スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングへ

08’ジャンプ感想 46号

2008.10.14.Tue.00:35



 少し前から、一緒に住んでる弟がコザクラインコを2匹飼い出したんです。何個か無精卵を産んでたと思いきや、雛が2匹孵ってました。つがいだったんかい…。今んトコ、母子ともに健康状態は良好みたいなので、とりあえずはそのまま弟に任せ、何かあったらでしゃばりますかね。


 全く…飼っているインコでさえ円満な生活を送っているというのに俺(ry






 -NARUTO-
 ポスターで人柱力大集合…なのですが、大半出てきてないから分かんね(´・ω・) みんな自分が何尾かを指で表してくれてるのが、せめてもの優しさか。こういった捨てキャラはきっとゲームで日の目を見るコトでしょう。


 本編ではカカシとペインが対峙。とりあえずカカシがボコられてます。そのペインの方々にぶっ刺さってる黒い棒…チャクラの受信機だそうですね。クマドリさんには悲しいコトに全く伝わってませんがw そうすると、彼らはどこかにいるペイン本体のチャクラを受け取って戦闘をしている…ってコトになるんですかね。”本物はいない”…そう遺した自来也の暗号とも符合はします。後はナルトが戻ってくるまでに、どうやって持ちこたえるかですね。



 -HUNTER×HUNTER-
 イカルゴ対ブロヴ。地味にこの対戦が来週までに決着してくれないと、10週でドコまでいけるか不安ですw まぁブロヴの「俺こう見えて、けっこうキレるんだぜ(色んな意味で)」的な言動は嫌いじゃないですが。イカルゴは、モニター室から引っ張り出した道具でどう対抗するんでしょうかね。



 -BLEACH-
 四本柱での戦闘が終結し、ようやく舞台は主力戦へ。番外編ではキャラ立ちまくりな大前田さんですが、本編では一護に素手でぶっ飛ばされたくらいで見せ場無し。砕蜂と共に、バラガンの従属官と対峙します。砕蜂は流石に勝てるでしょうが、大前田の奮闘に期待しましょう。


 冬獅郎・乱菊はハリベルとその従属官。乱菊は従属官3人相手にしてますが、ダイジョブなんでしょうか…。そして意外と戦績が悪い冬四郎は、確実にウルキオラより序列が上のハリベルに勝てるか否か。


 んでもって、個人的に第1十刃とよんでいるスタークは、浮竹・春水コンビ。…リリネットの去就は不明っス。総隊長とバラガン陛下はまだ動かないですかね。ん~勝敗は半々くらい?




 -ONE PIECE-
 珍しく掲載順位が後ろです。蛇姫の背中にルフィは反応を見せますが、どこかで見たコトがあるそうな。デュバルの前例もありますが、ワンピースにおいて、わざと前面に出して引っ張るような謎は、そんなの知るかっ!ってオチの方が多かったりします。なので、まぁ…分かってからでいいや(´∀`)


 蛇姫の石化ビームはルフィには全く通用せず。今まで自分を見るもの全てを魅了してきたのだから、まぁ首を捻るのも仕方なしかw 蛇姫も七武海なので、単純な戦闘力もかなりあるんでしょうが、まずは妹2人(能力者)と対戦するコトに。他の地へ飛ばされた仲間も、こんな感じで話進めるんですかね?長くなりそうですが…。



 -アイシールド21-
 クリス・クロスすら囮にした泥門の攻撃。しかしそれでも立ちはだかる大和。その瞬間、発現したセナの真の力…ただ疾いだけのゴーストではない、360度全てに対応可能なデビルバットゴースト。ついに完璧に大和を抜くコトができました…が、残り時間は何秒残されているんでしょうか。アイシールド同士の戦いに勝ち、試合は負けるのか。はたまた、試合自体も奇跡の逆転をするのか。



 -D.Gray-man-
 ビールっ腹野郎カムバック!(゜∀゜)

 何故かアレンの左眼は反応してませんが、最近特にクローズアップされて無かったんで、あまり気にならないのは自分だけでしょうか?エクソシスト側の戦力的には、非常に心許ないです。無幻も装備型という点では、レベル4と対等なレベルにあるのか微妙ですし。かと言って、ティモシーの能力は役立つのかどうか…まさかのアクマ乗っ取り?w




 -SKET DANCE-
 ボッスンのいつも報われないところは、集中モードは戦闘には全く役に立たないコトですかねw まぁパチンコ1発分は大きかったですが。しっかし、このマンガの回想編はどのキャラも…暗いなぁ(´・ω・)




 -PSYREN-
 暴王の月を制御するために加えた3つのプログラム。


 1・猛スピードで前に放出


 2・30mでPSIホーミング(30圏内のPSIって解釈でいいんですよね?)


 3・2回ホーミング



 …だそうです。かなり改良が加えられたみたいですが、”無差別”という点はプログラムとしてまだ残ってるみたいです。なので、斜線軸上に他の能力者が割り込んでしまったら、その能力者が最優先のホーミング対象になってしまいますよね。その能力者が敵であろうと味方であろうと。


 その誤りを少しでも無くすための、前方射出なのかもしれません。狙った敵に対して近づくように。かといって、乱戦では使いにくい能力ですね。あくまで一撃必殺、二の矢の想定はあまりしない方がいいかもしれません。







ブログランキング





関連記事

人気ブログランキングへ
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。