スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングへ

【映画感想】デジモンアドベンチャー tri.  第1章「再会」

2015.12.06.Sun.20:04


2015-12-06_183954.jpg


公式HPより。



待ちに待った…と同時に、どうなっているのか観るのが怖い映画でもあった本作。

とは言え、直撃世代としては見逃すわけにはいかん!という事で観てきました。
6章構成という長い作品の序章、時系列的にはデジモンアドベンチャー無印から6年後。
つまり西暦だと2005年になるんですね。

それを強調するかのように、オープニング(もちろんButter-Fly!!)では
モブキャラの持つケータイがガラケーである事が印象に残りました。

各人の成長はこんな感じ。

丈:小6⇒高3
太一、ヤマト、空:小5⇒高2
光子郎、ミミ:小4⇒高1
タケル、ヒカリ:小2⇒中2


02から換算すると3年後、そーなると02組は?
という事になりますが、冒頭に現実とは異なるどこかで次々に倒れていく大輔、京、伊織、賢ら02主人公組。

この描写や、劇中一切触れられない02組の事を考えると、
02の出来事が起きなかった並行世界の話か!?という考えが脳裏をよぎりました。

しかし、後半でパタモンをエンジェモンに進化させるタケルのデジヴァイスはしっかり緑のD-3。
これにより、02を経てのtriだという事が分かります。
アルファモンに敗北して皆の記憶から抹消されたか?02組?


そういった感じであれやこれやと伏線まき散らしの第1章ですが、その辺は今後明らかになっていくでしょう。
そして、当時の視聴者向けのファンサービスなのか、本筋とは絡まない部分でも気になる描写が幾つか。

・太一の教科書が「one vision」
⇒デジモンテイマーズの劇中進化曲

・友達の誕生日に行くヒカリ
⇒僕らのウォーゲーム

・ウーロン茶を頼む光子郎
⇒同じく僕らのウォーゲーム。今回は飲み過ぎる事なく戦況に影響無しw

・鳥取から転校してきた新キャラ望月芽心
パソコンなんてあるわけない島根の隣りから来ました。


物語としては、現実世界に突如出現したクワガーモンとの戦闘を皮切りに再び混乱に巻き込まれていく選ばれし子供たち。
やんややんなあって、新たな選ばれし子供である芽心を付け狙う究極体・アルファモン(とハックモン)に対して、
アグモン・ガブモンもオメガモンとなって対抗し一時撤退まで追い込むも、現実世界には戦闘の爪痕が生々しく残る…。

という感じ。被害甚大なのはパレットタウン辺りですね。そりゃガルルキャノンぶっ放されたら。。。
そしてやっぱ初戦はクワガーモンですよね!しかも今の物語の謎となる感染デジモンと化しており、かつてのクワガーモンよりもかなり強敵に。完全体クラスが出てきたら結構キツそう。


その他、幾つか印象に残ったコトを…。


【現実世界での戦闘に苦悩する太一】

劇中最後まで煮え切らなかった主人公。
結構この手の話って、クール系主人公格が陥りがちで、それを熱血系主人公格の呼び掛けで吹っ切れる…というパターンが多いと思っています。今回は全くその逆の構図に。

人によってはイライラする描写のように思えますが、割と共感する部分もあったなと。
というのも、現実世界での戦闘に対して、太一は他の子供たちよりもその中心点にいるコトが多かったのも事実。

アドベンチャー本編の前日譚である劇場版でのパロットモン戦。
皆よりも先に現実世界より帰還した際の、オーガモン戦を含むお台場騒動。
半数が参戦できなかったディアボロモン戦。

ディアボロモン戦はヤマト達も参戦してますが、核ミサイルの着弾点が結果的にお台場だったコトを考えるとやっぱり太一が最前線。

高校生になり、今までよりも周りが広く見えるようになり、ただ戦うだけでは…と思う気持ちも決して可笑しくはないかと。

かつて02組に対して「あいつらはデジモンを殺したコトがない」と指摘した太一が、今度は自分の覚悟の問題が露呈される辺りは皮肉めいてたり。また、子供たちのメンタルがパートナーデジモンの強さとリンクするコトを踏まえると、1章のオメガモンはまだ万全じゃなかたんだろうなと推測。

卒業後の進路が全く見えていない冒頭の描写で、02最終回のデジタルワールドとの外交官に繋がりそうな描写には少しほっこり。



【現実の人生に苦悩する丈】

太一と同じ位苦悩してるんじゃないかなーと思ったのは最年長の丈。
受験に苦労している辺りはウォーゲームと一緒ですが、試験の最中で事件を知る由無かったあの頃と違い、今回は事件を知った上でも積極的に携わろうとはしてきません。

成績をもっと上げていかなきゃいけない中で、皆のコトも無視できない。。。

結果的にゴマモンまさかの進化無し!という状況でしたが、2章のキービジュアルは何とヴァイクモン!!
※とロゼモン、インペリアルドラモン

PSPのゲームでようやく究極体に進化できるようになったアグモン・ガブモン以外の設定を逆輸入か!?
サブタイトルも「決意」とのコトなので、丈に焦点が当たるのカモ。


【デジモンの進化シーン】

brave heartをBGMに新たな進化バンクで成熟期へ進化するデジモンたち。
これだけでも観た甲斐があったというもの!

画面分割で一斉進化かなーと思ったバードラモンやカブテリモン達がしっかり個別だった点は評価ポイント。
ただ、必殺技を叫ばない(除トゲモン)のはいただけなかった、何か意図あったのかな?

あと、メタルグレイモン・ワーガルルモン、ウォーグレイモン、メタルガルルモンへの進化バンクが無かったのは、次回以降に回すためと信じたい。前述した太一の迷いが完全に吹っ切れた直後だと文句無し!



とまぁ、要所々々で不満が無いわけでもないですが、続編が見れた喜びの方が勝る感じでした。
子供たちの声優総とっかえも何だかんだ気にならなかったし。
不満点も、続編があったからこその贅沢ってコトで。

2章は来年3月とのことですが、今から待ち遠しい!!(`・ω・)

関連記事

人気ブログランキングへ
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。