スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングへ

衝撃の授業

2005.04.12.Tue.01:13
 以前ガイダンスの際に、文学部の先輩からオススメな選択科目授業をいくつか教えてもらいました。その中で、時間割も空白だったので、月曜四限のドイツ文化研究(せめて講師名くらいは控えたほうが良いと思うので割愛)を受けることにしました。履修要綱では恋愛がテーマと書いてあり、それに関する映画などを鑑賞したりするということだが果たして…。ともあれ三限が終わって次の教室で待機していると、なにやらいかつい方が教壇に立ちました。まさかこの人が講師!?と思うほど威厳のあるナリしてました。そんな先生から発せられた第一声は
「皆さん、恋してますか?」先生、アンタ…カッコよすぎるよ。あんなに惜しげもなく、ましてやほぼ初対面な大多数の学生に対して。
 最初の授業は映画を途中まで見て終わりましたが、そのうち課題レポートを出すと明言。テーマは自分の初恋。先生…、マジですか?おそらく大多数の受講者が、国家機密レベルのレポートを作成することでしょう。
 でも、退屈しそうにないのは確か。これからが楽しみです。ただ今日の授業で一つ問題が。小さな恋のメロディという映画を見たんですが、先生がホワイトボードに書いた映画の情報…
   71年・英

    ん?


   71年・
 イ、イギリス?
ドイツ文化研究でいきなりイギリスの映画だとっ!?
 ごめん、期待半分不安半分くらいにしときます。
関連記事

人気ブログランキングへ
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。