの予想がしづらい…。にしても「夢なら夢でいいわ!」って…そのポジティブな考え方是非見習いたいです(´∀`)

 そして網にかかったのは獄寺・山本組。連携する気ゼロの2人、雲行きが怪しいです。ってか守護者の中で連携プレーできそうなの(性格的に)ってランボ(10年後に限る)・了平くらいなんじゃなかろうか。


 -ONE PIECE-
 珍しくルフィの提言がピンポイントに確信を突いて作戦認可。まぁルフィの言うとおり同じ七武海って意味ではクロコダイルと同レベルなんですが…やっぱクロコダイルの8100万って低すぎた気がしますね。そしてぶっ飛ばすの定義は何なんでしょうかw


 ホグバックはノリツッコミも使いこなすんですね!ある意味仲間に欲しい逸材(´ω`)ツッコミ要員

 パーティ分けも虚しく、オーズの乱入で結局メンバーはシャッフル。まぁルフィ・ロビン・チョッパーってのは戦力的に問題無いのかな?



 -BLEACH-
 
 グリムジョー
 「はっ だったら何であの女を見た瞬間につれて連れて逃げる素振りさえ無えんだ!?」


 全く持って正論というか何というか。ウルキオラが消え、残るはグリムジョーのみ。確かに目的である織姫は眼前にいるので、律儀にグリムジョーとの決闘に応じる必要が無かったのも事実。けっこう前から「護るための戦い」ではなく「戦うための戦い」をしていた場面も多々ありました。そして死神と虚という相反する存在。それだけで殺しあうには充分な理由なんですね。

 にしても今さらですがセロって便利ですよねぇ。(現レベルの)虚なら誰でも出せるくせに威力はかなり高め。何せ月牙を打ち消すくらいですから。この手軽さは戦闘描写において、困ったらすく出せちゃうので
ある意味表現を広める上での足枷になったりしないのかなぁと軽く心配。セロの強化版まで出ちゃったのでさらに懸念。




 -NARUTO-
 サスケに手痛いダメージを負わさせるデイダラ、回想シーンで他の暁メンバーに見下されるデイダラ、そして奥の手C4カルラを発動するデイダラ…ダメだ、デイダラ勝利フラグが一本も無い。なんか今週のデイダラはすっげ~可哀想でした(´;ω;`)ウッ…



 -TO LOVEる-
 アレだけ色々やりたい放題やっといて、むしろまだ触手系が2回目(1回目の犠牲者は確か春菜)なのに驚いた。…何を書いてるんだろうか俺は。


 -サムライうさぎ-
 何かアレですよね、ビジュアル的な面を除けばマロ母は良き母だったようですね。兄弟に等しく愛情を注ぎ、2人の成長を心から願っていた母。すっごいイイ話なんだからマロ似ではなくちゃんとしたキャラにして欲しかった気がしないでもないです。あのマロ顔と巨大像がイイ話をかなり減衰させていますw
 

 志乃の話も影響してか、やはり良成が5人目に。ココは一時的な戦力であってほしいですね。前にも書きましたが恐ろしい同族経営の道場になってしまうので。やまねこ道場にはネコがたくさんいますね…ちょっと入門してみたい(つω`*)




 -アイシールド21-
 ヒル魔が指示を出すまでもなく自分の考えで動いたセナ。その0.1秒を稼げたおかげで殺人蜂(キラー・ホーネット)という奇策を考え出せたヒル魔。そしてその奇策があったからこそ王城ディフェンスに0.1秒のスキが生まれ、泥門にとっての活路が見出せました。全ては一瞬、少しの躊躇も許されない状態での極限の攻撃。こんなん実際にプレーされたら観てるコッチの心臓が止まりそうです(´・ω・)

 
 ヒル魔がセナ・モン太・瀧を本名で呼び寄せた辺りはグッときましたね。何かこう熱い何かが。スポーツ経験者としてはたまりませんね。



 -D.Gray-man-
 ロードがあっけないっちゃぁあっけない幕切れですが、ホントに終幕かどうか怪しいもんです。むしろティキの変貌に一枚絡んでたり。ティキの胸元にあるノアの聖痕は何を意味しているんでしょうか。

 そして(元)ノアのティキを助けようとするアレンを理解できないチャオジー。彼のようなイノセンスを持たない普通の人間にとっては、やはりノアやアクマは憎むべき存在。実際にアニタやマホジャを殺されているわけですから。チャオジーが人間として正論を言っているのか、それともアレンがエクソシストとして間違ったコトをしているのか…ラビの中でのブックマンの存在みたいな感じで、答えの無さそうなジレンマですね。


 -テニスの王子様-
 返せないなら返さなければいい…その答えは手塚ゾーンの裏返し。打球を引き寄せるのではなく、逆の原理で外へ押し出す。まぁ理には適ってますし腕の負担が今まで以上ってのも何となく分かります。しかも今回は手塚ゾーンの引き寄せる場合と外に出す場合を、かなり分かりやすく解説しています。可能不可能は別にして。

 こう見ると、手塚ゾーンは他の変態技に比べるとかなり親切設計なんじゃないでしょうか。にしても不二のヘカントゲイルもそうですが、この世界のテニスって回転がかなり重要な要素ですよねぇ。回転を制するものは世界を制す…あれ、ジャイロ?

 真田を倒す代償は腕一本のようですが、タカさんのように生死がかかってないだけ安いもんだと思います。



 -P2!-
 公式戦前日ってワクワクしますよね。それにプラスして自分がどれだけ力を発揮できるかって不安も…俺は野球だったんでそういった思いが余計強かったです。

 山雀がやってるおでこにバックを背負うスタイルですが…アレは思いの外首に負担がかかった記憶があります。昔スラムダンクのリョータ(だったと思う)が同じコトやってて、真似したら数日寝違えたかのような痛みが続いたような続かなかったような…マイ黒歴史の1ページです。



 -エム×ゼロ-
 全ては予定調和のように、九澄の試験はグダグダな方向(しかも2回目)に進んでいきます。2つの案内書を交換した時の両者の気まずい顔…コレは男同士だから通じる意思疎通ですね(´∀`)b

 
 世界制服…素晴らしいじゃあないですか。男は誰でもショッカーのような野望に憧れるもんです(持論)。俺らのリアルタイムだとクライシス(RX)とか。バキの世界の格闘家が目指す最強みたいなもんです。










ブログランキング










関連記事

人気ブログランキングへ
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。