スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングへ

AVP2 エイリアンズVS.プレデター

2007.12.30.Sun.18:13
 スーパーロボット大戦OG外伝を買いました。発売延期を全くしなかったコトが正直びっくりです。今は2.5のシナリオやってる最中です。またODEシステムを相手にせにゃならんのか…。

 
 初っ端からいきなり「二つ目のウルブズ」であるクライウルブズが登場。現在まで壊滅の兆しが全く無いってコトは本格参戦(サーベラスやガルムレイド)はOG3ってコトなんでしょうか。

 
 あと個人的に気になるのは、アクセルが何に乗れるのか…ですね。設定資料集によるとヴァイサーガは外伝に出るみたいですが、俺の中でアクセルといえばアシュセイヴァーなのでアシュセに乗れれば文句は言うまい。というかヴァイサーガが出るせいで、おちおちアンジュルグが改造できんw



/ バンプレスト(2007/12/27)
Amazonランキング:17位
Amazonおすすめ度:
正直・・・・
燃えます!!
意外にハマッたフリーバトル鑑賞






 ま、コッチはまた機会を改めて色々書くとして、昨日観た映画のお話。ネタバレ全開でふ。


 
AVP2 エイリアンズVS.プレデター



AVP2-1.jpg





 いや~年内に観れて良かったですね。年越ししてからだと、いつ観れるか予定が微妙だったんで。「ソウ4」を観れたのが25日だったので、映画はさくさく早めに観るのが吉ですね。



 前作「エイリアンVS.プレデター」のレビューはコチラ。ブログ書き始めの頃ですね、懐かしい(´ω`)



 今回は前作AVPの直後。前作主人公レックスと協力してエイリアン・クイーンを倒し、戦士として死亡したスカー・プレデター。しかし彼はエイリアンに寄生されており、地球を飛び立った宇宙船内でプレデターの性質を受け継いだチェストバスターが腹から誕生…というトコで終わった前作。

 勇敢なスカー・プレデターの血を受け継いだエイリアンが彼…



AVP2-2.jpg





 プレデリアンです。コレでもかってくらい安直なネーミングなんですが、シンプルで良いかと。宇宙船内のプレデターは彼により次々と殺され、宇宙船は地球へと墜落します。続編は宇宙編を期待してたんですが、その願いは開始数分で砕かれました。


 宇宙船はコロラド州の田舎町クレステッド・ビュートへと墜落。プレデリアン及び数匹のフェイス・ハガーは町へと侵入してしまいます。どうでもいいんですがプレデリアンが「プレ照り案」って変換されてしまうこのパソコンは何なんでしょうか。


 そして本星とおぼしき場所から異変を察知した1人のプレデターも地球へ飛来します。


AVP2-3.jpg




 エイリアンの掃討を生業とするザ・クリーナーです。


 彼の性質はハンターやウォリアーとは少々違います。主な特徴として、殺戮の痕跡をなるべく残さないようにします。なんかよく分からん液体で、エイリアンや人間の死体を次々に溶かしていきます。あの液体があれば完全犯罪も容易ですね!相手が戦士かどうかではなく、自分の存在を知る者なら容赦なく殺る辺り冷酷さはプレデター随一かと。でも、その割に恒例の生皮剥ぎやったりする辺り、自分の存在もちょっとは認めてもらいたいんだろうか…。ツンデレさん?(´・ω・)




 前作とは違い、人間・プレデター・エイリアンは完全な三つ巴…というか人間がただ巻き込まれただけ。レックスとスカーのような奇跡の意思疎通は全く皆無。あっさりと屠られていく人間のあっけなさが気に入りました。特に(おそらく)主人公ダラスの弟であるリッキーが好意を抱くジェシーの末路が秀逸。ちなみにこのジェシーが限りなくビッチな性格なんですが…だからあんな最期なんかな。

 
 一行が病院へ到着
 ↓
 エイリアン出現
 ↓
 ジェシー混乱、単独で逃走
 ↓
 病院の別の場所で、クリーナーがエイリアンと戦闘中
 ↓
 クリーナーがレイザー・ディスクを射出
 ↓
 逃げてたジェシーにドンピシャで命中
 ↓
 ジェシー絶命


 いや~この流れが神がかってましたわw 完全にディスクはエイリアンに向けて放った流れ弾ですもん。特に最期の言葉も無し。あっけない、あっけなさすぎるよジェシー!彼女の死に様が、この映画における人間の立ち位置を如実に表しています。


 
 新武装も色々あり、いつもとは違った感じのプレデターも出てきて、ファンとしてはそれだけで満足といえば満足なんですが…まぁ不満点もちらほら。



 一つはエイリアンズVS.プレデターというタイトルからも薄々予想はできたもの。そもそも「エイリアンズ」というのは「エイリアン2」の原題。1と違って大量にぞろぞろ出てくるぞ~って意味合いもあったんでしょうね。そして今回もエイリアンズ、事実うじゃうじゃ出てきましたよ。それに対してプレデターは単数形…つまり1体しか出てきませんでした(活躍したという意味では)。元々プレデターって群れて戦う習性はありませんから、当たり前といえば当たり前なんですが、ちょっとばかし数のバランスが…。


 しかしそうなるのも仕方ない要因が一つ。別固体ってのが判別し難いんですよね外見的に。プレデリアンは置いといて、エイリアンってのは同種の個体が大量に出てきます。それらを総称してエイリアンと指すのでそれはいいでしょう。が、プレデターの場合、個体により性格とか装備がまちまちだったりします。だから複数のプレデターを、はっきりと別のプレデターとして扱わなくてはなりません。ですがそんな些細な違いを劇中で、初見にて判別するのはほぼ不可能に近いです。プレデターファンとしては様々なプレデターの活躍を見てみたいんですが、マニアにしか分からんようなのは作れないですよねぇ(´・ω・)



 そして、も一つ不満なのがラスト。アレはやっちゃいかんだろ…。クレステッド・ビュートでしょ、今回の舞台は?ラクーン・シティじゃないでしょ?確かに繁殖しまくるエイリアンを掃討するためには、一定範囲を消滅させなきゃなりません。前作ではピラミッド毎爆発させました。今回エイリアンが現れたのは市街地…当然それしか手段がないのも分かります。だったら舞台を市街地に設定しなきゃいいだろうに…。純粋にエイリアンとプレデターが戦う宇宙が舞台なら、こんな面倒なコトしなくてもすんだのに。コレじゃバイオの焼き直しと言われても文句言えない気が…。


 ラストのユタニは…アレか、ウェイランド・ユタニの湯谷か。よく分からん人はエイリアンシリーズをチェック!しかしプレデターの銃を手に入れてても、エイリアンシリーズでは人間たちはヘタれるのね…ほら、前日談作ると辻褄合わせが面倒になる…。


 前作・今作共に、楽しめてはいるんですが、なんか理想とは程遠いんですよね…。個人的にはアーケードの「エイリアンVSプレデター」みたいなノリを求めているんですが、あのテイストを映画に引っ張るだけでも、かなり面白いものができあがると思うんですがどうでしょう?



 原題でRequiemとか言っちゃってるから今作で締めちゃうのかな…まだ改善点はたくさんあるのに。是非次もという期待分も加点して…10点中5点!好きだからこそ厳しくいくよ~(`・ω・)

 子供だろうと妊婦だろうとチェストバスターする姿勢は評価したい。

 そして、病院屋上でプレデリアンと対峙し、ベルトならなんやら外して「素手で勝負だ」と言わんばかりのクリーナーがちゃっかりリストブレイドだけは装備していた辺りに、プレデターという種族としてのプライドと、クリーナーという職業としてのプライドのジレンマを垣間見た気がしますw







ブログランキング



関連記事

人気ブログランキングへ
コメント
Goodはこっさん。

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
前作を劇場で観なかったのを後悔したんですよね。だって「エイリアン」の流れで考えたら、もぉ面白くないでしょと思ってしまったんです。DVDで観たら意外にも面白くてビックリ、この続編も待ってましたって感じです。今度はちゃんと劇場で観ましたァ。 出演は、レイコ?...
映画館にて「AVP2 エイリアンズVS.プレデター」 2004年公開の『エイリアンVS.プレデター』の続編。 おはなし:コロラド州のガニソンという人口5000人余りの小さな町に小型宇宙船が墜落。それはプレデターの宇宙船だったが、プレデターの死体に宿っていたエイリアンの幼?...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。