スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングへ

板橋 管理人夫婦殺害事件

2005.06.22.Wed.23:29
 板橋区で起きた管理人夫婦殺害事件(及び社員寮爆発)で、夫婦の長男の高校1年生(15歳)が逮捕されました。

 こ~ゆ~時、少年の同級生や近所のオバちゃんなんかはきまって「おとなしい普通の子だった」なんて言いますが、当たり前だっつ~の。むしろそういった性格だからこそ、ストレスの捌け口がないから一度糸が切れると突発的にとんでもないこと起こすんですよね。大体そういった点から暴力ゲーム等が槍玉に上げられたりしますが、ゲームが影響でそんなコトするんだったら、それは親の管理不十分。また別問題です。

 この少年は、中学時代(かな?)に友達と空き家に侵入したコトがあり、その時に親から注意されたコトで確執が生まれたそうです…ん~親もそこで突き放すからいけなかったんでしょうね。ただでさえ一人っ子なんだからムチが必要ですよ。俺の幼少時代に比べたら楽な方っすよ。多少の口答えしたり何かあったりすると、やれ外出てろだの頭ぶん殴るだの…あ、ちなみに幼稚園の頃からね。

 でも、別にだからって親怨んだりしてませんよ?むしろ感謝かな…たいてい怒られたりした後は、長々と何故それがいけないのかを説教してくれるんですよ。要は、小さい頃から是々非々をみっちり教えられたんです。それに散々っぱら殴られたもんだから、嫌が応にも人の痛みも教えられましたしね。おかげで、今だに兄弟喧嘩でさえグーで殴ったコトありませんよ。ボルテージ上がりそうになっても、瞬間的に相手のコト考えちゃうんですよね。ってコトで、俺は例えキレても(それ自体ほとんどないけど)手は挙げない安全な人間です。(笑)そういう意味ではホントちゃんと教育しれくれた親には感謝してますよ。

 まぁしかし、もしそういうコトを教えられてなかったら俺がこういう事件を起こしてた可能性も否めないわけで。事件の原因の要因として、第一に親を挙げる、というわけではありませんんが関係がないとも言い切れません。少なくとも未成年の突発的な犯行(もちろんそれ以降の年代でも)については、幼少時の教育が重要だと思います。何でもかんでもぶん殴れとは言いません。反面教師で暴力的な性格になっちゃったら元も子もないですし。是々非々の何たるかをしっかり理解させるコトが大切だと思います。多少頭小突いたりするのは手段としてはアリだと思います。(実体験より)
 冷たい言い方かもしれませんが、この少年の両親の場合、その辺の教えの甘さが結果的に自分たちに降りかかってきちゃったんだと思います。他に例を取ると、最近は子供の都合関係なしに勝手に離婚する夫婦がメチャクチャいますが、子供にとっては「ふざけんな」って話ですよ。結局、少年犯罪の増加ってのは
大人が教えるべき大事なコトの怠り・責任の

欠如がツケとして回ってきた結果。


そんな風に俺は考えています。
関連記事

人気ブログランキングへ
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。