スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングへ

こんなくだらないコンサルも嫌いではない

2007.12.08.Sat.18:41


 昨日、就活支援しているマスコミセミナーで忘年会がありました。というか朝まで。今回は
幹事を担当したので、鍋を家から持っていったり食材の買出しをしたりとそこそこ大忙し。長期戦を見越しての鍋三段構えは予想通り、12時を過ぎた辺りから功を奏したようで…就活生たちも色々と有意義な時間を過ごせたようで何よりです。年が明ければ本格的に各企業で選考が始まるわけですが、頑張ってもらいたいですね(`・ω・)


 エントリーシートを締め切りギリギリで、ひたすら速達で出していた日々を思い出します…。やっぱ物事は計画的にせんといかんよね。



 就職活動を始めてみると、自分が想像していた以上に多くの業界、多くの企業が世の中には存在しているコトを知らしめさせられます。どうでもいいですけど「知らしめさせられます」ってすごく言いにくくないですか?品詞の構成的には何ら無駄の無い配置なんですが、それ故に言いにくいのが、どことなく釈然としなくて…。気にしたら負けなんでしょうか。


 あ~話が逸れた逸れた。それで、本業はもちろんちゃんとやってるんでしょうけど、たまにホンットにどうでもいい調査とかしてる企業をニュースで見かけます。誰が得をするのか全く分からない…それでいて愛すべきおバカ調査だなと感じるコトもしばしば。今日はそんな一例を。




サンタの理想の住みかはキルギス?


 サンタクロースは中央アジアのキルギスに出発拠点を構えるべきだ-。スウェーデンのコンサルト会社が、世界中に贈り物を配って回るのに最適な場所を割り出した。

 地球の自転や人口密集地の分布などを考慮。「回り道もなく、トナカイに過度の負担を強いることもない」と、カザフスタンとの国境に近いキルギスの山中を選んだ。

 そりの時速を2100万キロ、1軒に費やす時間を100万分の34秒以下にすると、48時間で全世界の25億戸の家庭を回れるという。「速すぎるからサンタは見えないんだ」と同社。(ストックホルムAP)

http://sankei.jp.msn.com/
world/europe/071206/erp0712061539001-n1.htm







 なんて…なんてどうでもいい情報なんだ!



 しかし、どうでもいいだけに嫌いじゃありません。むしろどうでもいいようなコトにこそ真価を発揮するのが人間というものです。


 だってコレ、俺なんかには到底不可能なレベルの計算とかしてんだよ?自転やら人口分布やら…そもそもこの命題のために何から考えればいいかすら不明。少なくともこの調査に関わった方々は、とてもプロフェッショナルなんだなと窺い知るコトができます。


 が、空想科学読本的なツッコミをさせてもらうと、時速2100万キロなんてとんでもない速度で移動してたら、停止時の衝撃波がものっすごいコトになるんじゃないでしょうか?ベッドの中でサンタを待ちわびる子供たち、突如として強い揺れとともに崩壊する家屋…間違いなくトラウマをプレゼントですね。


 そもそも、いくら時速2100万キロでも、いちいち止まっていたら「一軒につき100万分の34秒以下」なんてハードルはどんどん厳しくなってきます。止まらずにプレゼントを届けるにはどうすればいいか…。打つ手は一つ、そり上からの遠距離投擲です。


 ベッドの中でサンタを待ちわびる子供たち、突如として家目掛けて時速2100万キロのアンノウンから放たれるプレゼント。そのプレゼントは煙突を破壊し、床をも貫通して地中深くまで突き刺さる…間違いなくトラウマをプレゼントですね。


 いずれにせよサンタのが来るコトは、大いなる災厄の襲来でしかないわけですが…とある地域ではわずかながら希望が見えてきました。





「保険適用外」でサンタの訪問ダメに?


 英中部ノーサンバーランド州の町で、サンタクロースがソリで子供たちのもとを訪れるという30年続く伝統行事が今年はできなくなった。ソリを載せて走る車両が目的外使用のため、保険の適用を受けられないと通告されたからだ。

 サンタを派遣する地元ライオンズクラブの会員は「まったくいら立たしいよ」とご立腹。結局、地元企業が一肌脱ぎ、今年はサンタにバスで町を回ってもらうことになった。(AP)

http://sankei.jp.msn.com/
world/europe/071202/erp0712021528006-n1.htm






 サンタの天敵は「保険が効かない」でした。確かにとんでもない時速で世界中を飛び回らなきゃいけないのに、万が一の補償が備わっていなかったら誰だって尻込みするでしょう。子供たちの笑顔のため…その夢のために高速ソリで事故って下半身不随にでもなったら洒落にもなりません。


 ノーサンバーランド州のこの対策は、是非世界中で波及してほしいものですね。何事も安全に…サンタと子供とのwin-winの関係を築いていこうじゃあありませんか!


 …卒論のやりすぎで病んできたかもしれません。







ブログランキング


 
関連記事

人気ブログランキングへ
コメント
先日はありがとうございました。

鍋、美味しかったですよね。

これからもご指導宜しくお願いします!!

>dankanさん

鍋は大成功でしたね!

就活頑張ってください!
こういうの好きです(笑)
>みかさん

何故人はこんなくだらないコトに全力を出すんでしょうねw

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。