スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングへ

いま、会いにゆきます

2005.07.05.Tue.18:59
 0TH-SDV15191.jpg

 久々に映画の感想を。大学の講義で観るという、若干イレギュラーな観方ではありますが「いま、会いにゆきます」です。ちなみに正式名称を記述しようとすると、

「今、会いにゆきます」

「いま、会いにいきます」

「今、あいにいきます」



 などというケアレスミスが多数存在する悲しい映画です。

 あらすじについては皆さん大体ご存知と思いますが、一年前に亡くなったはずの巧の妻・澪が、生前に自分が書いた絵本に「雨の季節になったら戻ってくる」と残した通り、雨の季節に巧と息子の佑司の前に現れますが、生前の記憶を無くしていました。二人は澪自身が一年前に死んだことを悟られないように、再び三人での生活を始めます。しかし、幸せな生活の中、雨の季節は終わりに近づき澪も自分の運命に気づき始め…。

 って感じです。どうして死人が甦るとか、澪の警戒心が無さ過ぎるとか、そんな野暮なツッコミは置いといて。巧が澪に二人の出会いから今までを語ることによって、死人がどうこうという話じゃなくなるのは秀逸な演出だと感じました。高校・大学時代の二人のぎこちなさも微笑ましいです。
 また、巧は陸上時代選手の無理なトレーニングがたたって、現在では激しい運動ができなくなっていました。しかし、澪が戻ってくると、いつも自転車で追い抜かれていた女子高生を抜き返し、途中から自転車を押して上っていた坂道を乗ったまま上れるようになりました。そんなとこからも、巧にとって澪が如何に大切でかけがえの無い存在だったかが感じ取れます。
 澪自身も、覚えが無いながらも、自分が愛した夫や息子のことを徐徐に昔のように接することができるように変化します。

 俺が一番グッときたところは、雨の季節が終わりを迎え、澪が三人の思い出での場所で別れを待つ最中、巧が必死にその場所へ行こうとするシーンです。別に巧の体が治ったわけではないので、巧は全力疾走の途中でいったん力尽き倒れてしまいます。しかし、巧は力を振り絞り再び走り始めます、かつてガムシャラに走ってた昔の様に…。
 愛する人のために力を出せるってなんかいいですね。俺にはそんな人いないし…(泣)

 ラストの澪の回想も、互いが相手をどれだけ想っていたかが分かり、澪が消え去るところのように感動を誘います。が、タイムスリップは個人的になくても良かったんじゃないかと思います。いや、なかったら映画のタイトルの存在意義がなくなっちゃうわけですけど。せっかく死人が甦ることを綺麗に処理できたと思った矢先でしたんで。

 大学の大教室だったんでね、流石に回りにいるのは同じ学生。けっこう涙を我慢して人もいたんだと思います。あ、俺はダイジョブでした。当初予想してた通り

 
オレンジレンジが感動から興醒めへと

導いてくれたので(笑)


エンディングがオレンジレンジじゃなきゃ、映画館に足を運んでいただけに、選曲ミスという点で惜しい映画です。
関連記事

人気ブログランキングへ
コメント
TB ありがとうございます
観てない人に絶対薦めたい映画でした。
これからもよい映画をたくさん観たいですね。
ああー、いま会いかー!
そうそう、これいい作品だよね!!
この前、小説のほう読んでめっちゃ感動したんよ!
そうだよね~、最後感動するよね~。
映画はまだ見てないからホンマ見てみたいんよ。
最近ぜんぜん感動してないからDVDでも借りようかなー?

うん!ってわけでまた来ちゃいました!!
一日三回ぐらい来てるからブログのほうめっちゃ書き込んどいてよー。
テストなんてパッパッと終わらしてさー!!

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
『Mr.インクレディブル』に引き続き、今更ながら『いま、会いにゆきます』を観ました。主演は『中村獅童』、『竹内結子』一年前に妻に先立たれた『秋穂巧 アイオ タクミ』(中村師童)と息子の『佑司』(武井証)は、二人で支えながら暮らしていた。『佑司』の手には母『澪
「いま、会いにゆきます」DVDを観ました。映画館でも観たので、今回2回目。前回も映画館で「号泣」でしたが、DVDでも涙が止まらなかった・・・この映画は、本当にいい日本の映画もまだまだ捨てたもんじゃないですね。夫婦愛、家族愛、とにかく人間が生きていくための
スタンプが溜まったから観ただけよ。店員さんが新作とかで使うのがお得ですよ♪とか優しいし。こうゆう話題作系、決して期待はしてなかったわ…。「だって…天邪鬼だもん♪」(アタックNo.1風に…)ていうかね、別に2人とも嫌いじゃないよ。竹内裕子はデビュー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。