スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングへ

まだまだ続くサンタの受難

2007.12.09.Sun.23:05


 昨日サンタの及ぼすクリスマスへの影響をご紹介しましたが、それとなくその後もネットサーフィンしてたら色々見つけてしまいました。どうやら今のご時世は、サンタクロースにとって尋常じゃないくらいやり難いみたいです。









太ったサンタに批判の声、ブートキャンプ強制参加も

[ニューヨーク 7日 ロイター] クリスマスのシンボルでもある「サンタクロース」に対し、太った体形が健康的ではなく、子どもの肥満率が上昇するなかで悪い見本になっているという批判の声があがっている。

 英ケント州ダートフォード近郊のショッピングセンターでは、赤い衣装を着て子どもらを出迎える「サンタ役」に対し、体を絞るためにクリスマスまで1カ月間のブートキャンプ参加を命じている。

 スティーブン・K・ギャルソン米軍医総監代行は「子どもたちが見本として尊敬する人物は、健康的で正しい食生活を送り、運動していることが非常に大切」と指摘。スリムなサンタの方がよい見本になるとの見方を示した。

 一方、典型的な太ったサンタの支持者らは、小児肥満予防キャンペーンの先頭に立つ役割はサンタにはふさわしくないと主張。サンタ専門のエンターテインメント会社を経営するペンシルベニア州のダッチ・スキラップ氏は「子どもたちは大きな赤い衣装を着たサンタを知っている。サンタが肥満だろうと気にしない」と語っている。

http://jp.reuters.com/article/
oddlyEnoughNews/idJPJAPAN-29263720071209






 太ってるからサンタクロースなんじゃなかろうか…。恰幅の良いサンタならまだしも、すらっとしたサンタなんてサンタじゃないやい!そもそも寒い地方では生きられんでしょ…皮下脂肪的に考えて。






フィンランドのサンタ・パーク、解雇した従業員への賠償命じられる

[ヘルシンキ 26日 ロイター] フィンランドの裁判所は同国にあるテーマパーク「サンタ・パーク」に対し、解雇した小人役の従業員3人にそれぞれ5600ユーロ(約90万円)の損害賠償金を支払うよう命じた。

 世界で唯一「公認の」サンタクロースがいることで知られる同パークは、フルタイム雇用の小人役従業員全員を解雇して派遣労働者に切り替えていた。

 同パーク側は経営が困難に直面する中で3人の解雇は必要な措置だったと主張してきたが、裁判所は解雇の理由が見当たらないとの判断を下した。

http://jp.reuters.com/article/
oddlyEnoughNews/idJPJAPAN-29073120071127







 こんなトコにも派遣の波が。小人カワイソス(´・ω・`)






豪サンタに伝統的な「ホッホッホー」の笑い声禁止令?

【11月15日 AFP】豪大衆紙デーリー・テレグラフ(Daily Telegraph)は15日、同国最大の都市シドニー(Sydney)のサンタクロース( Santa Clauses)たちが、伝統的な笑い声「ホッホッホー(ho ho ho)」を使用しないよう勧告を受けたと報じた。

 人材派遣会社から派遣されるサンタクロースの1人が同紙に、「ホッホッホー」ではなく「ハッハッハー(ha ha ha)」と笑うよう会社から指導されたと話したという。理由は、「ホッホッホー」の発音が「売春婦」を意味する米俗語「ホー(ho)」に極めて似ていることから、女性に不快感を与えたり、子どもたちを怖がらせかねないとの配慮からだとしている。

 これに対し、児童の男女区別扱いに反対する活動団体「Kids Free 2B Kids」を運営するジュリー・ゲール(Julie Gale)さんは、「勘弁して」と呆れ顔だ。

 「われわれが問題にしているのは小さな子どもですよ。彼らは『ホッホッホー』に裏の意味があるかどうかなんて理解しませんし、理解するべきでもありません。サンタを放っておいてあげて」(ゲールさん)

 報道について、米国に本社を置く人材派遣会社「Westaff」の在豪広報部は、同社がサンタクロースの伝統的な笑い方を禁止したという点には「語弊がある」と反論し、笑い方については派遣するサンタクロース各自の判断に任せていると説明した。(c)AFP

http://www.afpbb.com/article/
life-culture/life/2312005/2353896






 ん~気にしすぎな気がしないでもないですが…どうなんでしょう?言語文化が違うので何とも言えませんが。




サンタにも「身元確認」求める 米郵便公社

2007年11月24日11時20分

 米郵便公社は23日までに、子供たちから郵便局に届いたサンタクロースあての手紙に返事を書く市民のボランティアに対し、今年から写真付きの身分証明書を提示するよう求めることを決めた。子供の住所や連絡先が悪用されないようにするためだという。(時事)

http://www.asahi.com/international/
update/1124/JJT200711240004.html





 
 

 とまぁ、色々紹介しましたが…風潮的にサンタは滅びを迎えるしか道が無い気がしないでもないです。








ブログランキング
関連記事

人気ブログランキングへ
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。