スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングへ

これからは色んな企業の情報に敏感にならんと

2007.10.31.Wed.18:51




 え~突然ですけど、来週から週3回程度で会社にて事前研修を始めるコトにしました。というのも、俺が将来的にやりたいコトってまだまだ模索状態で成長するための手法が確立されてないんですよね。

 だからこそ、研修という立場ではありますが少しでも早く勉強したいと考えたわけです。ってなわけで、卒業論文との並行作業でかなり忙しくなるコトは請け合いですが、何とか頑張りたいと思います(`・ω・)


 これからは色んな企業の動きにもいち早く反応していかなければなりません。ってコトで俺が常々利用しているのが、けっこうこのブログでも紹介しているPT TIMESというサイトです。

 とりあえず下記をご紹介。PT TIMESからの情報提供です。









企業とメディアのためのリレーションサイト「PR TIMES(http://prtimes.jp/)」は、プレスリリース配信と自社サイトへの情報掲載を同時に行なうことができる新サービス「リリースアーカイブ機能」を会員企業に無料提供開始します。

http://prtimes.jp/


yahoo!ニュースでも掲載されております。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071025-00000034-inet-inet







 ってな感じで企業のプレリリースを配信しています。業界も多岐に渡っているので、色々と眺めているだけでもけっこう面白いです。こういった様々な動きから新しいサービスを考え出していけたらなと思います(´ω`)ノ











ブログランキング


人気ブログランキングへ

アレ、もう10月だよね…

2007.10.05.Fri.17:08
 タイトルの通り、もう10月です。が、しかし何でしょう、やや肌寒い日の合間にやってくる暑い日は。それらが交互にやってくるので、朝にいちいち今日は何度くらいまで上がるかとか、寝る時は何着て寝ようかとか無駄に考えてしまいます。どこぞの誰かが超弾性金属でも破壊しようとしてるんでしょうか。




 

 まぁこういった環境の変化も、ひとえに地球温暖化の影響と言われて久しいです。クールビズやらチーム・マイナス6%やら様々な取り組みが行われています。それと平行して、地球温暖化への意識調査も色々と実施されています。

 今日は「PR TIMES」で見つけた、地球温暖化に対するそんなリサーチのお話です。





住宅・不動産情報ポータルサイト「HOME’S」を運営する株式会社ネクストが、今年の夏を対象とした環境への取り組みや環境問題への意識などに関する調査を実施しました。

「温暖化対策は絶対に国が取り組むべき」と考える人が約8割もいることが分かりました。



http://club.homes.co.jp/research/




 まぁ地球規模の問題ですから、国が率先してやるもの当たり前と言えば当たり前なんですが、この結果だけだと何かこう人任せ的な印象を受けてしまいますね。

 リンク先をちょいちょい見てもらえると分かると思いますが、日中や夜間にかなりの人がエアコンを使用しています。中には「朝起きるまでつけっぱなしで使用」なんてのも…。







 リサーチでの考察でも


 地球温暖化への取り組みについては必要性も感じるものの、国や企業任せの傾向が強い。猛暑の影響からかエアコンの使用は昼夜問わず




 と分析されています。






 やはり意識だけではなく生活習慣から改善していく必要がありますよね。その点、俺はかなり頑張ってますよ!何せ部屋にエアコンありませんから。基本的に窓全開で扇風機オンリーです。大学に入学してこの家に住んで以来、実に4度目の夏ですが全部気合で乗り切りました。もちろん熱帯夜もw


 それを考えると、人間やろうと思えばやれるもんだなぁとしみじみ感じます。家には1階の居間にだけエアコンがありますが、使っても1日で2~3時間くらいですかね。確かに涼しいんですが、部屋じゃないとやるコトないため、あまりにも無為な時間を過ごすハメになってしまうので結果的にあまり使用しないって感じです。


 元々暑さにはどうにも強いようでして(反面寒さには弱いけどw)、何とかなっちゃうんですよね~(´∀`)まぁ人によって耐性も違いますから極端にエアコン使うなとか突飛なコト言うつもりもありませんけどね。

 ただ、地球温暖化を考える一歩目として、暑い日のエアコンの設定温度を1度上げるコトから始めてみませんか?







ブログランキング






人気ブログランキングへ

続・電子書籍のお話

2007.09.12.Wed.01:05


 前に記事で書いた電子ブックを手軽に作成できちゃうってサービス。具体的に動きがあったので取り上げます。


 
 「PR TIMES」より…






コベックが「電子ブック作成ウィザード」を使って、ユーザーが手軽に高機能の電子ブックを作成できるASPサービス 『ワイズブック for ASP』の提供を開始




コベックは、自社開発の「電子ブック作成ウィザード」を使って、ユーザーが手軽に高機能の電子ブックを作成できるASPサービス『ワイズブック for ASP』(http://www.wisebook.jp )の提供を開始します。印刷、出版、デザインなどの企業向けに月額3,000円から提供します。



『ワイズブック for ASP』は、ユーザーがWeb上で高機能な電子ブックを手軽に作成できるようコベックが開発した電子ブック作成ウィザードを採用しています。



電子ブック作成ウィザードは、用意したJpeg画像をもとに簡単な操作でFlash形式の電子ブックを作成できる機能をサポートしています。
また書庫機能では、電子ブックの差し替えや追加、スキン変更などが簡単に行える電子ブックの編集機能をはじめ、メール送信、リンク複製、ダウンロード機能が利用できます。


http://www.wisebook.jp





 …と。ちなみに月額3,000円で可能な発行ページは10枚。そこから30、100、制限無しと料金プランが変化するそうです。まぁサーバー不要ってのはお手軽さに一役買ってるかな。



 まずは企業向けに動いたようですね。どういったものを電子ブック化させる狙いがあるのか俺には分かりませんが、印刷・出版・デザインなどの企業向けというコトは、やはり既存の出版流通経路を辿って一般企業へも浸透させる狙いがあるのでしょうか。



 以前のがプレリリースだったので、実際にサービスとして動き出すのに約1ヶ月。コレが早いのか遅いのか。最近卒論で図書館のコトしか考えてなかったので、電子書籍の動きは全くチェックしていませんでした。今年一杯でこのサービスがどれほどの成果を挙げられるのか、それ次第で電子書籍の今後も見えてくるかもしれません。とりあえずは企業向けなので、各企業さんの反応でも待ちましょ(´ω`)








ブログランキング


人気ブログランキングへ

紙媒体は淘汰されるのか生き残るのか

2007.08.13.Mon.06:04
 なんか変な時間に目が覚めてしまった…。二度寝出来なさそうなので早起きの体をとってみます。んでもって、ぶらぶらネットサーフィンしてたら、図書館情報学専攻の学生として少し気になる情報を拾いました。「PRTIMES」のプレスリリースです。





電子ブックをウィザード形式で簡単に作成できる『ワイズブック for ASP』のベータ版をリリース

http://www.wisebook.jp





 コレは株式会社コベックとゆ~トコがやってるサービスで、高機能の電子ブック…つまりは電子書籍を簡単に作成できるものでらしいです。


 ウィザード形式の操作だったり、JPEGから作れたりと、中々お手軽な感じでできるみたいです。30分で30ページくらいは作れるだとか…。



 このサービス自体は法人向けなので、あくまでビジネスとしてのものですがこういった動きがどんどん活発になってくると、いずれハードルが個人レベルまで下がってきてより手軽な作業により電子書籍を作成するコトが可能となるでしょう。



 
 昨今、その数をどんどん増やしてきている電子書籍。PCや携帯電話を1人一台所持しているのが珍しくなくなってきた背景があるからこそ、電子書籍もその注目度を増しています。そこでまぁ、当然の如く湧いてくる疑問が




 


  紙媒体の代わり足り得るのか




 という点。とりあえず現段階での個人的な見解を述べさせてもらうなら答えはノー。今の電子書籍の性能では紙媒体の全てをカバーしきれません。紙媒体には紙媒体の、電子書籍には電子書籍の、それぞれメリット・デメリットが存在します。それらを相互に補うコトによって将来の出版を担うコトは予想されても、オルタナティブってコトは考えにくいです。


 しかし…今後さらに高性能化、そして今を遥かに上回るようなインフラ整備がされた場合、どうなるかは正直予想できません。それはテレビが一般家庭に、インターネットが個人で容易に、それくらいの大きな動きになるんじゃないかと思います。なにせ紙という一つの媒体が消失してしまうわけですから。もうホント子供が夢見るような未来予想図ですよね。




 けどその未来に少しずつ近づいているのも事実。このワイズブックがその第一歩になるかどうかは分かりません。しかし今後も電子書籍絡みの動きは詳細に見守っていきたいですね。








ブログランキング





人気ブログランキングへ

TBS世論捏造疑惑パート2

2007.04.02.Mon.23:22
 え~最近のTBSは疑惑がトチ狂ったように大量に噴出していますね。不二家からも思わぬ反撃喰らってますし。ちなみに今回の疑惑を考慮すると、不二家騒動時に元従業員としてインタビュー(顔隠して)受けてた方も非常に怪しさ度アップです。なんかもう、どこまでやれば放送免許剥奪もしくは電波停止になるか1人チキンレースをしているんじゃないかとさえ思えてきます。


 
TBS「サンデージャポン」で同一人物が複数の街頭インタビューに登場







 今回はサンジャポです。サンジャポは以前に柳沢大臣の答弁を不適切に編集なんてコトもしてましたね。

 
 この番組、何が嫌いって中途半端に報道やったりバラエティしてるトコ。人や組織を厳しく糾弾する時は「報道」により真実をみたいなスタンスとっといて、都合が悪くなるとバラエティの演出ですみたいな謝罪。いつでも逃げの口実作ってるあたりが全く責任をとる姿勢を感じさせません。だからこそ「やっちゃいけないコト」を平気な顔してしちゃうんでしょうけど…。



 今回のコレも、別に加護ちゃんが解雇されようがビスタがどうだろうがまぁ良いんですよ。でも、真ん中のインタビューでは柳沢大臣についての一般の意見です。もしこの人が意図的に一般人としてインタビューを受けてる場合、TBS側として都合の良いように主張してもらうコトが可能です。つまり世論の捏造です。
 こんなコトしといて、どの口で「世論は~」みたいなコト言ってるんでしょうかね。






 しかしまぁたまたまという可能性も否定できません。たまたま違う街頭インタビューの取材中に、たまたま秋葉原の同じ場所(画像左・中央)でたまたま同じ人にたまたま3回も遭遇してインタビューに応えてもらったのかもしれません。世の中には瓜二つの人が3人いるとか言いますもんね。























e9756769.jpg






 















  4回目。









 もう確定でしょう、コレは。今回に関しては発見した人に脱帽と言うべきか、こんな記憶に残り易そうな人を使ったTBSをアホと言うべきか…。最も、キャラの強そうな人の発言こそ視聴者の印象に残りやすいという狙いがあったのかもしれません。

 TBSは一体ドコへ向かおうとしているのだろうか…。






ブログランキング


人気ブログランキングへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。