スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングへ

犯人よ、今夜は震えて眠れ

2008.01.19.Sat.22:26



 昨日ふと、久々に1人鍋をしようと思い立ちました。昨日は品川の区役所で用事を済ませ、夕方以降特に用事も無くブラブラと大井町を歩いていました。かなり間が空いていたので、ブックオフがハードオフになっていたコトすら知りませんでした…。最近あんま用事ないからなぁ大井町(´・ω・)



 それで帰りにスーパー寄って、肉やら白菜やら椎茸豆腐やら買って、いざ!(`・ω・) あ、ついでにカツオのたたきも買いました。



 と勇んで帰宅し、冷蔵庫を開けてみると…















 お肉、豆腐、白菜、しめじが。










 え~と…アレ?(´・ω・)?






















 どうやら弟も鍋しようとして食材を買ってきたようです。こんな時に兄弟でシンクロせんでも…orz


 というコトで我が家の台所には、現在2つの鍋が存在しておりますw 


 そんな我が家の日常でした(´∀`)ノ




 さてさて、レビュー書く~っつって、かなり放置してしまった小説があります。というコトで雫井脩介「犯人に告ぐ」



雫井 脩介 / 双葉社(2004/07)
Amazonランキング:31677位
Amazonおすすめ度:
魅力溢れる巻島に注目!
犯人の描写が欲しかった
文句なく星「6つ」です。必読。





 読むきっかけは、映画館で劇場版の予告を観たから。というか俺の習性として、劇場版が作られると、妙にそれの原作を読みたくなります。そして、小説を読んで満足して映画は観ないっていうw だって絶対イメージ崩れるもん。

 そんなんで申し訳ないですが、コレも映画は観てないです…。でも小説はスゴイ面白かったです。






 「このミス!」にも取り上げられてる辺り、俺の好みど真ん中です。カテゴリとしては警察サスペンスなんですが、この物語のキモとなるのが「劇場型犯罪」に対抗する手段として発案された










 
劇場型捜査







 なんです。その前に劇場型犯罪って何やねんって話ですが、グリコ森永事件とか神戸連続児童殺傷事件とかが例として挙げられるかな?いわゆる、マスメディアに大々的に事件が取り上げられ、視聴者としてもその事件に行く末に注目し、あたかも見世物的なテイストを持っている事件です。




 この場合、しばしば警察は脇役とされて、マスメディアが視聴者を扇動するような傾向があります。メディアの騒ぎ方が視聴者に、事件に対する関心を持たせ結果的に情報収集に役立つ時もありますが、まぁ騒ぎ方が正解か不正解かは微妙ですね。というか個人的に絶対に許すコトはないだろうっていう騒ぎもありましたしね…。まぁそれは別の話。






 この物語の主人公は巻島史彦という刑事。川崎市で起きた連続児童殺害事件、彼が上司の命令で劇場型捜査の主役となり、表舞台に立ちます。しかし彼は6年前。誘拐事件の捜査を指揮し、結果的に人質の子供は殺され逮捕には失敗します。しかも、その後の記者会見でも大失態を犯し…まぁ酷な言い方をすると、一度マスコミの槍玉に上げられるのも二度もだろう、犯人が逮捕できれば万事めでたし、失敗すれば捨て駒…というけっこう悲惨なポジションんに置かれています。


 まぁその上司である曾根警視監も、巻島に責任を押し付けつつも、彼の行動は結果的に良い方向へ物事を導きます。ある意味、この物語で一番得してる人w


 記事のタイトルは、犯人の手掛かりを掴んで、巻島捜査官がテレビの出演にて犯人へ向けて言い放った言葉です。世間や警察内から色々と言われようと、我慢して信念に従ってテレビに出演し続けた結果、彼はようやく犯人の影を見つけました。それまでとは違う、殺気すら感じる巻島捜査官のセリフ…それまで長々と我慢の戦いをしていただけに、コレらの言葉の重みがひしひしと伝わってきます。せっかくなので抜粋しま~す。









 「バッドマンに告ぐ」








 「お前は包囲された」








 「多少時間はかかったが、我々はようやくお前を追い詰めた。逮捕はもう時間の問題だ。逃げようと思うな。失踪した人間は真っ先にマークする。今夜は震えて眠れ」




 ホントはもうちょい続きますが、そこは読んでのお楽しみというコトで♪犯人側の描写が手紙以外ほぼゼロなのも、ある意味劇場型だな~と感じたので、個人的にはアリだと思います。







ブログランキング




関連記事

人気ブログランキングへ
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。