スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングへ

07’ジャンプ感想 36・37号

2007.08.07.Tue.23:44






 スパロボOGs近況。

 強化版ランページえげつないですねぇ。正に暴れまくりです。そしてホワイトスター突入を前に、機体厳選中なんですが以前より機体が増えているので迷います。GBA版では実質レオナの専用機だった赤ビルガー、しかし今回はせっかくなのでズィーガーリオンの乗せているので空席状態です。赤ビルガー余らすの勿体無いしな…ってコトで現在は修理・補給装備でラッセルが乗っています。あの顔で敵をハサミでぶった切ったり、およそラッセルとは思えない操縦技術でビィクティムしてます。





 -BLEACH-
 何回かの決めゴマを経て、ようやくグリムジョー戦決着です。この戦いの所要時間がどの程度なのか分かりませんが、放置プレーされてるウルキオラ、そして様子を伺っているハリベルのコトを考えると長居もできません。


 と思ったら自称「十刃最強」のノイトラさん襲来。あの斬られにくそうな武器でグリムジョーがやられてしまいます。従属官の姿が見えませんが傍にいるんでしょうか?その場合チャドが放置されているので安否が気になりますが…。ってか流石にココは連戦できんでしょうに…ウルキオラ・ハリベルだっているんですから。何かしらの横槍でとりあえずこの場を逃げて凌ぐのが妥当な線かしら。織姫も一緒かどうかは別にして。




 -アイシールド21-









 どっかでさりげなく「URYYYYY!!」とか言ってくれないかなw 


 負ければ即退場。だったら負けなければいい。その極論のもとにキッドが文字通り命がけでパスを連続成功させています。コレを試合終了まで続けないといけないとは…はふぅ(*´Д`)=з

 そして西部にフルボッコされたコトを語りだし天狗さん。まぁ上の下って充分な能力だとは思いますが。そして未だにマルコが目立っていない…今週は峨王の後ろでスリップストリームやってただけでした。




 -ONE PIECE-
 今週のタイトルが「決着」ですが決め手がゴキブリです。や、ゴキブリと言えどバカにはできません。生理的嫌悪感を煽るあのフォルム、こちらへ飛翔してきた時のあの恐怖…玩具ゴキブリとは言え一瞬なら素の反応をしてしまう方も多いでしょう。かく言う俺も絶対ダメ。


 一方ゾロが完全に押されています。せっかく3人いるんだから、どうにかして羽交い絞めにでもして塩を食わせたらどうだろかw





 -リボーン-
 ビアンキ多少まともになってる…(゜Д゜)10年という歳月は人をコレほどまでに変化させるのですね、まぁ作者の匙加減って言われたらそれまでですがw それにしても並盛中学風紀委員を母体とした秘密地下財団て。文字にすると殊更に面白いです。財源が無性に気になります。

 そしてツナの修行相手は噛み殺す気満々のヒバリ。まぁヒバリが10年経った現在でもファミリーに属している(一応立場上)くらいですから、ツナの秘めた力にも期待しているんでしょう。お姉さん方にはたまらない対決ですねw




 -NARUTO-
 キバの鼻を用いてサスケの匂いを追跡していたわけですが…そこを香燐に逆に利用され撹乱されてしまいます。そこでナルトの取った行動は多重影分身で手当たり次第。まぁ他に選択肢が無いんで仕方が無いコトではありますが、結局普段通りでした(´ω`)

 でも全員でまとまって行動するより、ノーリスクで情報が得られる多重影分身こそ探索には向いてると思います。実際、影分身の1人がイタチと遭遇しましたが、全体行動で遭遇した時に比べたら微々たる危険です。影分身だって解除すればイタチがいた場所の記憶はナルトに蓄積されるわけですから。ただ、このナルトが本体だったらちょっと面白いw





 -D.Gray-man-
 ようやく…よ~やく登場のクロスです。最後に登場した時はどこぞの縁側でくつろいでましたっけ。そして鶏をダミーにしつつ行方をくらましてました。あの鶏は健在だろうか…(´ω`)

 流石ドS元帥。早くもピンチの弟子を殺る気満々ですw そんな彼のイノセンスが聖母ってのも皮肉たっぷりですね。とにかくティキ(仮)に見合うだけの戦闘力を持ったエクソシストが現れました。今までは防戦一方でしたが、ティキ変貌の謎に迫るような展開に向かってほしいですね。




 -うさぎサムライ-
 摂津殿…うしゃちほこ壊しちまった時のジェスチャーが完全にこれがこれでこれなもんで的発想でしたが。とりあえずマロ騒動は元鞘になって何よりです(´ω`)

 そして次の問題は金策ですか…。道場の権利書を抵当にして借りた百両は二百両に倍増。さてさてどうやって返済したらいいものか…。ん?何か高そうな物があったような…。あ、朱塗兎大小拵だw 刀の相場は存じませぬがけっこう値が張るんじゃないでしょうか?人としては最低ですけど。




 -魔人探偵 脳噛ネウロ-
 先週までの展開、きっと誰もが思ったコトでしょう…サイのくせにあっけなさすぎると。俺もきっと何かしらのどんでん返しがあって然りだと思ってました。そして今週どんでん返しはありました…しかしとんでもないどんでん返しです。アイも…そしてサイすらも捨て駒にして登場した、特殊な能力のような後付けではない根源的な「絶対悪」の存在。我が子ってのは例えなのか、それともマジなのか。ともあれアンドリューはちょっと可哀想ね(´・ω・)イタソウ…




 -テニスの王子様-

 今週最初のセリフは「うぬぅ」でした。ちなみにコレは現代のテニスをする中学生のお話です、あしからず。


 ラケットを吹っ飛ばされてたのに回転をかけるって、果たしてどの瞬間にそんなコト可能なのか。その回転ってジャイロにでも習ったんでしょうか。







36-3.jpg





 真田側にボールが落ちようとする瞬間、それでも手塚は自らのラケットを拾いに向かいます。流石青学の部長、残心を忘れていませんね。対する跡部は一歩も動けず、手塚の勝利!と思ったその瞬間…

















36-2.jpg






 







 気合で何とかしてしまいました。










 や、気合で何とかする展開は別段珍しくありません。しかし本来は気合+動作により何らかのファインプレーが生まれるものです。が、今回は最後に手塚が回転をかけたコードボール。「向こうに入らんかー!」などとさも自分が打った打球のように言っていますが、元は手塚の打球です。まぁ真田の打球を手塚が弾いたので、一概に関係無いとも言えませんが。ってか分身したり人吹っ飛ばしたりテニプリの世界にしては、気合一閃ってのは何ともスポ根属性強いですね。ちょっと珍しいと思ってしまったり。



 何はともあれ


 ・光速移動(文字通り)

 ・ディストーションフィールド

 ・回転の偉大さ

 ・気合で決着という、意外とスポーツマンガな展開


 などなど見ごたえ十分な頂上決戦だたっと思います。コレだけのクオリティです。恐らく許斐先生もさぞお疲れでしょう。真面目な展開の後にはギャグ展開、コレがテニプリの基本です。



 ってコトで来週から1ヶ月に渡って


「軽井沢の王子様~ぶらり途中スカイダイビングの旅」


 が始まるものと信じています。





 -ムヒョとロージーの魔法律相談事務所-
 アレ…ティキさん?二度目もかなりあっけなくやられてしまいました…。まぁ締めがロージーの業洗刀ってコトで、ココにきてやっとコンビとしての連携ができたんじゃないかと思います。んでとりつきをはがす他に未知の力って何でしたっけ?呪術の解除でいいのかしら。名前からいくと業を洗うってコトなんですが…。



 -瞳のカトブレパス-



 トウコツの断末魔




 「あベャ!!」



 トウテツの断末魔



 「げぶォ!」



 何だろう…このセンスは何かすごく惜しい。









ブログランキング


関連記事

人気ブログランキングへ
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。