スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングへ

【映画感想】アントマン

2015.10.07.Wed.00:23

2015-10-07_001622.jpg




観たのけっこー前ですが、ようやっと感想書けました。

アントマン自体は原作アベンジャーズ創設メンバーの1人ですが、ようやく映画化!
やっぱアレなのかな、他より地味なのかなw


マーベル映画の時系列としてはアベンジャーズ2のウルトロン事件後最初の映画。

しかし冒頭の過去シーンからしっかりアベンジャーズと絡みアリ。
アントマンの発端となるピム粒子を発明したピム博士はS.H.I.E.L.D.所属の模様。
キャプテン・アメリカのペギーや、アイアンマンのハワード・スターク等が出てきましたね。

ピム粒子は詳細さっぱり分かりませんが、専用スーツと組み合わせるコトで自分を小さくできる代物だそうな。
しかしピム博士はS.H.I.E.L.D.にその粒子を共有せず、自身だけのものとしました。
過去でも現代でもそうですが、基本スターク一族の信頼度が低すぎるw

無機物は問題ないけど、有機物では結果が不安定、故に危険性も考えてのコトみたいですが…無機物の時点でスゴくね?


そして、色々あった挙句主人公であるスコットにスーツが託されるワケですが、
歴代のアベンジャーズ主人公達の中でも結構異質な存在なのであります。


【其の壱】
前科持ち


持ちってか、出所するシーンから開始という。
そしてバツイチで親権は向こう側という、他ヒーローとは違う意味で重い過去持ち。


システムエンジニアとしての技術は持ってるみたいですが、
特筆するのは盗みに特化した身体能力・技術くらい。全くもってヒーロー向きではない。

まぁキャプテンも血清打つまでは持たざる者だったので、
元からヒーロー向きである必要もありませんが、それでも何かこうねw



【其の弐】
サイドキックがアホ



厳密にはハンクにとっての相棒はピム博士であり、彼の娘(後のワスプ)であるホープなんですが、
敢えてスコットの窃盗仲間であるルイス達を推したいです。

スコットがヒーロー向きじゃない成り立ちと書きましたが、彼らはそれに輪をかけて向いてない。
ホントにただの窃盗団チームですし、劇中でも三バカと呼ばれる始末。

しかし、そのルイスの情報網(人からの又聞き)は伊達じゃなく、
アントマンの誕生、そしてアベンジャーズへの加入フラグを立てて、ある意味この映画に不可欠な存在。

ただ、

キャプテンにとってのファルコン
アイアンマンにとってのウォーマシン

…こう書いてくと余計悲しくなりますw



【其の参】
守るべきは家族


ココがアントマンが他のヒーローと違う所以かなと。
ウルトロン事件で愛がどうとか謳うだけあり、それぞれ愛すべき相手はいます。
しかし、娘を守る…となると重みが違います。そして離婚経験もアベンジャーズ初。

ホークアイも家庭持ちですが、アベンジャーズの主要4人からは外れますし、
最初の成り立ちの部分から出してきている設定じゃなかったのでちょい違うかなと。

前作ウルトロンとの最終決戦が空中都市だったのに対して、
アントマンの最終決戦は機関車トーマス娘の部屋だったのも戦うべき場所が身近という意味で面白かったです。


途中の展開は省きますが、一番の驚きは対ファルコン。
周囲の描写でアベンジャーズとの関わりを匂わす程度かと思いきやがっつり戦う始末。
アントマンがとある装置の奪取、ファルコンがその防衛ということで、
ファルコン側が圧倒的に不利な立場だっただけにそこまで株は下げなかったと感じてます。


そしてがっつり絡んでしまった結果、アントマンも晴れてアベンジャーズの仲間入り。
キャプテン・アメリカ三作目の「シビル・ウォー」への出演が決定しているそうです。

エンドロール後は、キャプテンとファルコン…そしてウインターソルジャーことバッキーが!
何やら困ったコトになってるけど、トニーには話せない内容らしい。

「シビル・ウォー」は原作をなぞるのであれば、
ヒーローがキャプテン側、アイアンマン側に分かれて対立してしまうお話。
十中八九アントマンはキャプテン側。ピム博士もスタークアレルギー持ちですしねw




マーベルシリーズもようやく折り返して後半戦という所でしょうか。
まだまだ楽しみな展開が続きます(`・ω・)

関連記事

人気ブログランキングへ
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。